Blog

 

グラミー賞を受賞したサウンドエンジニア/ミキサーの”Ryan Hewitt“は、さまざまな音楽ジャンルでチャートのトップ・アーティストと仕事をしています。20年以上に及ぶキャリアで、彼は Red Hot Chili Peppers、The Lumineers、The Avett Brothers、blink-182、Needtobreatheなどのでヒットレコードを制作しました。今年、彼はLittle Big TownのカントリーチャートのNo.1 アルバム“Nightfall”のエンジニアリングとミキシング、Casey Musgraveの “Oh What A World”シングルのエンジニアリングとミキシング、Harry Connick Jr のジャズチャート No.1アルバムの“True Love: A Celebration of Cole Porter”、Brandi Carlile, Johnny Cash、Lady Gagaなど、彼のジャンルを超えた売れっ子ぶりは大変なものです。

ライアンは長年、Chandler Limitedの機材を熱心に使用しており、彼の最新のレコーディングにおける冒険と、Chandler Limitedの機材、特にEMI / Abbey Road Studiosシリーズの「モダン クラシック」REDD MICROPHONEを中心にインタビューしました。Brett Eldredgeの素晴らしいリードボーカル・トラックを含む、CHANDLERの機材を最新のアルバムで聴くことができます。

このインタビューの時点で、Brett Eldredgeの新しいアルバムから、3つのシングルがリリースされています。「Gabrielle」、「Crowd My Mind」、「Where The Heart Is」です。 フルアルバム「Sunday Drive」も発売中です。


CL: Brett Eldredgeとは前にも仕事をしていたのですか?

RH: 彼と仕事をするのはこれが初めてでした。トラッキングの初日に彼に初めて会いました。


CL: ブレットの新しいアルバムの仕事をどのように獲得できたのですか?

RH: プロデューサー/ソングライター/マルチプレイヤーのDaniel Tashianから、2019年の初めにいくつかのデモをミックスするように言われました。 実際、私たちが一緒に仕事をするのはこれが初めてで、これらの「デモ」はマスター・レコーディングのようなものでした。 デモはリトル ビッグ タウンとブレット エルドレッジのものであることが判明しました。 LBT のレコード「Nightfall」のほとんどをミキシングし、その後、それらのデモミックスのサウンドに基づいて、Brett の「Sunday Drive」をトラッキング、およびミキシングしました。 実際、リトル・ビッグ・タウンのトラックは、バンドのボーカルともう少し楽器が追加されました。


CL: あなたはプロデューサー、レコーディングエンジニア、そしてミックス エンジニアでもありますが、このアルバムでのあなたの役割は何ですか?

RH: 私はレコードのエンジニアリングとミックスを行いました。いつものように私のプロダクションの頭脳は研ぎ澄まされていて、適切だと思うときにインプットを提供しました。


CL: どこでアルバムは録音されたのですか?

RH: このアルバムは、シャークスタジオと呼ばれているシカゴの RAD Studio で録音されました。 ファンキーな古い建物で、Stephen Shirkが経営しています。私たちはそこにいた 2 週間の間に親しい友人になりました。音響的にはロサンゼルスのCello Studio 2 を思い出させました。


CL: アルバムがどのような方向に向かうのか、そのビジョンを達成するためにどのような機材を使用するかについて、音響的に考えた上でセッションに参加しましたか?

RH: プロデューサーのDaniel TashianとIan Fitchukは、このレコードをとてもオーガニックに仕上げたかったのです。それは、ブレットがアルバムに収録したかった、とても個人的な曲の感情を伝えるために、かなり削ぎ落とされた正直なサウンドのレコードになるはずでした。 そのために、キャラクターを生み出す道具をできるだけ多く使うつもりでした。 ビンテージの”Sphere”コンソールは本当に美しいサウンドでした。もちろん、頭の中で思いついたサウンドを得るためには、自分の機材をたくさん持って行かなければなりませんでした。


CL: どのCHandler Limitedの機材をこのレコーディング・セッションに持って行ったのですか?

RH: マイクロホンは、REDD MICROPHONETG MICROPHONEを持っていきました。また、TG-2 プリアンプ, TG2-500プリアンプ, REDD.47プリアンプ、さらにEQには、TG12345 MKIV(API500シリーズのCurve Bender)を、あとLTD-1も持ち込みましたね。


CL: Chandler / EMI Abbey Road の機材を大量に使用したのですね!TG2-500のプリアンプはどうですか?

RH: スネアドラムには TG2-500プリアンプを使用しました。 「Fine Gain」コントロールはトーンコントロールのように利用できるので、実際にサウンドを暗くしたり明るくしたりできるんです!


CL: TG12345 MKIV 500シリーズの「Curve Bender」EQ はどのように使用しされていますか?

RH: 私は TG12345 MKIV 500 EQ を、主にピアノのトラッキングに使用しました。私が気に入っているのは、これらが基本的にCurve Benderのミニ・バージョンであることです。最高のPresenceとLowシェルフ、他にに何が必要ですか?さらに、それらは美しく滑らかです!


CL: REDD MICROPHONEはどうですか?

RH: ブレットのすべてのリード ボーカルにREDD NICROPHONEを使用し、それを Tree Audio BranchIIのチャンネル・ストリップにライン入力しました。REDD NICROPHONEは、美しくオーガニックに彼の声のエッジとキャラクターを捉えました。このマイクには、彼の活き活きとした声にも対応できる十分なヘッドルームがあります。ブレットは彼のボーカルの大部分をバンドと一緒にトラッキングフロアで歌いました。 彼は驚異的な才能を持った歌手であり、私たちがバンドと一緒に歌っている演奏中に捉えた感情は信じられないほどでした。これらの曲は本当に特別な形でリスナーに届けられると思いますよ。

ストリングスセッションでも 3本のREDD NICROPHONEと 1 本のTG MICROPHONEを使用しましたが、これもゴージャスなサウンドでした。

handler Limited EMI/Abbey Road Studios REDD Microphone を使用したブレット・エルドレッジの「Sunday Drive」レコーディング・セッション、シカゴ、Shirk Studio – 写真 John Peets


CL: REDD MICROPHONEをチョイスする前に、他のマイクも試したのですか?

RH: M49 と U67との比較を行いましたが、REDD MICROPHONEはスピーカーから出てくるブレットそのもののように聞こえました。


CL: ブレットの声質は本当に素晴らしいです。彼自身、素晴らしいマイクをたくさん見てきたと思いますが、彼のボーカルでいつも信頼され使われてきたマイクは何でしたか?

RH: 多分それはU47だと思いますね。


CL: REDD MICROPHONEに対するブレットの印象はどうでしたか?

RH: REDD MICROPHONEは、部屋にいた全員の一致で選択されました。それは本当に大きな男が歌っているのが聞こえました。 REDD MICROPHONEは、他のマイクよりもはっきりと彼の声のサイズ感を伝えてくれるので、彼はそれをヘッドホンで、それがどのようなサウンドなのかを完全に感じることができました。


CL: このセッションではTG MICROPHONEも使用したそうですが、何に使用しましたか?また使用した理由は何ですか?

RH: TG MICROPHONEはベースギターのお気に入りの1つになったので、セッション中はずっと B-15ベースアンプにマイキングしていました。また、キック ドラム、モノラルオーバーヘッド、アコースティックギター、アップライトベースにも使用してとても上手くいきました!


CL: ミックス段階では、Chandler/EMI Abbey Roadの製品を使用しましたか?

RH: ミックスでは、アコースティックギターやマンドリンなどのさまざまなアコースティック楽器で RS124を使用しました。ルーム マイクで TG-1 を数回使用し、ステレオバスには Curve Bender を使用しました。


CL: RS124 コンプレッサーについてどう思いますか?

RH: RS124 コンプレッサーの特徴は、コンプレッションしてミックスに定着させることが簡単にでき、全体的なダイナミクスをエレガントな方法で調整できることです。クールなことは、コンプレッションを荒々しくも、スムースでトランスペアレントにしたりもできることです。 サウンドのアタック感が好きなので、私はほとんど常に「super-fuse」モードを使用しています。


About Ryan Hewitt

http://www.ryanhewitt.com

 

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

CAPTCHA