Blog

 

 

エフェクター批評 vol.3

今回の感想文は by やまもと

「エフェクターを批評して世の中を少しでも面白くしたい」。そんなピュアな野望から生まれたエフェクター批評の第三回目は動画付きでお届けいたします。

今回の生贄は “mid-fi electronics / Deluxe Pitch Pirate (デラックス・ピッチ・パイレーツ)”です。「変態ペダル」を代表するようなぶっとんだサウンドで有名ですが、それだけではない懐の深さが魅力です。

mid-fi electronicsを製作するダグ氏は、個人的に超お勧めのサイケデリックバンド MMOSSのギタリスト。このバンドとてもかっこいいのでぜひ見て聴いてみてください。

MMOSSはこちら
http://www.youtube.com/watch?v=0CcfP2EIYUo

 

世間一般には最も「変態」な位置づけにあるmid-fi electronicsですが、確かなフリーキーサウンドと真面目で正当なサウンドが実は同居しています。Deluxe Pitch Pirate は同社のフラッグシップモデルでもあるベストセラーPitch Pirateを進化させたモデルで、オリジナルの何倍ものサウンドキャラクターを調整できます。 限定のスペシャルバージョンとして販売されているmid-fi electronics社のDeluxe Pitch Pirateの試奏ビデオレビューをやってみますね。 まずは簡単に原音とエフェクト音を聴いてみます。 バイパススイッチでの切り替えはもちろん、BLENDノブで原音とエフェクト音を100%~0%まで混ぜられます。超絶な変態サウンドであっても、微かに BLENDで混ぜる事でバックグラウンドで微かに悶える不思議な空間的サウンドを演出することもできます。

 

次に普通の(!)ディレイとして使用した場合です。DepthやSpeedをゼロにしておけばDelay TimeとFeedbackを調整した普通のディレイサウンドも楽しめます。いたって普通の高品位ディレイサウンドがかえって不気味でもあります。

 
DEPTHノブを上げていくと世界と宇宙の全てが異空間のように響きあいます。一瞬でベンドされ歪んだ音響に包みこまれてしまいます。

 
SPEEDノブとWAVEノブを調整してみると以下のようになります。

 
アルペジオ的な弾き方で使うのがぼくの好みです。

 
捻じ曲げられたディレイのフィードバック音だけを聴いてみるとこんな感じです。どうしてこんなになっちゃうんだろう?

 
凄いサウンドでノイズめいた轟音サウンドも魅力ですが、スローに漂うような指弾きもまったくクリエイティブなサウンドになります。

  
使い方しだいで、演奏者のアイデアやセンスしだいで本当に広いクリエイティブサウンドを演出できる「本格的(?)変態ペダル」です。思いっきりフリークな 演出も、僅かにブレンドしてサイケデリックな浮遊感を演出するのも。圧倒的に頭がマーマーレイドなセンスの人にしか支持されないけど一度と使ったら決して 止められないような愛すべき名作ではないかとぼくは思います。 Deluxe Pitch Pirateでぜひ飛んでいってください。どこまでもとーぉうくまで。

mid-fi electronics Pitch Pirate Deluxe販売はこちら。
http://www.gizmo-music.com/?pid=38562705

 

 

 

 

 

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

CAPTCHA