Blog

GRACE design,Felix,グレースデザイン,フェリックス,サウンドレビュー,音質,評価,レビュー

 

発売以降、世界的にも導入が相次いでいるハイエンドなアコースティック楽器用プリアンプ/ブレンダー GRACE design Felix。国内でもアコースティックギターはもちろん、バイオリン、ウッドベース、ウクレレなどなど、様々なアコースティック弦楽器での導入が増加しています。

そんなGRACE design Felixの最新レビューが、サウンド&レコーディング・マガジンの」2015年9月号に掲載されていますので、ご紹介させていただきます!

felix-review6660

レビュー記事では、「ライブにおいてアコースティックギターやウッドベース、バイオリン、チェロといった繊細で音量の小さなアコースティック楽器を良い音で聴かせるのは、難しいもの」、「ライブ演奏をするミュージシャンにとっては、PAされた音は楽器そのものの音作りと同じくらい重要な要素」。全くその通り!と思わず嬉しくなるような導入部から、「そのようなニーズの有効な回答になりそうな製品」として詳細をレビューしていただきました!

サウンドについては「リニアな特性で広いレンジ」、「スタジオで使用されている同社のプリアンプと全く同じ印象」、「スタジオレベルでもかなり良い音」と、とても高い評価をいただきました。またEQについても「効きが良く直観的で素早く音作りできる」との評価。

「これだけの高クオリティのプリアンプをライブで使用でき、かつ手元でゲインを上げてラインレベルでPAに遅れる事は、音質面で大きなアドバンテージになる」

など、とても良いレビューを書いていただきました!ありがとうございました。

GRACE design,Felix,グレースデザイン,フェリックス,サウンドレビュー,音質,評価,レビュー

現在レビュー記事は以下にアーカイブされていますので、ご覧いただけます!
http://rittor-music.jp/sound/productreview/2015/10/46850

products-page_button

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

CAPTCHA