Blog

Empress Effectsのメールマガジンには新製品紹介やセール情報の他に、音楽的な技術解説が配信されることがあります。ベーシックな知識から実践的なテクニックまで幅広い種類があり、単純に読み物としても面白いので翻訳をして紹介をしていきます。

今回は「ペダルボード内のエフェクターの順番について」です!

Pedal Order: ギターペダルはどんな順番で繋げば良いの?

ペダルの順番は、ペダルボードを構築する上で決断しなくてはいけない、重要な事柄です。順番によりシグナルの扱われ方、各エフェクトの相互作用にも影響を与え、ボードで達成できるサウンドの幅は大きく変化します。

多くのプレイヤーがペダルの接続順については頭を悩ませていることでしょう。ここには一般的なセオリーはありますが、エキサイティングなサウンドはしばしばルールを破って実験することで生まれてきました。

今回の記事はシグナルの流れの基本、一般的なペダルボードのセットアップを解説します。そのあと自分のペダルボードですぐに試せる、クリエイティブなアイディアも紹介します。


Empressペダルを使った接続順を解説するビデオ。一般的な順番から、入れ替えることで変化するサウンドを紹介しています。

基本編

まずはシグナルの流れの基本を説明しましょう。
ギターの信号は、弦が振動し磁気ピックアップの上を往復することで発生する、微弱なボルテージから始まります。

シンプルなギターのセッティングでは、アンプへギターを直接接続し、プリアンプ、パワーアンプ、スピーカーやらが共に働いてライブ演奏にまで適したレベルまで、シグナルを引き上げていきます。
ここでペダルを繋ぐとしたら、信号がアンプに到達する間ですよね。つまりペダルが作用するのは、生のギター信号であるということを覚えていてください。

各ペダルによる変化は次に繋がれているペダルに影響を与え、ギター信号はパイプを流れる水のように入力から出力へ移動していきます。

*なぜペダルの順番が重要か?

エフェクトの順番は、各ペダルが次に繋がれているペダルにどうのような影響を与えるかを決定します。
この変化をもっとわかりやすく感じるには、歪みペダルの後ろに異なるペダルを繋いでみて、実験を行うと良いでしょう。
オーバードライブやディストーション、ファズといった歪みペダルは大きなキャラクター変化をもたらすため、前後にどのようにペダルを繋ぐかでサウンドがまた大きく進化していきます。

例えば、歪みペダルとフェイザーのみが繋がれたシンプルなペダルボードがあるとします。この2つの一般的な接続のセオリーは、歪み→フェイザーです。フェイザーを歪みのあとに置くことで、フェイザーサウンドははっきりとした明瞭な響きとなります。歪みペダルにより増幅された高域がフェイザーのスウィープをより強調し、派手で強烈なサウンドになるのです。逆にフェイザーを歪みのまえに繋ぐとサウンドはよりマイルドで変化もわずかです。
このような変化は他のタイプのエフェクトでも適用されます。例えばディケイをかなり長くとったアンビエントリバーブの後ろに、スクエア波のトレモロを配置すれば、永遠に伸びるトレイルをリズミカルに切り刻むことができます。
また異なるドライブペダルを重ね掛けして使うのも、接続によってサウンドは異なります。例えばファズをクリーンなアンプで使う際は、ファズからオーバードライブへ接続してミッドレンジにサウンドを集中させ、アンサンブルで際立たせるために知られている手法です。
一方オーバードライブの前にハイパワーなクリーンブーストを配置すると、低いゲインのODサウンドから狂気的なファズサウンドへ変化することもあります。
色々実験をしていくと、ある程度予想ができるようにもなっていくでしょう。

 

Empress Effects社製デモ用ペダルボード。信号は右から左に、上段から中段、最後は中央段へ流れる。Reverbペダルが最後。Empress BufferやBuffer+はペダルボードの入出力をまとめるジャンクションボックスとして使え、更にTuner Outを使えばシグナルフローからチューナーペダルを独立させられる。

 

一般的なペダルボードのセットアップ

では基本を抑えた上で、最もベーシックなペダルの順番と、なぜそれが多くのプレイヤーにスタート地点として支持されているかを説明しましょう。

1. バッファ
2. コンプレッサー、またはプリアンプ
3. ピッチシフト
4. オーバードライブ、ディストーション
5. コーラス、ビブラート、フランジャーなどモジュレーション系
6. ディレイ、リバーブなど時間変化を伴うエフェクト

まずボードの設計を仕事としているようなプロフェッショナル達は、ハイクオリティなバッファペダルをまず最初に繋ぐことを推奨しています。
バッファはギターピックアップからのハイインピーダンス信号をローインピーダンスへ変更し、複数のペダルやパッチケーブルを通過するのに最適な信号へ整えてくれます。

その後コンプレッサープリアンプといったまずギターサウンドの基本的な構築を担当するペダルが繋がれます。これらのペダルはダイナミクスや周波数帯のバランスへ作用し、生のギター信号をその後のペダルで変化させやすいように、下ごしらえを行ってくれます。

ピッチ系ペダルは、正確なピッチ検出のためクリーンな信号が必要なものが多いです。コンプレッサーやプリアンプの後ろにピッチ系ペダルを繋ぐことで、より正確で安定した動作を実現できます。

次は歪み系です。繰り返しになりますが、複数の歪みペダルを使う場合はその順番も実験してみてください。基本的なセオリーは、歪み量の小さいものから順番に繋いでいくことです。

その後は通常モジュレーション系ペダルが接続されます。先程の例のように、歪み系の後にモジュレーションを繋ぐことで、モジュレーションをより明瞭に響かせることができます。ですがどっちに配置するのかは完全に自由です!実験して、サウンドの変化で決めてOKです。

最後にディレイリバーブがそれまでの信号を最終的にまとめて仕上げます。通常はアンプへよりクリーンなリピートや残響を送るのが好まれるため、アンプの直前へ配置するのが良いでしょう。

この接続順だと、エフェクト単体のサウンドを最大限保ちつつ、高い解像度を達成できます。そのためこの例がスタート地点として紹介されることが多いですが、これがベストなサウンドかは限りません。もしどうしていいかわからない場合は、まずはこの例から始めると良いでしょう。ですが実際は貴方の耳とプレイで、よりベストな順番を実験してみてください。

Empressデモボードでのシグナルの接続順。ZOIAをどこに配置するかは議論になるでしょうね!

 

エフェクトループ、4ケーブルメソッド

ここで説明した例は、全てのエフェクトをアンプのインプットへ直接入力することを想定しています。シングルチャンネルでマスターボリューム無しのアンプだとベストでしょう。
ですがもし貴方のアンプがドライブチャンネルを備えていて、そこからドライブサウンドを得る場合は問題になるかもしれません。

上記の接続例では、ディレイやリバーブと言った空間系エフェクトが直接アンプのインプットへ接続されます。
アンプで歪ませる場合は、いわばペダルチェーンの一番最後にディストーションを配置しているようなものです。つまりリバーブの残響やディレイのリピートが、最後に思い切り歪んでしまっているわけです。そのため解像度が低く、曇ったサウンドになることがあります。
これを解決するのがエフェクトループです。エフェクトループを使うと、アンプのプリアンプ部分とパワーアンプ部分の間にペダルを仕込むことができるようになります。

 

*アンプで歪ませると、ペダルチェーンの一番最後に歪んだサウンドが配置されてしまう

 

アンプの歪みはプリアンプ部分で生成されるため、エフェクトをループに入れることで歪み系のあとにエフェクトを追加できるのです。
ループにはリバーブやディレイと言った時間変化を伴うエフェクトを入れるのが一般的ですが、ここも実験のしがいがあるでしょう。

このようなセットアップでは、ループに入れたペダルはギターからアンプの入力の間に存在しないことになります。これらはエフェクトループのセンドとリターンへ個別に接続されます。そのためこの方法はしばしば“4ケーブルメソッド”とも言われるのです。

エフェクトループを使うとアンプのプリアンプとパワーアンプ部分の間にエフェクトを仕込め、より解像度が高くスムースなトーンとなる。

ステレオのペダルボード

ステレオでペダルの接続する際は、また違う視点の考え方が必要になります。
ステレオ出力に対応するペダルは左右のチャンネルに対照的なキャラクターのシグナルを産み出し、動きや空間の広がりを表現します。
ペダルの種類により異なりますが、ディレイやリバーブは定番ですが、コーラスやトレモロのモジュレーション系エフェクトもステレオ出力を備える場合があります。
このステレオ出力を正しく出力するには、2つのアンプを使うか、ステレオ入力やステレオのエフェクトループがあるアンプの用意が必要です。

一部のプレイヤーにとっては、ステレオのギターサウンドが間違いなく努力する価値のあるものになります。ディレイやリバーブはステレオ出力することにより、モノラルと比べられないくらいダイナミックで飽和し包み込まれるような残響となります。コーラスやパンニングエフェクトは、単体のアンプでは達成できないリッチな広がりを動きを感じられるでしょう。

こういったステレオ出力をともなったセットアップでペダルボードを構築する場合、最大の効果が得られるよう注意が必要です。シグナルを左右に分けた後は、分岐したシグナルをそれぞれ保つために接続するデバイスがステレオ入力と出力の両方を持っている必要があります。
これは、たとえばBOSS CE-2wのようなモノ入力/ステレオ出力のペダルで問題となってきます。こういったペダルはステレオ分岐が行われる一番最初に配置する必要があります。

入門編としては以上です。繰り返しますが、ペダルの接続順は基本となるセオリーはありますが、絶対のルールはありません。リバーブの後ろに歪み系を繋いでもいいし、ディレイを一番最初に繋いでみてもいいのです。様々な実験をして、自分の耳でベストなサウンドを探してみてください。その実験を行うなら、まずは上記で紹介した基本的な順番から始めてみると良いでしょう!

次回は実験的なサウンドを生み出す、クリエイティブな接続順例をご紹介します。

★Empress Effectsについてはこちら!
https://umbrella-company.jp/empress-effects.html

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

CAPTCHA