Blog

NAMM2020で発表されたEmpress Effectsの新しいコンプレッサーペダル “Compressor MKII“が遂に出荷開始となります!従来モデルのプロフェッショナルな音質と機能性はそのままに、MKIIでは”Tilt”トーンEQコントロール、そして調整可能なサイドチェインハイパスフィルターが内蔵されました。さらに大幅なサイズダウンも実現、最強のコンプレッサーペダルに仕上がっています。

更に!NAMM2020ではシークレットだった”Bass Compressor“も同時アナウンスされました!こちらはフルコントロールのサイドチェインハイパスフィルターと、2ポジションの”Tone + Colour”スイッチを備え、低域の周波数帯へのレスポンスを拡大するなど、特別なチューニングを施したベース専用モデルです。

Compressor MKII、Bass Compressor共に、美しいブルー&グレーカラーの2色からお選びいただけます。

出荷開始時期は2020年11月下旬の予定です。

★サイドチェインについては、以前弊社でまとめた技術解説が参考になります。
↓こちらから↓ ご覧いただけます。
https://umbrella-company.jp/contents/sidechain/

Empress Effects
Compressor MKII

High-End Comp/Limitter

レコーディング・スタジオ品質のコンプレッサーを足下に。新機能追加+アップデートが行われたMKIIバージョン!

Empress Effectsにしか達成できない高次元のコンプレッションを可能にしたCompressorがMKIIにアップデート。スタジオ・レコーディングの名機Urei 1176コンプレッサー/リミッターからインスパイアされたサウンドはそのまま、よりコンパクトになり新機能も追加されました。

インプット/ゲインリダクションレベルのLEDメーター、独立したアタックとリリースコントロール、MIXノブによるパラレルコンプレッション、外部サイドチェインなどスタジオ向けハイエンドコンプレッサーにしか搭載されてこなかったコントロールをペダルサイズに凝縮。MKIIでは更に”Tilt”トーンEQコントロール、そしてコンプ検知回路上に調整可能なサイドチェインハイパスフィルターが搭載されています。

従来の色付けやサウンド変化の大きすぎるコンプレッサーペダルと比較して、圧倒的にハイレベルなサウンドメイクをシンプルに実現します。音楽表現や繊細なタッチを完全に制御し、サウンドを見事にコントロールするCompressor MKIIは、間違いなくすべてのプレーヤーにとって手放せない一台となるでしょう。


Compressor MKIIの特徴

・オールアナログシグナルパス: デジタル処理は一切ナシ。完全なるアナログサウンドが保たれます。
・究極のトランスペアレント・サウンド: 楽器本来のサウンドをマスクすることなく、自在なダイナミクスコントロールを可能に。
・Ratio: 2:1, 4:1, 10:1から選択し、幅広いサウンドに対応。
・Attack / Release: スタジオグレード機器同等の、独立したアタック/リリースコントロール。あらゆる状況に最適なコンプレッションを微細に達成できます。
・Mix: Dry/Wet(コンプレッション)の比率を自在に設定し”パラレル・コンプレッション”を可能に。ダイナミクスやサスティンを的確に整理しながら、一切の原音ニュアンスを失いません。
・メーターリング: インプットゲイン/ゲインリダクションレベルを視覚的に表示するLEDメーター搭載。
・Toneコントロール: 500Hzをセンターとした”tilt”スタイルのトーンコントロールを新しく搭載。サウンドのトリートメントを後押しします。
・Sidechain Send/Return: TRS3.5mmインサートで、サイドチェイン(特定の帯域へのコンプレッションを個別にコントロール)が可能になります。スタジオ録音のテクニックを達成できます。
・Sidechain High Pass Filter: サイドチェインにハイパスフィルターを装備。これで別にフィルターを接続する必要はありません!フィルターで120 / 240 Hzから選択した帯域へのコンプレッションを微細に調整し、プロフェッショナルなサウンドメイクを実現します。
・True Display LEDs: ブライトなマルチカラーLEDで、コンプレッションの情報を正確に伝えます。
・True Bypass: ペダルをバイパス時にはシグナルに一切影響を与えません。
・Small Size, Beautiful Case: 前モデルCompressorの全ての機能を網羅しながら、ほぼ半分へサイズダウン。スパークルが美しいブルーとグレーカラーからお選びいただけます。

 

Empress Effects
Bass Compressor

High-End Comp/Limitter for BASS

レコーディング・スタジオ品質のコンプレッサーを足下に。様々な機能が追加されたベース用チューンバージョン!

2011年にリリースされた前モデルのCompressorは、圧倒的な称賛を持って迎えられました。多くのシンプル過ぎるコンプレッサーペダルからから一歩踏み出し、スタジオグレード機器同等のコントロールを搭載し、プロフェッショナルなサウンドメイクを達成するCompressorはギターだけでなくベースでも最高のサウンドをアウトプットしましたが、Empressはさらなる高みを目指します。ベース・ギター用にチューニングされたBass Compressorの登場です。

前モデル同様の通常ハイエンドなスタジオ機器でしか見られないコントロールは微細な設定を可能にし、プロフェッショナルなサウンドメイクを手助けします。更に完全にコントロール可能なサイドチェインハイパスフィルターと、2つのポジションの”Tone + Colour”スイッチで豊かなキャラクターを与えます。

従来のペダルコンプレッサーでは、ダイナミクスの制御と引き換えにどうしてもサウンドの精彩を欠いてしまう事が多かったのが事実です。Bass Compressorでは音楽表現や繊細なタッチを見事に制御しサウンドを見事に整えます。間違いなくすべてのベーシストにとって手放せない一台となるでしょう。


*Compressor MKIIとBass Compressorの違い

・MKIIのサイドチェインハイパスフィルターは2つの周波数オプションから選択するのに対し、Bassは20Hz – 400Hzの間をノブで自在に設定が可能です。サイドチェインのハイパスフィルターは飛び出るハイエンドを整えつつ、同時にローエンドを完全に潰しすぎないよう、特にベースのような低域の情報量が多い楽器に対して非常に効果的です。ノブでフルに設定可能にすることで、より正確にフィルターをコントロールできます。ハイパスフィルターはそれほどギターでは重要でありませんが、MKIIにもフィルターオプションを搭載することで幅広いサウンドメイクを可能にしています。

・MKIIのToneノブに対して、Bassでは”Tone + Colour”スイッチが搭載し、ベースのキャラクターに最適化された2つのプリセットEQカーブが用意されています。1つは300Hzを中心としたミッドスクープで低域を僅かにブーストし、もう1つは2kHzを中心としたミッドブーストです。ブーストは弦の響きとピックアタックを際立たせよりアグレッシブに、スクープは濁りを取り除きウォームさが心地よいトーンへ変化させます。
Colour回路はEQカーブのいずれかをオンにすると有効になります。この回路はマイルドなクリッピングから構成されており、僅かなハーモニックディストーションを加えます。また僅かにボリュームもブーストされ、ベースに最適な相性となるようにフィルタリングも追加されています。実際ギターとの組み合わせもグッドなのですが、ベース用にスペシャルなものを作りたかったのです!内部のDIPスイッチで、EQシェイプから独立してColour回路をオフに設定も出来ます。

・Bass Compressorは低域の周波数帯へのレスポンスが拡大されています。特にInputノブを低く設定した軽いコンプレッション時に、豊かな低域を感じられるでしょう。

★サイドチェインについては、以前弊社でまとめた技術解説が参考になります。
↓こちらから↓ ご覧いただけます。
https://umbrella-company.jp/contents/sidechain/


Bass Compressorの特徴

・オールアナログシグナルパス: デジタル処理は一切ナシ。完全なるアナログサウンドが保たれます。
・究極のトランスペアレント・サウンド: 楽器本来のサウンドをマスクすることなく、自在なダイナミクスコントロールを可能に。
・Ratio: 2:1, 4:1, 10:1から選択し、幅広いサウンドに対応。
・Attack / Release: スタジオグレード機器同等の、独立したアタック/リリースコントロール。あらゆる状況に最適なコンプレッションを微細に達成できます。
・Mix: Dry/Wet(コンプレッション)の比率を自在に設定し”パラレル・コンプレッション”を可能に。ダイナミクスやサスティンを的確に整理しながら、一切の原音ニュアンスを失いません。
・メーターリング: インプットゲイン/ゲインリダクションレベルを視覚的に表示するLEDメーター搭載。
・Tone + Colour: ミッドレンジのカット/ブーストと、マイルドなハーモニックディストーションを加えてリッチなキャラクターを増強します。
・Sidechain Send/Return: TRS3.5mmインサートで、サイドチェイン(特定の帯域へのコンプレッションを個別にコントロール)が可能になります。スタジオ録音のテクニックを達成できます。
・Sidechain High Pass Filter: サイドチェインにハイパスフィルターを装備。これで別にフィルターを接続する必要はありません!フィルターは20Hz-400Hzを自在に設定可能で、選択した帯域へのコンプレッションを微細に調整。プロフェッショナルなサウンドメイクを実現します。
・Improved Low End Frequency: 低域へのレスポンスを拡大し、更にベースへ最適なチューニングへ。
・True Display LEDs: ブライトなマルチカラーLEDで、コンプレッションの情報を正確に伝えます。
・True Bypass: ペダルをバイパス時にはシグナルに一切影響を与えません。
・Small Size, Beautiful Case: 前モデルCompressorの全ての機能を網羅しながら、ほぼ半分へサイズダウン。スパークルが美しいブルーとグレーカラーからお選びいただけます。

      

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

CAPTCHA