Blog

Golden Age Project EQ-81 mk3

Golden Age ProjectのEQ-81 mk3は、ビンテージNEVE 1081モジュールのEQセクションに基づいて設計されています。オリジナル機同様のクラスAB回路を採用し、ハイ&ローパスフィルターは省略されています。
そのサウンドキャラクターはウォームでパンチ感があり、魔法のように音楽的です。この伝統的なアナログEQのサウンドは、これまでに数え切れないほどのレコーディングで使用され、音源やジャンルを問わず幅広く利用されてきました。Golden Age Projectを主宰するBo Medinの情熱により、この素晴らしいアナログEQを多くの人が利用できるようになりました。

EQ-81 mk3は、BASS、LOW-MID、HIGH-MID、TREBLEの4バンドにわたって、33Hz~15kHzまでの幅広い周波数帯をコントロールすることができる優れたユニットです。
BASSとTREBLEセクションは、EQタイプをシェルビングとピーキングで切り替え可能。LOW-MIDとHIGH-MIDセクションはピーキングEQで、Qを変更可能なHi Qスイッチを備えています。各バンドは+/- 18dBでブースト/カット可能で、OFFポジションもあります。

EQ-81 mk3はバランス(XLR)の入出力を備え、単体のEQユニットとして使用できます(電子バランス入出力)。

適合するインサート端子を備えるGolden Age Project製品(PRE-73など)とのコンビネーションでは、付属のTRSケーブル1本で本機をインサート接続可能となり、ビンテージNEVE同様のトランスバランス入出力の機器として利用できます。UNITE(別売)にPRE-73ユニットとEQ-81mk3をラックマウント(EIA 1U)する事で、NEVE1073/1081ライクなマイクプリ+EQのコンビネーションを、低コストで実現することができます。

FEATURES

– ビンテージスタイルの回路デザイン
– 4バンドEQ(インダクタベースのミッドEQバンド)
– ステップ方式の周波数セレクト
– 33Hz~15kHzの幅広い周波数セレクト
– +/- 18 dBのコントロール・レンジ
– 各バンドにOFFポジションあり
– タンタルコンデンサーを使用したシグナルパス
– 入力:XLR/TRSフォーン・コンボ端子
– 出力:XLR、TRSフォーン
– 専用のインサート端子を備えたGAP製品にTRSケーブル(付属)1本でインサート可能
– INSERT:TRS端子(入出力)ノミナルレベル 約-18dBu
– 選択可能なグラウンドリフトジャンパ
-24V ACアダプター(付属)
-ソリッドで頑強なシャーシデザイン

周波数ポイント

BASS
・シェルビング/ピーキング切替
・+/-18dB ブースト/カット
・OFF、33Hz、56Hz、100Hz、180Hz、330Hz

LOW MID
・ピーキング
・+/-18dB ブースト/カット
・HI Qモード
・OFF、220Hz、270Hz、330Hz、390Hz、470Hz、560Hz、680Hz、820Hz、1kHz、1.2kHz、1.6kHz

HIGH MID
・ピーキング
・+/-18dB ブースト/カット
・HI Qモード
・OFF、1.5kHz、1.8kHz、2.2kHz、2.7kHz、3.3kHz、3.9kHz、4.7kHz、5.6kHz、6.8kHz、8.2kHz、10kHz

TREBLE
・シェルビング/ピーキング切替
・+/-18dB ブースト/カット
・3kHz、4.7kHz、6.8kHz、10kHz、15kHz、OFF

CIRCUIT DESCRIPTION

EQ-81mk3のシグナルパスは4つのゲインステージ(各周波数バンド毎)で構成されています。ICベースの近年のデザインに比較してトランジスターの数などを圧倒的に減らすことができ、極めてシンプルで音の良い、真のアナログ回路設計を目指しています。フィルター回路にはパッシブコンポーネンツを使用しており、ミッド周波数にはクラシックなLCスタイルのEQ回路が採用されています。

EQ-81mk3はPRE-73系のGolden Age Projectの専用インサート端子に接続して使用できるデザインとなっており、単体で使用する場合は電子バランスの入出力となります。このデザインを採用したことで、PRE-73系のGolden Age Project製品にインサーとした場合にはクラシックNEVE同様のトランスフォーマー・バランスの入出力を構成することができます。

USING EQ-81 mk3

EQ-81 mk3を使用して最大のパフォーマンスを引き出すポイントは以下のとおりです。

– 付属のAC24VのACアダプターから電源を供給します。フロントパネルのPOWERスイッチで本体の電源をオンにします。
– 操作モードを背面のLINE IN / INSERTスイッチで選択します。スイッチを押しこむとLINE INモードとなり、本体背面の入出力が利用できます(電子バランス入出力)
– 付属のTRSフォンケーブルでPRE-73などの専用インサート端子を備えるGolden Age Project製品にインサート接続が可能です(トランスバランス入出力)。この場合は背面のLINE IN / INSERTスイッチをINSERTポジションに設定してください。TRS端子のTIPが入力、RINGが出力です。2つのOUT/出力端子はこのINSERTモードでも信号を出力できます。
– BASSとTREBLEバンドは、ベル/ピーキングタイプのEQカーブとなっていますが、フロントパネルのSHELVINGボタンを押すことでシェルビングタイプのEQカーブに変更も可能です。
– MIDバンド(LOW MID/HIGH MID)は、ベル/ピーキングタイプのEQカーブとなっています。MIDバンドにはそれぞれHI Qスイッチがあり、EQカーブをより鋭いQに設定することができます。
– 各EQバンドにはOFFポジションがあります。OFFポジションではそのバンドのEQ効果を取り除くすることができます。
– GAP PRE-73DLXとインサート接続されている場合は、PRE-73DLXのINSERTスイッチからEQ81 mk3をバイパスすることが可能です。
-内部にグラウンドリフトジャンパがあります。通常はOUTポジションでご使用ください。グラウンドループが起きるような場合にはこのスイッチをIN設定にして回避できる場合があります(※ 諸処の条件により適切なポジションが異なりますのでお試しいただいた上で決定してください。)

 

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

CAPTCHA