Blog

Demeter Amplification

 

1980年代初頭から優れたギター&オーディオ製品を発売している老舗ブランド” Demeter Amplification”。数々の定番製品をラインナップに揃え、トップクラスのミュージシャン~サウンドエンジニアまで業界でその名前を知らない人はいないほどです!

そうそうたるトップアーティストが揃ったDemeter製品のユーザーリスト(写真をクリック)

 

James Demeter氏は1970年代後半はCapitolレコードと契約していた人気バンドのギタリストとして活躍、その後子供が産まれたのをきっかけに機材ビルダーの世界に入って行きました。バンド時代にもギターアンプやPAシステムを組み立てるなど、その電子機器に関する豊富な知識をすでに発揮していたようです。

最初にDemeterが名をあげたのはプロオーディオの世界でした。1980年初頭、真空管を使用したモダンデザインの機材はまだまだ少なく、彼が設計した真空管D.Iと真空管マイクプリアンプは、マーケットから絶大な支持を得ました。バンド活動期以前にはハイエンド・オーディオの会社で働いていたというJamesが、バンド活動を経て、その芸術性をフルに投入した素晴らしい設計とサウンドを持った名機でした。現在のラインナップにもその最初のデザインから進化した2つの製品がラインナップされています。VTDB-2B(真空管ダイレクトボックス)VTMP-2C(真空管マイクプリアンプ)です。そのサウンドを一聴すれば、James Demeter氏の美学が優れたエレクトロニクス・デザインだけでなく、「彼自身が優れたミュージシャン」である事による「サウンドメイクの巧さ」を併せ持ったものであることがすぐに理解できるでしょう。

Neil Young ~ Michael Jacksonまで数多くのレコーディング・セッションやライブで彼のデザインした真空管機材が使用され、James Demeterの機材は一気に有名になりました。

Demeter Amplification

 

レコーディング機材やプロオーディオ分野でまずは有名になったDemeter製品ですが、やはりJames氏はギタリスト。同時期には多くのギターペダルやギターアンプの設計をスタートさせます。初期の開発においてはRy Cooderの為に設計した数々の名機の存在を忘れるわけにはいきません。古き良き時代を愛し、ルーツ音楽をひたすら探求する ライ・クーダーが望んでいた機材は、ビンテージ機材の温かみや味わい深さを保ちながらも、信頼感が高く、ノイズなどのマイナス要素に対してはよりモダーンな設計の新しいギター機材でした。

Demeter Amplification最初に開発されたTRM-1 Tremulatorは、発売当時から一貫したデザインで今でも発売されているロングセラーですが、元々はRy CooderがFenderアンプのトレモロの再現を目指してJamesに製作を依頼したものです。現在でも出荷時にはRy Cooderのベストセッティングに最適化されて出荷されており、他にもE.クラプトンの使用なども有名な定番の高品位トレモロです。最近では2基のトレモロ回路を組み込んだプロシリーズTRM-PSが好評を得ています。

Demeter Amplification

RV-1とライ・クーダー

RV-1 Real Spring Reverbはスタジオ機器としても使用できるよう、本物のスプリング・リバーブユニットを進化させたものです。楽器用のスプリングリバーブはオーディオ品質が低く、レコーディングのミキシング作業などには使用できませんが、このRV-1は1Uの筺体に驚くほどローノイズな、ハイファイ・スプリングリバーブを収めた唯一の製品として多くのスタジオで導入されています。近年ではこの名機をペダルボードに収められるよう、コンパクトに改良したRVB-1も発売されています。

 

 

またもう一つペダル製品の定番をあげるとすれば、それはCOMP-1でしょう。シンプルな2ノブで勝負するペダルコンプにおいては、そのサウンドメイクの技こそが全てです。様々な可能性のあるコンプレッションという動作Demeter Amplificationに置いて、その動作の全てが滑らかで、これほど音楽性に優れているコンパクトコンプは今だに開発されていないと言っても過言ではありません。つまみのどのポジションでも音楽のダイナミクスが活き活きと響きあい、ベースにもギターのカッティングにもパーフェクトに反応します。近年ではこのCOMP-1の基本性能にフルコントロール性を加えたCOMPRO-1(COMP-2)が素晴らしい出来栄えで、Demeterコンプの良さが各方面で再認識されています。

その他、バッファー&ミッドブースターとしてのMB-2B、歪ペダルDRV-1の完成度の高さ、ブティックアンプ最高峰の音質を誇るチューブギター&ベースアンプなど、James Demeterの数々の名機を称えたらきりがありません・・・・。

 

またここ数年では、デジタルアンプシミュレーターの進歩により、多くのギタリストがハイエンドなアンプサウンドをデジタル領域で表現しています。しかし多くのトップミュージシャンはそのサウンドにいまひとつの物足りなさを感じているようです。Demeter AmplificationのSTDB-1(V.I.R)はそんな現代のミュージシャンに熱狂的に迎え入れられています。本物のアナログ真空管バッファーによるリアルサウンドとの組み合わせにより、サウンドは圧倒的にオーガニックな質感を持つようになるのです。やはり本物のアナログ質感は、本物のアナログハードウェアでしか得られないという事を再認識させられるエピソードです。「本物の製品」はいつの時代にもユーザーがそれを何度でも発見し、指名されるものなのです。

Demeter Amplification

 

 

とにかくJames Demeterは創業30年を超えた今でも、昔と同じようにカルフォルニアの地で積極的にギター&オーディオ製品を作り続けています。今でも徹底的にハンドメイドにこだわり、製品を一台一台丁寧に組み上げ、James自ら製品作りに関わり、完成度の高いプロダクトのみを出荷し続けています。一生をかけて使い続けられる普遍的なデザインにこだわる姿勢は彼の哲学です。多くのブランドが時代の変化に合わせて商品ラインナップを入れ替えするのに対し、Jamesは一貫して何十年も同じ製品を販売し続けます。つまりDemeter製品は全て普遍的で流行り廃りの中に埋もれてしまうような製品では無いということです。そしてこの先何十年ものユーザーの音楽キャリアの中で常に一線で活躍し続けられる高い完成度を持ち合わせています。ユーザーの支持がなければその製品は長続きすることはないのです。

100%アナログにこだわり、ハイエンド設計を極めるためには一つの製品の開発に数年を費やす「本物の職人」James Demeter、すでに名誉ある機器のアワードをいくつも受賞し、大いなる成功を収めたDemeter Amplificationですが、彼の快進撃はまだまだ止まることがありません。

本物のサウンドを知る職人にしか完成させられない「魔法」のようなサウンドを是非ご体験ください。手に取った瞬間から、音を出した瞬間に、その全てが理解できます。

Demeter Amplification

 

products-page_button

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー