Blog

fusion blender レビュー

第一ロットに続き、第二ロットもご予約だけで完売してしまい、今月末までには再入荷を果たす弊社開発のFusion Blender(フュージョン・ブレンダー)。2台の歪みペダルを<帯域別>にブレンドしたり、フィルター機能を駆使した原音ブレンダーとして利用したり、パラレル・コンプレッション(コンプの原音ミックス)、マルチバンド・コンプ、スタジオ機器のギターチェインへの接続などなど、その利用法は幅広く、各方面からご好評をいただいております!

Umbrella Company(アンブレラカンパニー),Fusion Blender,E.ベース,ベース用ブレンダー,ミキサーペダル,ブレンドペダル

ギタリストさんでは、やはり2台の歪みペダルをFusion(ブレンドすること)で、立体感のあるバランスの良い歪みサウンドを試す方が多く、この方法では意外とどんなペダルの組み合わせでも歪みの密度が増し、抜けやバランスのコントロールがしやすくなるため、使っていなかったエフェクターをまた再利用しはじめた、というお話もたくさんいただきます。

また2連ポットタイプのブティック・ペダルのように、歪みサウンドに原音ブレンドを適量足すことで、音の粒立ち、つぶれないコード感、明瞭感などを演出することができるため、1台のお気に入りのペダルだけをFusion Blenderに接続して、自分の歪みサウンドをアップグレードさせる方も多いようです。

さらにベーシストさんでは、従来のブレンダーではできなかったハイパス&ローパス・フィルターを駆使した、エフェクト音と原音のバランス・ミックスが好評です。音質に関しては弊社の得意とするプロオーディオ音質に徹底的にこだわって設計されましたので、どんなブレンダーよりも優れた特性を実現できていると思いますので、ハイエンド・ベース、多弦ベースの原音ブレンダーとしても最適な仕様です。

Fusion Blenderの様々な使い方のアイデアはこちらにもまとめてありますので、是非チェックしてみてください。
https://umbrella-company.jp/contents/tag/fusion-blender/

さて、前置きが長くなってしまいましたが・・2016年3月号のGuitar magazineに、Umbrella Company Fusion Blenderのレビューを掲載していただきました!

「例えば歪み系を2台使って低音域は甘い歪み、高音域にいくにしたがって過激なファズに変化していくような音作りも可能」、「ディレイなどの空間系の融合も直列につないだ場合と違い、それぞれが原音にかかったもにをミックスするため、よりクリアな音になる」、「原音とエフェクト音のミックスもできるのでクリーンと歪みを同時に出力できる」、「アイデア次第で可能性が広がる一台!」、と評価をいただきました。ありがとうございます!

ギター・マガジンを是非書店でチェックいただき、ご購入ください!

fusion blender レビュー

 

products-page_button

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

CAPTCHA