Blog

春のヘッドフォン祭 2015

 

「春のヘッドフォン祭 2015」

アンブレラカンパニーは、5月16日、17日に開催されるフジヤエービック主催の「春のヘッドフォン祭2015」に出展いたします。

今回はGRACE design m920とUmbrella CompanyからはBTL-900に加え、現在開発中のMM/MC対応フォノイコライザーの試作機を出展いたします。
以下、展示製品になります。

 
 

★Umbrella Company MM/MC対応フォノイコライザー(価格、発売時期未定)

弊社の各スタッフがアナログレコードに興味を持ち出した頃「アナログレコード鑑賞を趣味にするにはプレーヤー、カートリッジ、フォノイコライザーを合わせて最低でも100万円はかかる」という話を各メーカーやオーディオショップさんからよく聞かされていまして、我々には手の届かない夢の世界に思えていました。しかし、そこで諦められず、究極的な環境でなくとも、ある程度のクォリティを現実的な予算の範囲内で楽しむことはできないものかと考え始めた結果、自社でフォノイコライザーを開発しようという結論に至りました。そして「そこそこのアナログレコード鑑賞を趣味にするならトータル20万円位の予算で!」をテーマに掲げ、フォノイコライザーを開発するプロジェクトが2年ほど前に始まりました。

社内で準備したプレーヤーは安定した動作で定番の「Technics SL-1200(mk3/mk5)」、そしてカートリッジにはNHK-FM放送をはじめ民放各局、アナログレコード製作現場のプロ用標準器として使われてきたDL-103の高純度銅線モデル「DENON DL-103R」。これらをリファレンスに、プロオーディオで培った回路設計のノウハウに新しい発想の技術を取り入れながら開発を進め、時間を要しましたが納得できるクォリティまで作り上げることができました。今回のイベントに最終段階の試作機として間に合わせることができましたので、既にアナログレコードを楽しまれている方にはもちろん、これからアナログレコードを聴いてみようと考えている方には特に聴いていただきたいです。

春のヘッドフォン祭 2015

このフォノイコライザーはMM型、MC型カートリッジに対応しており、MCモードではLow/Hi/Variableの入力インピーダンスの切替スイッチを搭載し、Variableポジションでは入力インピーダンスを可変できることが大きな特長です。使用するカートリッジに合わせた調整が行え、またプレーヤー周りの環境(足回りの制振やプレーヤーのカバーの有無など)などの影響で変化する音色の補正も可能です。(測定器が必要になります)

また製品開発に使用してきたTechnics SL-1200とDENON DL-103Rの組み合わせに最適なポジションも用意しておりますので、この組み合わせでアナログレコードを楽しみたい方にはおすすめの製品です。今回のブースでも、このTechnics SL-1200とDENON DL-103Rで試聴していただけるよう準備いたします。

更にこの製品には「ローカットしない」新しい発想のサブソニックスイッチを搭載していることも大きな特長です。従来のローカットフィルターのサブソニックフィルターでは低周波のノイズと共にレコードに刻まれた低域の音楽情報までカットしてしまいましたが、この製品ではこれまでと全く異なる方式を採用したことにより、低域の音楽情報を削ることなく、低周波ノイズを軽減させることができます。

また、1970年代のアナログレコード全盛の時代からご活躍されてきたマスタリングエンジニアの方に開発のご協力をいただき、価格を抑えながらも妥協の無い製品をご提供できる予定です。ご来場いただく際には、弊社ブースへお立ち寄りいただきご試聴ください。

 
 

★GRACE design m920 ヘッドホンアンプ

>http://umbrella-company.jp/gracedesign-m920.html

m920はオーディオリスニング用のヘッドホンアンプ・プリアンプとして高い評価を得たm903からDACなどが更に強化され、リスニング用としてだけでなく、レコーディングエンジニアが自宅作業からスタジオにも気軽に持ち運んで使えるモニターコントローラーとして、またマスタリングスタジオのボリュームコントローラーとしてなど、m905と共に制作現場で活躍しています。
DACに「M Series 32-bit Sabre DAC」を採用し、USB入力経由でDSD64(2.8MHz)、DSD128(5.6MHz)に、また384kHz /32bitのPCM(DXD)フォーマットにも対応しています。DSD5.6MHzの試聴用素材も準備しております。

春のヘッドフォン祭 2015

 
 

★Umbrella Company BTL-900スタジオリファレンス・ヘッドホンアンプ

http://umbrella-company.jp/umbrella-company-btl-900.html

こちらも制作用途として開発された製品ですが、マスタリングスタジオのモニターコントローラーとして、またレコーディングエンジニアのモニター用、ミュージシャンのCUE BOXとしてMDR-CD900ST BTL-MODとの組み合わせで多くのユーザーにお使いいただいております。

定位・分離感が飛躍的に向上するBTL接続と、音質を突き詰めた回路設計による正しいミックスバランスはリスニング用としても最適です。今回も、MDR-CD900STはもちろん、Sennheiser HD650でもBTLで聴いていただけるように準備しております。

春のヘッドフォン祭 2015

 
 

・DELRIMOUR MODERN audio・acoustik(SENNHEISER HD650チューンナップ)

https://umbrella-company.jp/contents/modified-sennheiser-delrimour-modern/

今回用意するヘッドホンのSENNHEISER HD650には、DELRIMOUR MODERN audio・acoustikによるチューンナップを施しております。チューンナップ・サービスはDMaaに直接ご依頼を頂くかヤフオクにて行っておりますが、オーディオショップなどでの試聴環境はございませんので、今回は試聴できるチャンスです。HD650/600/580などをお持ちの方は是非一度聴いてみてください。

hd650-02

 

試聴用ヘッドホンはSONY MDR-CD900ST(BTL Mod.)、SENNHEISER HD650(BTL with Duofol Diaghragm by DMaa)、SENNHEISER HD800などをご用意いたします。

もちろん、従来通りお客様のお持込みいただくヘッドホンでもご試聴いただけます。
春のヘッドフォン祭2015へのたくさんのご来場をお待ちしております。

 
 

春のヘッドフォン祭2015

http://www.fujiya-avic.jp/user_data/headphone_fes.php

・開催日時 : 2015年5月16日(土) 11:00 開場 19:00 終了、5月17日(日) 10:30 開場 18:00 終了

・会場 : 中野サンプラザ 6、11、13、14、15階
〒164-0001 東京都中野区中野4-1-1
JR/東西メトロ 中野駅 北口より徒歩4分

アンブレラカンパニーのブースは14階のクレセントルームにございます。

春のヘッドフォン祭2015は入場料無料です。

春のヘッドフォン祭 2015

 

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

CAPTCHA