Blog

Neve2254,ニーブ2254,33609,Golden Age Project,Comp-54,ビンテージニーヴ,ビンテージニーブ,コンプレッサー

オリジナルのNEVE 2254モジュールは1969年にルパート・ニーヴ氏によって開発されたものです。その後2254の基本設計を引き継いだ33609が開発され、その完璧なデザインは多くのNEVEコンソールにも搭載されました。現在も多くのスタジオや放送局で利用されている定番のコンプレッサーです。

入出力はトランスフォーマー・バランス構成で、さらに3つめのインターステージ・トランスフォーマーを搭載する、贅沢なクラスA回路設計。クラシックな「ダイオード・ブリッジ・デザイン」は、温かみのある存在感のあるサウンドを実現しています。

アビーロードスタジオ所有のNEVE2254コンプレッサー

Golden Age ProjectのCOMP-54 mk3は、ビンテージNEVE2254コンプレッサーの美学とサウンドを見事に再現したモデルです。

1969年に設計されたNEVE2254が持つスムースでスィートなクラシックサウンドを可能な限り再現した普遍的なサウンドが最大の魅力です。

EQ-73などのイコライザーユニット(別売)をシグナルパスにインサートする事も可能であり、Golden Age Project製のプリアンプ、EQ、コンプレッサーで構成されるチャンネルを組む事が容易です。

Neve2254,ニーブ2254,33609,Golden Age Project,Comp-54,ビンテージニーヴ,ビンテージニーブ,コンプレッサー


* mk2とmk3バージョンの違い

気になる前のバージョン(mk2)との違いはあまり大きくなく、ノブやスイッチの変更、そしてEQ-73などのイコライザーユニットをインサートする場合のインサートポイントに変更があります。

1.より頑丈で信頼性の高いロータリースイッチ
2.操作性の向上した新しいノブ
3. GAP EQユニット(EQ-73)用のインサートポイントがメイクアップゲインのポテンシオメーターの直前に変更されました。これによりSNが向上しています。

Neve2254,ニーブ2254,33609,Golden Age Project,Comp-54,ビンテージニーヴ,ビンテージニーブ,コンプレッサー


信号の流れ

信号はまず最初に入力トランスに入り、ダンピングネットワークとダイオードブリッジを通過します。ここでゲインリダクションが行われます。続いてバランスFETトランジスタステージを通過し、サイドチェイン回路とトランジスタゲインステージのためのインターステージトランスフォーマーに辿り着きます。

信号は最後にアウトプットステージに入ります。アウトプットステージは3つのトランジスタでシンプルに構成され。その最後には2N3055パワートランジスタをクラスAで動作させ出力トランスをドライブさせています。

本機ではICを使用したインテグレートサーキットに比べ、驚くほど最小のアクティブ・エレメンツで回路を構成しており、圧倒的なサウンドのアドバンテージを確保しています。音楽的な美しい倍音成分やアナログならではのマジックに満ちたサウンドを聴けば、いかに現代のデジタルレコーディングにこのビンテージサウンドが必要かが理解できるはずです。

 

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

CAPTCHA