Blog

アコースティックギター,ピックアップ,ライン出力,アコースティック楽器,ピエゾピックアップ,アコギピックアップ

GRACE Design FELiXは、アコースティックギター、アップライトベース、バイオリン、ウクレレなど、ライブパフォーマンスのためのPU/ピックアップを装着したアコースティック楽器専用のサウンドシステムとして開発された”インストゥルメンツ・プリアンプ“です。長年にわたってスタジオレコーディングの為のハイエンド・マイクプリアンプを設計してきたGRACE design社の技術が全て投入された至高のプリアンプ設計は、現存する楽器用プリアンプの中でも間違いなくハイエンドの部類に位置するものであり、楽器自体の響きを余すことなく伝送し、その演奏の繊細なタッチやダイナミクスが全てありのままに再現される感動は、GRACE designのプリアンプから音が出た瞬間に誰もが体感できるものです。

アコースティックギター,アンプリファイ,マイク,ピックアップ,マグ ネットピックアップ,ピエゾピックアップ,チェロ,バイオリン,ダブル ベース,コントラバス,アコースティックベース,アコギピックアップ, 音質、DPA4099,GRACE design Felix,アコギアンプリファイ,アコギラ イブ,アコギアンプ,アコギプリアンプ,

FELiXは2系統の入力をブレンドしてサウンドメイクができたり、フィルター/EQによるトーン補正、ノイズレスなMUTEやBOOST、そして2系統のDI出力。まさにアコースティック楽器でのライブのための機能を詰め込んたアイテムです。

2系統のブレンド機能は、例えばピエゾPUとマグネティックPUだったり2つのライン入力をブレンドできるほか、マイクで拾ったサウンドもブレンドする事も可能です。

そのマイク収音のために、FELiXはコンデンサーマイクも使用できる本格的なマイクプリアンプを備えています。もともとGRACE Designはプロオーディオ機器、中でもマイクプリアンプはワイドレンジで癖がない明瞭なサウンドとして評価が高くハイエンド機器としての地位を確立しています。そんなGRACE Designのマイクプリアンプが搭載されているのです。

しかし、マイクを使う場合には最適なマイクセッティングを見つけるまでには時間がかかります。会場によってはハウリングが起きやすかったり「今日はラインにしておくか」という場合もあるかもしれません。そもそもマイクを購入しないとなりませんしクリアすべき事が結構あります。GRACE design FELiXをもしラインで使ってみたいと考えていて、それも今までに体感したことのないようなラインのサウンドを体感したい方は、このマイク入力を活かした【DI-SNAKE】とのコンビネーションをぜひお試しください。

アコースティックギター,ピックアップ,ライン出力,アコースティック楽器,ピエゾピックアップ,アコギピックアップ

Umbrella Company “DI-SNAKE“は、フォンプラグにアクティブバッファー回路を内蔵した高音質な『DIケーブル』です。DI-SNAKEはファンタム電源(48V)で動作するので、この場合はFELiXのマイク入力にXLR(キャノン)端子で接続します。これで楽器の出力コネクターにDI-SNAKEを直結すると「シールドケーブルさえ通過していないシグナル」を捉える事ができます、つまりケーブルによる色付けや音色変化が起こらないという事。余計な色付けは排除したい、エレアコやウッドベースのピエゾPU、レンジの広い多弦ベースなどで相当な威力を発揮するはずです。

GRACE DESIGN,FELiX,フェリックス,レビュー,音質,サウンド,ダブルベース,コントラバス,アコースティックベース,ピックアップ,ピエゾ,コンタクトピックアップ,アンプリファイ,DI,プリアンプ,ブレンダー


・音質変化の要因。

出力インピーダンスが高い電気楽器は、シールドケーブルのキャパシタンス成分が周波数特性を変化させてしまいます。これはシールドケーブルを使用する限り避けては通れない現象です。具体的には中域に発生する共振によるピーク、それと高域の減衰です。「ピエゾ臭さ」と良く言われるような音色変化もこの事が大きく影響しています。


・DI-SNAKEの特徴。

DI-SNAKEはプラグの中に回路があります、つまり 楽器の出力ジャックにDI回路の入力端子が挿さっているわけです。DI-SNAKEが劣化しやすい楽器のシグナルを、出力ジャックまで迎えにいくイメージです。楽器のシグナルを変質させる要素をとことん排除します。ピエゾ臭さくならず鮮度の高いサウンドは、通常のシールドケーブルを使用したサウンドとは驚くほど異なるのでなかなか衝撃的です!


・DI-SNAKEには電源を供給するマイクプリアンプが不可欠。

DI-SNAKEは見た目は普通のケーブルですが、アンプ内蔵のDI機器なのでマイクプリアンプに接続して使用します。ミキサーやオーディオインターフェイス、アウトボードのマイクプリアンプと組み合わせてのレコーディングの現場で使われることが多いと思いますが、このサウンドのアドバンテージはぜひステージでもご活用いただきたい。

FELiXは楽器用のプリアンプながらマイク入力も装備しており、48Vファンタム電源の供給が可能なため、ラインで使用するならDI-SNAKEとの相性が抜群です。シンプルにケーブルを交換するだけで、DI-SNAKEとFELIXは最高コンビネーションと異次元の高品位サウンドを実現します。

・どれくらい違うのか?おすすめの理由。

普通にシールドケーブルで使っても、クリアで明瞭なサウンドが得られるGRACE design FELiXの実力は突出していますが、DI-SNAKEと組み合わせる事で、それ以上にクセが抜けてハイもローもよりワイドレンジに。そして低域も高域もスピード感が揃い音像のゆがみがない、楽器本来の姿が見えてきます。プレイスタイルも忠実に再現し、フィンガリングのニュアンス、ピッキングのタッチはより鮮明に浮かび上がります。「シールドケーブルの音が一切乗らない」という別次元のトランスペアレンツサウンドはこの組み合わせでしか体感できません。

楽器用のサウンドシステムである『GRACE Design FELIX』と、楽器の出力信号をありのまま伝送するアクティブケーブル『DI-SNAKE』、最強のライブサウンドシステムを構築できるコンビネーションをぜひ多くの方々にお試しいただきたいです!

GRACE DESIGN,FELiX,フェリックス,レビュー,音質,サウンド,ダブルベース,コントラバス,アコースティックベース,ピックアップ,ピエゾ,コンタクトピックアップ,アンプリファイ,DI,プリアンプ,ブレンダー


製品リンク

★ GRACE design FELiX
https://umbrella-company.jp/gracedesign-felix.html

★ Umbrella Company DI-SNAKE
https://umbrella-company.jp/umbrella-company-di-snake.html

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

CAPTCHA