Home / /Umbrella-Company

......................................................................

BTL-900

Headphone Amp for Musician

......................................................................

音楽制作をマルチサポートする
スタジオリファレンス・ヘッドホンアンプ


BTL-900はミックスやマスタリング作業から演奏時のモニタリングまで、ミュージック・クリエイターの為に専用開発したスタジオリファレンス・ヘッドホンアンプです。

音楽を構成する全ての要素が立体的に再現され、正しいミックスバランスでのモニタリングが達成されています。
演奏時のプレイバックモニター時には、リズムや音程、各楽器の定位や強弱などを鮮明に聴きとることができるため、より良い演奏とベストテイクに貢献します。

46,000円(税抜)


| 製品詳細  | 製品マニュアル | テクニカルガイド | 900STのBTL改造について | サウンドレビュー |


製品写真
BTL-900 モニターヘッドホンアンプ(バランス駆動ヘッドホンアンプ&MDR-CD900ST最適化)
BTL-900 モニターヘッドホンアンプ(バランス駆動ヘッドホンアンプ&MDR-CD900ST最適化)
BTL-900 モニターヘッドホンアンプ(バランス駆動ヘッドホンアンプ&MDR-CD900ST最適化)
BTL-900 モニターヘッドホンアンプ(バランス駆動ヘッドホンアンプ&MDR-CD900ST最適化)
↓製品レビュー

BTL-900 モニターヘッドホンアンプ(バランス駆動ヘッドホンアンプ&MDR-CD900ST最適化)■ MDR-CD900STスタジオヘッドホンに特性を最適化
■ 立体的な表現力「BTL駆動」にも対応
■ 2系統入力切替(XLR/TRSコンボ、RCA)
■ 電子制御アッテネータによる正確無比なレベル設定
■ 3段階のゲインスイッチ
■ 電源のポップノイズをカットする出力MUTEリレー
■ 音楽制作の基準となるスタジオ・リファレンス音質
■ 抜け防止・ロックタイプのACアダプター採用

BTL-900には2タイプのヘッドホン接続端子があります。

Phone端子に接続する事で、通常のヘッドホン(標準ステレオフォンプラグ)でご利用いただけます。
またヘッドホンの簡単な改造を行い、BTL端子(XLR4ピン)に接続する事で、更に立体的で鮮明なリファレンス・モニタリングを実現する事も可能です。


どちらの接続でも比類なきスタジオ・リファレンス音質が達成されています。










 立体的な表現力、「BTL駆動」にも対応

BTL-900は標準ステレオフォンプラグに加え、4ピンXLR接続による「BTL駆動」を標準でサポート。「BTL駆動」では、定位・分離感が飛躍的に向上し、ディテールをより明瞭に、立体的に聴きとることができるようになります。

演奏の繊細な表現や正確なリズムなど、各楽器のニュアンスが鮮明になる事で、プレーヤーの演奏や音作りに対するアプローチ、コントロールの方向性が明確になります。各楽器の役割や立ち位置が分かりやすく、自分の演奏のモニター音量を大きくしなくてもクリアで明確なモニタリングが可能になります。
最終的なミックスバランスに近い形でモニターでき、芸術性の高い演奏を引き出す事に貢献します。

BTL-900を楽器やボーカルのレコーディングに是非ご利用ください。もちろんスピーカーで聴いているかのような自然な音場とリファレンスサウンドは、ミックスやマスタリングなどの制作用モニタリング・デバイスとしても最適です。

<BTL駆動の大きな利点>

BTL-900が採用したBTL駆動の動作原理はスピーカーのBTL駆動そのものです。ヘッドホンアンプでは音質や空間表現性が劇的に改善されるのが特徴です。L/Rを完全に独立した状態で駆動する事で【L/R共通インピーダンスの排除】と【グラウンド電位の安定】を実現、ヘッドホンのサウンドは大幅に向上します。また、スルーレート(波形変化のスピード)の向上、逆起電力の影響の抑制、電源電圧変動除去能力の向上など、BTL駆動の利点は多くあり、その全てがサウンドの向上に貢献します。標準のヘッドホン駆動では避けられないL/R間のクロストークを徹底的に改善し、楽器や声の像や位置がこの上なく正しい姿で再生されます。演奏の細部まで見えるようにモニターでき、演奏者の「ベストテイク」にも貢献します。 より詳しいBTL駆動に関する説明はこちらをご覧ください。



 MDR-CD900ST スタジオヘッドホンに特性を最適化


MDR-CD900STはレコーディングモニターに求められる多くの条件を高いレベルでクリアしている業界標準のスタジオヘッドホン。BTL-900はシングルエンド駆動(標準ステレオフォンプラグ接続)でも、BTL駆動でもMDR-CD900STの性能を十二分に発揮できるよう細部にわたりチューニングされています。

特にBTL駆動ではMDR-CD900STを理想的に駆動、音楽信号の倍音構成まで崩すことなく正確なモニタリングを可能にします。MDR-CD900STのBTLモディファイはユーザーが自分で行えるだけでなく、改造サービスもご利用いただけます。

MDR-CD900STのBTLモディファイはユーザーが自分で行えるだけでなく(こちらに詳しく解説されています)、改造サービスや完成品の販売もご利用いただけます。



 実用性を備えた高品質な機能


■ 0.5dBステップ、レベル誤差0.05dB以内を実現する超高精度の電子ボリューム(MUSES72320)を採用。どの音量でも音質劣化やギャングエラーがなく、極めて原音忠実な再生を約束いたします。またコントロールプログラムは本機のためにバージョンアップされ、フロントパネルに配された3段階のゲインスイッチでMaxゲインに設定した際にでも高いS/N比を保ちます。

■ 2系統の入力(XLR/TRSコンボとRCAピン)はフロントパネルから切り替えが可能。3ポジションの中央にはMUTEポジションを設けました。

■ 電源投入時は MUTE リレーが働き不快なポップノイズを排除、電源 OFF の際も内部電圧の低下を検知し、いち早く出力リレーを動作させ 不快なノイズをカットします。また、シングルエンドヘッドホンはプラグの構造上、抜き差しの際に出力ショートとなるため回路を保護するた め一定時間の MUTE を行います。

■ 電源アダプターは抜け防止のロックタイプを採用。差し込んでから捻ることで確実にロックし、レコーディング現場などでのトラブルを完全に防ぎます。





 マイクスタンドにBTL-900を設置できる専用アダプター(別売)

BTL-MSAはBTL-900をマイクスタンドに設置できる専用のアダプターです。演奏時にコントロールしやすい角度で設置することができ、さらにヘッドホンハンガーとしても使用できるよう設計されています。(*マイクスタンドは別売です)* 3/8" マイクスタンド取付用ネジと本体取付ネジが付属します。

BTL-MSA 取扱説明書

↑ BTL-MSA (3/8" マイクスタンド取付用ネジも付属)







 CUE BOXのヘッドホン出力からの接続例



「演奏者が自分のバランスでモニターするため手元でミックスしたい。」「CUE BOXのヘッドホンアウトは音質に満足できていないが機能的に必要。」「CUE BOXにはライン出力端子がないがBTL駆動で高音質にモニターしたい。」このような場合でもステレオTRS(ステレオフォン)→RCA×2(L/R)仕様の変換ケーブルを用いてヘッドホン出力から信号をもらいRCA端子に入力する事で、BTL-900で高音質BTL駆動ヘッドホンモニタリングが可能です。ここで「音が良くないヘッドホンアウトから信号をとっても高音質にはならないのでは?」「フォンプラグだからクロストークが良くないのでは?」と思われた方も多いと思います。たしかにCUE BOXのヘッドホンアンプがひじょうにお粗末であれば良くする事は困難ですが、ほとんどの場合はこの方法でもBTL-900を使う事で得られるメリットは十分に発揮できます。

機器の出力アンプは、負荷となる物のインピーダンスが変われば仕事の内容は変わります。CUE BOXのヘッドホン出力アンプには“ヘッドホンを駆動する”というヘッドホンアンプの仕事ではなく、 “音声信号を伝送する”というライン出力の仕事をしてもらいます。”ヘッドホンの駆動”は専門家であるヘッドホンアンプBTL-900に任せてCUE BOXの負担を軽くしてあげれば音質向上が十分に期待できます。

クロストーク特性悪化の原因はフォンジャックにあると上の方でご説明いたしましたが、それはヘッドホン駆動においての事であり、負荷となる物のインピーダンスが高ければ音声信号への影響は無視できる程度に小さくなります。ヘッドホンで起こるクロストークは、グラウンドの配線の抵抗値がヘッドホンのインピーダンスに対し大きな値であり、これが原因で音質劣化につながります。ヘッドホンは一般的に30Ω~300Ω程度、それに対しグラウンドケーブルの抵抗値が1Ωであっても30Ωのヘッドホンに対しては3%と大きく影響します。BTL-900のアンバランス入力のインピーダンスは30kΩとヘッドホンより100~1000倍ほど高い値です。グラウンドのケーブルが同じ1Ωであっても0.003%と十分無視できる値でグラウンドが共通でも問題ではなくなります。このようにヘッドホンアウトからの信号でも高音質なBTL駆動ヘッドホンモニタリングが可能です。

ヘッドホン出力端子からライン入力につないで壊れないのかと聞かれる事もありますが、全く問題ありません。音声信号の伝送は“ロー出し/ハイ受け”が基本という事は聞いたことがあると思います。ヘッドホン出力のインピーダンスは一般的に1~数百Ωととても低く、対してライン入力は数十kΩ理想的な伝送条件となり、接続時の端子のショートさえ気を付けていただければ機器を壊す事はありません。

専用の接続Yケーブル BTL-CBCもご用意しております







Frequency Responce
+/-0.5dB @0dBu out
50ΩLoad 
0.1Hz ~ 50kHz
Phase Diviation
@0dBu out , 50ΩLoad ,
20Hz ~ 20kHz
< 1°
THD+N (Headphone Out)
@1kHz , 0dBu out ,
50ΩLoad

< 0.002%

Maximum Output Level
62ΩLoad,

+15dBu

Maximum Input Level
@Balance Input

+24dBu

@Unbalance Input +18dBu

Impedance

@Balance Input 50kΩ
@Unbalance Input 30kΩ
Dynamic Range
>120dB
Power Supply
DC24V / 500mA(Tip = +)
Size / Weight
Size 44×150×112mm (H×D×W)
Weight 0.5Kg





アンブレラカンパニー | クリエイティブでユニークな音楽制作機材と楽器の輸入販売


株式会社アンブレラカンパニー
〒196-0015
東京都 昭島市 昭和町 5-10-5-301

TEL 042-519-6855
FAX 042-511-9656
© Copyright 2012 Umbrella Company