Blog

Umbrella Company BTL-900 + MDR-CD900ST BTL-MOD(+ Perfect Symmetry Mod)

サウンドレビュー
レコーディングエンジニア

最初はスタジオでお会いしたエンジニアの方が、自分で改造をしたステレオフォン仕様のMDR-CD900ST MODを持って来られていたので聴かせていただいたのですが、ステレオフォン仕様の改造でもこれだけ変わるのかとびっくりしました。

普段、MIXの仕込みやMIXのチェックなどで、他のスピーカーでバランスを確認するようにMDR-CD900STでもチェックしていますが、今回4ピンのBTL-MODとBTL-900のアンプで聴いてみたら、とても好印象でした。今まではヘッドホンのBTL駆動までは拘りが無かったのですが、実際に聴いてみると、ボーカルなどのセンターの定位がしっかり出てくるのがとても良く分かりました。

BTL-900 ヘッドホンアンプ レビュー 評価 音質

この組み合わせで聴くと、聴きなれたMDR-CD900STの音を継承しつつ、更にブラッシュアップした感じになりますね。位相感とスピード感も良くなって、定位感がより分かり易くなりました。更に音像が見えやすくて中域の密度もしっかり感じられます。BTL-900のアンプ本体は色付けも感じられず、MDR-CD900STに合わせて良くチューニングされているな、と思いました。

プレーヤーのモニターとしても重要なのは中低域だと思っていますし、ピッチも取りやすく細かいニュアンスも確認しやすく、パッセージが分かりやすいと思うので、プレーヤーの演奏時のモニターヘッドホンアンプとしても薦められますね。

また、設備のない所で持ち込んでレコーディングする場面も多々あるので、コンパクトなサイズのヘッドホンアンプと気軽に持ち運べて便利ですね。

 

products-page_button

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

CAPTCHA