Blog

Umbrella-Company,BTL-ADAPTER,BTLアダプター,BTL駆動ヘッドホンアンプ,バランス駆動ヘッドホンアンプ,XLR4ピン,スタジオモニターヘッドホンアンプ,リファレンス,高音質,ヘッドホンアンプ,ヘッドフォンアンプ,アンブレラカンパニー,900STヘッドホン、ヘッドホンのバランス駆動

 

テクニカルガイド
Vol.03 「バッファーアンプとは?」

Umbrella Company
HP-ADAPTER / BTL-ADAPTER

Umbrella-Company,BTL-ADAPTER,BTLアダプター,BTL駆動ヘッドホンアンプ,バランス駆動ヘッドホンアンプ,XLR4ピン,スタジオモニターヘッドホンアンプ,リファレンス,高音質,ヘッドホンアンプ,ヘッドフォンアンプ,アンブレラカンパニー,900STヘッドホン、ヘッドホンのバランス駆動

HP-ADAPTER / BTL-ADAPTERは、リファレンスサウンドのためのヘッドホン専用バッファーアンプです。

ヘッドホン出力端子とヘッドホンの間に生じる干渉を排除し、前段からの信号を音質劣化なく取り出します。

信号は新開発「アクティブZEROインピーダンス出力回路」によって”フラットな駆動電圧”に自動調整され、あらゆるヘッドホンを理想的に駆動します。

オーディオI/Oやキューボックスなどの音楽制作機材、ユニバーサルプレーヤーやDAP、PCなどの再生機のヘッドホン出力に接続するだけで、従来の使い勝手を変えることなく音質をアップグレードできます。

音が悪くなる要素は何もない、音が良くなる要素も何もない」 リファレンスサウンドとはこうあるべきです。

標準ステレオフォン仕様(HP-ADAPTER)と、BTL駆動仕様(BTL-ADAPTER)の2タイプをご用意しております。

Umbrella-Company,BTL-ADAPTER,BTLアダプター,BTL駆動ヘッドホンアンプ,バランス駆動ヘッドホンアンプ,XLR4ピン,スタジオモニターヘッドホンアンプ,リファレンス,高音質,ヘッドホンアンプ,ヘッドフォンアンプ,アンブレラカンパニー,900STヘッドホン、ヘッドホンのバランス駆動

 


★バッファーアンプとは

Umbrella-Company,BTL-ADAPTER,BTLアダプター,BTL駆動ヘッドホンアンプ,バランス駆動ヘッドホンアンプ,XLR4ピン,スタジオモニターヘッドホンアンプ,リファレンス,高音質,ヘッドホンアンプ,ヘッドフォンアンプ,アンブレラカンパニー,900STヘッドホン、ヘッドホンのバランス駆動バッファーアンプとは、日本語では“緩衝増幅器”と訳され、入力側と出力側の間に入り、互いに与えあう影響を断ち切るアンプ回路のことをいいます。

回路を接続するという事は、送り出し側Aの出力インピーダンスと受け側のBの入力インピーダンスが接続されること。

通常は、Aの出力インピーダンスとBの入力インピーダンスが接続されれば「それらの関係に応じて変化した信号」が伝送されます。

双方のインピーダンスが互いに影響しあい「分圧」や「電圧降下」を発生させ、影響が大きければシグナルのロスにつながり、周波数特性の変化や歪みの増加などの望ましくない影響が現れます。

ローインピーダンスで出力し、ハイインピーダンスで入力する【ロー出し/ハイ受け】は伝送の基本で、十分な比を持った【ロー出し/ハイ受け】のインピーダンス関係であれば、伝送のロスは無視できるくらいの極小さなものになります。

【ロー出し/ハイ受け】のインピーダンス比が近い場合、または逆転している場合は影響が大きく、伝送のロス、つまり音質変化(劣化)が発生します。

ここでAとBの間に【バッファーアンプ】を介することで、Aが出力するシグナルを変化させることなく受け取る事ができます。さらに、受け取ったシグナルを変化させることなくBへ出力することができます。

つまりAとBが干渉しないので「変化のない、そのままの信号」を受け渡す事ができるのです。【バッファーアンプ】は、AとBの間で互いに生じていた変化を断ち切る事で、変化のない正しい伝送を行います。

Umbrella-Company,BTL-ADAPTER,BTLアダプター,BTL駆動ヘッドホンアンプ,バランス駆動ヘッドホンアンプ,XLR4ピン,スタジオモニターヘッドホンアンプ,リファレンス,高音質,ヘッドホンアンプ,ヘッドフォンアンプ,アンブレラカンパニー,900STヘッドホン、ヘッドホンのバランス駆動

 


★バッファーアンプ、具体的には何をしているのか?

バッファーアンプは、送り出し側と受け側の間でシグナルに変化を与えないように影響を断ち切ったうえで、変化のないシグナル伝送を行います。その条件を満たすためにバッファーアンプは以下の4点の特徴を備えております。

【バッファーアンプの4つの特徴】

1.入力インピーダンスが十分に高い
2.電圧増幅度が1倍 (0dB)
3.出力インピーダンスが十分に低い
4.電流出力の強化

1.入力インピーダンスが十分に高い

送り出し側の出力インピーダンスと比べて、受け側の入力インピーダンスが十分に高ければ、電流はほぼ流れることなく、電圧降下が抑えられます。
電圧降下が起こらなければ、送り出し側からの信号のロスを抑え劣化なくシグナルを受け取る事ができます。

2.電圧増幅度が1倍 (0dB)

電圧増幅度とは、増幅器の増幅動作能力を数値で表わします。入力と出力の電圧の大きさの比◯◯倍 や、それをdBに変換した形で表します。
電圧増幅度を変えると、信号の振幅(音量)が変化します。バッファーの役割としては振幅が変わってはいけないので、電圧増幅度は 1倍 (0dB)を基本的に厳守となります。

3.出力インピーダンスが十分に低い

入力側で高いインピーダンスでロスなく受けた信号を、出力側では出力インピーダンスを十分に低くした強いシグナルで負荷へ供給します。負荷インピーダンスと比べ出力インピーダンスが十分に低ければ、シグナルのロスを防ぎ音質劣化に強い回路と言えます。
また、低出力インピーダンスを実現するにあたり、4. 電流供給能力 も関わってきます。

4.電流出力の強化

バッファーアンプには十分な電流供給能力も必要です。いくら低インピーダンス出力であっても、これが非力であれば要求される電流よりも少なく供給されることで電圧降下を起こし、レベルの低下や歪みの発生などの音質劣化を引き起こします。特に負荷(受け側)にヘッドホンのようなインピーダンスの低い機器を繋ぐ場合には、電流供給能力が音質を大きく左右します。

低出力インピーダンスであってもそれをキープできるのは供給可能な電流値以内の動作に限られます。その電流値を上回った場合は信号が歪み、異常動作となり、低出力インピーダンスでもなくなります。

低出力インピーダンス と 電流出力の強化 この2つの要素により、完璧に追従した電圧と電流の供給を可能にし、どんな負荷に対しても音質劣化なく高音質をキープした信号を出力します。

 


★バッファーアンプとは(まとめ)

ハイインピーダンス入力 / ローインピーダンス出力 という特性や性質がありますので「インピーダンス変換器」というイメージが定着しているようです。電流出力の強化に関しては、用途によってはあまり重要でない事もあり無視されがちですが、強化された電流出力能力を備えてこそ本当のバッファーアンプであり、バッファーアンプの重要な役割です。

バッファーアンプとは、「信号源からシグナルの電圧を変えずに受け取るための高い入力インピーダンス、電圧も電流も完璧に追従したシグナルを出力する低い出力インピーダンス&高い電流出力を備えた、電圧増幅度 0dB のアンプ回路」 です。

Umbrella-Company,BTL-ADAPTER,BTLアダプター,BTL駆動ヘッドホンアンプ,バランス駆動ヘッドホンアンプ,XLR4ピン,スタジオモニターヘッドホンアンプ,リファレンス,高音質,ヘッドホンアンプ,ヘッドフォンアンプ,アンブレラカンパニー,900STヘッドホン、ヘッドホンのバランス駆動

★ テクニカルガイド Vol.04
開発のこだわり」もご覧ください

 

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

CAPTCHA