Blog

 

発売開始間もなくから、アコースティック・ギターはもちろん、バイオリン、アコースティックベース、マンドリン、フィドル、ウクレレなどなど、多くのアコースティック楽器で採用されているプロフェッショナル・プリアンプ GRACE Design FELiX。音にこだわるミュージシャンを中心にその評価が高まっています

そのハイエンドなプリアンプ設計による音質の違いを、はじめて体感されるプレーヤーの方も多く、あまりのサウンドのアップグレードに、またその美しく立体的なアコースティック・サウンドに絶賛のコメントをいただく事も増えています。

GRACE Designのイーベン・グレース氏が自ら出演している、米国のリテイルストアのプロモーション・ビデオが公開されたのでご紹介します。FELiXの現場を良く考えたプロフェッショナルな機能の数々はもちろん、後半には実際のサウンドが良く確認できるデモ演奏もあり注目です。

デモで演奏しているアコースティックギターには、コンタクトタイプのピックアップが内蔵されていて、ギターの外側にはDPA 4099G高品位コンデンサーマイクをセットしいます。DPA 4099マイクとGRACE Design FELiXは共に、スタジオ機器メーカーとして、アコースティックサウンドを録音させたらナンバーワンの再現性を誇るブランドです。この2社のコンビネーションが悪いわけが無く、やはり素晴らしいサウンドを奏でていますね。弊社でもこのコンビネーションは一押しで推奨しています。

またビデオを見ると分かりますが、ピエゾ・ピックアップでは輪郭のはっきりした明瞭なトーンを、またマイクではリッチで豊かな自然な響きが感じられます。それぞれのソロトーンもFELiXでプリアンプすることで、ナチュラルでしっかりとしたサウンドになっていますが、さらに両者をブレンドすることで、リアルなアコースティックギターの響きが立体的に表現されるのが分かると思います。

DPAという優秀な業務用マイクと、それをハイクオリティに増幅するFELiX、ダイレクトなコード感を伝えるピエゾピックアップが見事に融合する事で、このような素晴らしいサウンドが生まれています。もちろんプロスタジオ品位のイコライジング回路と、それらを自在にブレンドできるFELiXの機能は不可欠です。

ビデオでは、マイク、ピックアップそれぞれのソロと、ブレンド比50:50、ブレンド比60(マイク):40(ピックアップ)のトーンを試していますが、ピックアップだけだとかなり平面的なサウンドで、マイクを足すとあっという間にリアルな響きが加わるのが分かると思います。またブレンド比を微調整する事で、好みのサウンドを追求できるのも良く分かります。

アコースティックギター,アンプリファイ,マイク,ピックアップ,マグ ネットピックアップ,ピエゾピックアップ,チェロ,バイオリン,ダブル ベース,コントラバス,アコースティックベース,アコギピックアップ, 音質、DPA4099,GRACE design Felix,アコギアンプリファイ,アコギラ イブ,アコギアンプ,アコギプリアンプ,

プロのレコーディング現場ではコンデンサーマイクのサウンドと、それをラインレベルまで増幅するマイクプリアンプの音質が、サウンドの多くを決定します。しっかりとその生音をキャプチャーできない限り、プラグインやエフェクターでそれを補おうと思っても、不自然な音になるばかりです。

そしてそのサウンド品質は様々で、どのマイクとプリアンプの組合せも全部異なる音質になります。アコギ用のマイクやプリアンプも同様、何を選択するかで、高域の刺々しいサウンドになる事も多く、サウンドのフォーカスがぼやける、クリアーさや繊細な表現に音質が追い付かない場合などが多くあります。「コンデンサーマイクならどれも同じような音」などということは絶対になく、マイクの品質によってその出音はまるで異なってきます。プリアンプ回路は特に重要で、電源設計や増幅回路が簡易化された内蔵型のコンパクト・プリアンプでは表現が不可能な領域まで、FELiXは全ての繊細な表現や楽器自体の響きを余すことなく再現可能です。

*参考記事はこちら
https://umbrella-company.jp/contents/grace-design-felix-technical-guide-01/

DPAマイクとGRACE Design FELiXプリアンプは、完全なるプロレコーディング品位のサウンドを楽器で使用できる、従来になかったプロクオリティを持ったコンビネーションです。

是非ショップやデモ機にてそのサウンドを体感していただくことをおすすめいたします!

 

products-page_button

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

CAPTCHA