Blog

発売前から大きな話題となっているGRACE designの「m908」サラウンド・モニター・コントローラが、2019年1月26日、カリフォルニア州アナハイムのヒルトン・パシフィックボールルームで開催された、第34回NAMM TECアワードにて「2018 NAMM TEC Award」を見事に受賞いたしました!!

毎年、NAMM Foundationによって開催されるTEC Awardsは、録音、ライブパフォーマンス、映画、テレビ、ビデオゲーム、マルチメディアのサウンドの背後にある技術革新に対して表彰されるアワードで、23のテクニカルなカテゴリーに対してノミネートされた各製品から最優秀製品が選ばれます。NAMM TEC Awardsは、プロオーディオおよびサウンドレコーディング業界の「オスカー」であり、最も優れた製品に対して与えられるとても名誉ある賞です。また、Les Paul、Quincy Jones、Joe Perry、Pete Townshend、Stevie Wonderなどのクリエイティブな著名人に対する音楽的貢献に対しても毎年アワードが授与されています。

GRACE design m908は、最大22.2chのサラウンドフォーマット、およびイマーシブ・サラウンドに対応する、最も優れた技術と音質を持ったモニターコントローラーです。強力なDSP機能、最新世代のAD/DAコンバーター、そして非常に直感的なコントロール・プラットフォームを持ち合わせ、オールインワンのモニタリングソリューションを提供できる機材です。

GRACE design m908の至る所に見つけられるその「技術的革新」が高く評価され、栄えある第34回NAMM TECアワードの「Amplification Hardware/Studio & Sound Reinforcement」部門の受賞となりました。

すでに本国では開発を終え、現在は出荷開始を待つばかりとなっており、日本国内でも資料と日本語ホームページが整い次第の正式発表となります。初回ロットが入荷次第、すでにご予約をいただいているお客様分から順に出荷開始できるよう準備を始めております。どうぞご期待ください。

実は今回の第34回NAMM TECアワードには、弊社アンブレラカンパニーのスタッフもGRACE designと共に参加させていただきました!
招待者のみの授賞式・パーティーなのでなかなか実際の授賞式に参加できる機会は少ないのですが、GRACEのスタッフとして席を用意していただけたのです。私はGRACE designと一緒に仕事をし始めて、すでに20年以上となりますので、GRACE designの名前が呼ばれた瞬間はかなり興奮してしまいました!最高の瞬間を共有できてとても嬉しかったです!!

サプライズなゲストもたくさん!ハービー・ハンコック。

スティーブ・ルカサー!

先日のTFoMでも来日していた、電子音楽界の大御所スザンヌ・チアーニ

Les Paul Awardを受賞したPeter Framptonはたっぷり演奏を聴かせてくれました。数年前の受賞&パフォーマンスはPETE TOWNSHENDだったようで見たかった!

最後にGRACE designのFACE BOOKに、GRACE designで一緒に働くスタッフ一同から、創立者であるマイケル・グレースとイーベン・グレース兄弟にメッセージが投稿されていたので、それを伝えたいと思います。素晴らしい製品が開発される背景には、GRACE design社のスタッフ全員の素晴らしい人間性がある事が伝わってきます。

25年前、グレース兄弟(左側がマイク、右側がイーベン)は、自らの名前を冠した会社「GRACE design」を設立しました。

彼らの目標は、極めてハイレベルで機能し、信頼性があり、最高のアフターサポートを提供する、オーディオ・プロフェッショナル向けの製品を設計/製造することでした。 そしてその最初の日から、顧客、ディーラー、ディストリビューター、そして従業員の全員が、尊敬、誠実さ、そして公正さをもって扱われることが彼らにとって重要でした。それは家族が増えていくようなものです。

この25年間で、製品ラインは大幅に拡大しましたが、Grace designのコアとなる価値は全くそのスタート時点のまま同じです。

私たちは彼らをとても誇りに思っています!
この最高の旅に私たちを参加させてくれたマイクとイーベンに感謝します。
素晴らしい25年間おめでとうございます。

– グレースデザインのクルー全員より

 

★ GRACE design ホームページ
http://umbrella-company.jp/gracedesign.html

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー