Blog

Chase Blissのクリエイティブルーパー”blooper”のファームウェアをアップデートしよう!

発売以来独創的なファンクションと圧倒的な音質で唯一無二のポジションを獲得している、Chase Bliss Audioのクリエイティブルーパーペダルの“blooper”。6種類のmodifier(エフェクト)でループを音楽的に展開ができ、またレイヤー機能を使えば8階層までのアンドゥ/リドゥを行うことも可能!全く新しいスタイルのクリエイティブデバイスに世界中が熱狂しています。
 

 
blooperの大きな特徴として、搭載されたUSBポートで内部ファームウェアをアップデートすることが可能な点があります。ユーザーからの意見を元に提供されるファームウェアをアップデートすることで、様々な機能の追加や修正が行われ常にblooperは進化していくのです。購入後も進化していく楽しみがあるというのは嬉しいところ!

そして今回国内正式リリース後初となるv1.2ファームウェアのアップデートがリリースされました。このアップデートではポップノイズの除去、one shot recording時の挙動の修正などが含まれます。blooperの利便性を更に高めることができるので、以下の手順に沿ってアップデートを行ってみてください。

 

 

blooper firmware v1.2
・フットスイッチのポップノイズを軽減
・Stabilityのノイズ量を軽減し、より僅かな設定が可能に
・one-shot recording後、Modifierを自動でオフに
・blooper全体の挙動を安定化
・様々なマイナーバグフィックス

 

・アップデート方法(MAC OS)
1. blooperに9V電源を接続し、付属のUSBケーブルでPCへ接続します。
2. Chase Blissのblooper firmware update 1.2のページへアクセスし、Blooper Firmware Update v1.2.104横のLOADボタンをクリックします。
3. LOADボタンの表示が100%になればアップデート完了です。

 

・アップデート方法(Windows)
1. Windowsの場合はPCとblooperの接続のためのドライバをインストールする必要があります。こちらのページからXMOS Evaluation Driverを入手し、インストールします。ドライバの入手にはXMOSへの会員登録が必要です。
2. blooperに9V電源を接続し、付属のUSBケーブルでMACへ接続します。
3. Chase Blissのblooper firmware update 1.2のページへアクセスし、Blooper Firmware Update v1.2.104横のLOADボタンをクリックします。
4. LOADボタンの表示が100%になればアップデート完了です。

今後もblooperでは様々なファームウェアアップデートが予定されているとのことです!直近ではmodifierの種類を追加して、更にユーザーが好みのmodifierを入れ替えられるマネージャー機能も追加予定とのこと。今後もblooperから目が離せないのは間違いありません。

Chase Blissはblooperの機能をユーザーコミュニティと共に発展させたいと考えています。オンラインコミュニティredditのblooperページでは、blooperの使用方法やちょっとしたtips、アップデートの要望などが盛り上がっています。blooperのアップデート要望があればぜひ覗いてみてください。アンブレラカンパニーまでご連絡いただいても大丈夫です!
 

 

入手後もファームウェアアップデートにより機能が進化していく、新世代のクリエイティブデバイスがblooperです。ぜひお試しください!
  

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

CAPTCHA