Blog

暴馬を乗りこなせ!大阪ESPカスタムショップ様にてFUZZペダルフェアが開催中。

あの名物企画が帰ってきました!大阪の中心街・梅田のESPカスタムショップ様にてFUZZペダルが大集合するFUZZFAIRが開催中。定番ものからマニアック・ぶっ飛び系まで大集結して展示する最高の企画です。

もちろんアンブレラカンパニー取扱のペダルからも、高品質でトラディッショナルなサウンドのものから個性的な飛び道具、オルタナグランジ全開なマニアックペダルまで!一挙展示中です。

アンブレラカンパニー取扱展示ラインナップ

 

・Manlay Sounds – Babyface Germanium / Silicon (Blue / Red)


ビンテージのArbiter Fuzz Face究極のレプリカ。Blueがゲルマニウム、Redはシリコンバージョン。ハンドセレクトされ最適なサウンドになるようテストを繰り返し、ビルダーRoman氏が満足のいくクオリティだけを追求したクローンペダルの極地です。

 

 

 

 

 

・Manlay Sounds – Ronno Bender
MANLAY SOUND RONNO BENDER

伝説のTone Bender MK1モデルを完全再現。ジェフ・ベック、ピート・タウンゼント、ミック・ロンソンなど数々のギタリストが愛した太くブーミィなサウンド、滑らかでクリーミーなロングサスティンを楽しめます。使い勝手を広げる2モードでサウンドに新たな可能性を見出しています。

 

 

 

・Manlay Sounds – Super Bender

2019年バイアススイッチ付きモデル

 

LED ZEPPELIN初期でジミー・ペイジが愛用したTone Bender MK2を忠実に再現。つのゲルマニウム・トランジスタはハンドセレクトされ、最適なサウンドとなるよう注意深くテストされて組み上げられます。トップに設けられたトグルスイッチでSmooth(ZEPサウンド)と Gate(Yardbirdsサウンド)を切り替える事ができるため、細かなニュアンスの違いを楽しめます。

 

 

 

・Caroline Guitar Company – SHIGEHARU(コロンビア)

オクターブを自在に操る新世代の「Muff-y」なファズドライブ。ビッグマフをベースに中域のコントロールを追加し、現代のアンサンブルに合わせた鮮明さを持ち合わせます。HAVOCスイッチで「必要に応じて」オクターブアップのオーバートーンを加えてプレイにアクセントを加えよう。懐古的になりすぎない、まさに「2000年代のロックを鳴らすツール」です。

 

 

 

・BEETRONICS – SWARM

2オクターブでハーモナイズが可能なKiller BEEファズペダル!スウィートなハモリからマッドな蜂達が暴れ狂うコントロール不能な野蛮トーンまで、様々なバリエーションを楽しめます。モジュレーションを適用してハーモニーが上から下へ発振を繰り返す危険なサウンドは、絶対にSWARMでしか味わえません。

 

 

 

・DEATH BY AUDIO – FUZZ WAR

全てをぶっ飛ばす圧倒的にマッシヴでファットなサウンド。巨大なトーンと途方も無いサスティンを持ちつつもインストゥルメントの解像度は完璧に保たれます。轟音、ウォール・オブ・サウンドを愛するDeath By Audioのベストセラーです。

 

 

 

・DEATH BY AUDIO – SUPERSONIC FUZZ GUN

何万通りものビザールなファズサウンドをクリエイトできる「光線銃」ファズ。溶解したゲートサウンド、減衰したオーバードライブ、ヘビーにフィルターしたウォール・オブ・ファズまで自由自在です。OSCモードでは全てのトーンが引き裂かれオシレーション中毒マシーンへ変貌します。

 

 

 

・DEATH BY AUDIO – MICRO HARMONIC TRANSFORMER

DEATH BY AUDIOのエッセンスが詰まったガレージサウンドファズ。Tone Benderをターボチャージしたような、荒野をバイクで疾走していくようなスピード感溢れるサウンドは病みつきになります。ベースギターとの組み合わせも最高です。

 

 

 

・Mid-Fi Electronics – Glitch Computer

 

全く予測不可能なランダム型暴走エフェクター。Blendを下げれば暴力的でクールなビッグマフにも似た疾走系ファズサウンド。ですがBlendを上げて使用するのがこいつの本領。わざとトラッキング精度を悪くした-2オクターブをブレンドし、ランダムにジャンプするオクターブモジュレーションが暴れのたうち回ります。エラーを起こしたコンピュータ、叩きのめしたFAX送信音、ランダムアルペジエイター。ライブの終わりでこいつをストンプして全てを台無しにしてやりましょう。極少数の人をうっとりとさせること間違いなしです。

 

 

 

 

オーバードライブ、ディストーションとはまた違うファズという歪みペダル。何より魅力なのは他のドライブにはない「生々しさ」だと個人的に思っています。温度や湿度によってサウンドがガラッと変わったり、セッティングで全く違う挙動を見せたり、手懐けられないほどのトンデモペダルだったり。ですが手のかかる子ほど可愛いと思ってしまうのが人間の性。一筋縄では行かないファズというペダルは妙に愛しく思ってしまうのです。

 

 

 

定番機種からブッ飛び系までFUZZペダルが一挙大集合中のFUZZFAIRは大阪ESPカスタムショップ様で開催中!期間は2020年2/1から2/29まで。ぜひ足を運んでみてください!

 

★大阪ESPカスタムショップ様のHPはこちら!
https://espguitars.co.jp/customshop/

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

CAPTCHA