Blog

Golden Age Premier GA-47/67Extended(JE)
サウンドレビュー
サウンドプロデューサ-

https://umbrella-company.jp/goldenageproject_ga-47-67-extended-je.html

GA-47/67 Extended(JE)は、Neumann(Telefunken)U-47からインスピレーションを受け、またNeumann U-67スタイルのカプセルにも交換可能なモデルとして、高い再現性で完成させたレプリカモデルです。

カプセルユニットは選別のため必要数量の4倍もの数量で生産し、またALLEN BRADLEY製カーボンフィルム抵抗やSOLEN製の無酸素銅リードのMKPフィルムコンデンサを採用するなど、パーツ一つ一つの選定にも拘り、更に電源ユニットにも特別なチューニングが施され、日本限定の特別仕様となっています。

発売以降、デモ機貸し出しのご依頼を多くいただいておりますが、ご試用後ご購入いただくことの多い、コストパフォーマンスの高い製品です。今回は、ご試用された方のサウンドレビューをご紹介いたします。

普段使用している他社製のU47のレプリカ品とGA-47/67Extended(JE)はU47タイプのカプセルを使って、歌で比較してみました。
今回デモ機を試してもらったのが、過去にメジャーデビューもしていたベテランのプロデューサー(ボーカル)だったのですが、第一声ほんの数秒で、「これがいい!」でした。(以降、他社のレプリカを試すも全然動じず)

もう一人同席していたアレンジャー/ディレクターの先輩も、少しだけ下は抜けるけど張り付く感じが今っぽくて使いやすそう、という感じでした。その後、その先輩も歌ってみたところ「歌が上手くなった感じがする」とテンションが上がっていました。

個人的には他社のレプリカの中域の表現力というか、丁寧にニュアンスを拾う力をすごく気に入っているのですが、最近のMIXの中では結局上をサチュレーションで伸ばして、コンプもしっかり掛けて出来るだけ前に出す、という感じで処理をすることが多い印象でした。でもGA-47/67Extended(JE) は処理を抑えてすぐに出来る、というイメージでした。

また、自分がディレクションしつつ録る場合だと、その張り付かせ方を想像しつつ録るのは可能ですが、ディレクターが入る場合、他社レプリカの柔らかめの感じでは、仕上がりに不安を持ちながら録るというような印象がありました。恐らくそれがGA-47/67Extended(JE)だとなく、仕上がりも見えた上でディレクションができそうな印象です。

また、先述のボーカルからの視点では、その張り付いた中でニュアンスを探れるので、エッジングや語尾のニュアンスなどを盛り込む余裕ができる、という見解でした。(他社のレプリカはボリュームコントロールをしないといけない分考えることが多い)

総括すると、GA-47/67Extended(JE)は非常に今っぽく即戦力なマイク、という感じでした。何より『歌い手側のテンションが上がる』という、現場で魔法がかかるマイクです。もしかすると、SONY C-800Gあたりと比較しても有効な選択肢として出てくるかもしれません。

個人の予算的にはかなり厳しいのですが(笑)、他社製品を手放してでも買っておかないと、「あれいつ買うの?」と言われそうなくらい他の2名が気に入っていました。

Golden Age Project GA-47/67Extended(JE)はデモ機をご用意しております。
ご興味のある方は、お近くの販売店、または弊社までお問い合わせください。

 

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

CAPTCHA