Umbrella Company

ng76

1176 Limiting Amplifier w/Digital Recall
ng76:230,000円(税込 253,000円)
ng76 Stereo Matched Pair:460,000円(税込 506,000円)
デジタルリコール/プラグインコントロールを備えた理想的な「1176」。

WesAudio “ng76″は、レコーディング機器のレジェンド「Urei 1176LN」に多くのアップデート加え、さらにデジタルリコール/プラグインコントロールを追加した理想的な「1176」です。

音声信号は完全にアナログ回路しか通過しませんが、その全パラメーターはDAWのプラグインからデジタル制御が可能です!1176の伝統的なアナログサウンドはそのままに、リコールやオートメーションといったプラグインの利便性を活用できるようになります。

ng76

CONCEPT

全く新しいユーザビリティを実現する新世代の「1176」
ng76の信号経路は完全なアナログでありながら、全てが完璧にデジタルコントロール可能です。そのため多くの役に立つ機能を最先端の手法で利用する事が可能です。
さらに詳しく
100%アナログのFETコンプレッサー
アナログの1176コンプレッサーをデジタルコントロール。MIXノブやサイドチェインEQなど、新たな機能も搭載しています。さらにリビジョンFとGを再現する事も可能です!
さらに詳しく
トータルリコールとプラグイン・コントロール
ng76ではアナログ回路をPC上のDAWプラグインから完全にコントロールできます!もちろんハードからのオートメーション書き込みや設定のトータルリコールに対応します。
さらに詳しく

DETAIL

全く新しいユーザビリティを実現する新世代の「1176」

ng76

● 24dBuのヘッドルームを持つ100%アナログ・FETモノコンプレッサー
● WesAudio Beta76に基づいた、名機さながらな反応の早いコンプレッション
● ほとんどのDAWに対応したフル・トータルリコールとプラグインとしてのコントロール
● FETスタイルのクラシックなコントロール – INPUT / OUTPUT / ATTACK / RELEASE
● パラレル・コンプレッションのために追加されたMIXコントロール
● カーンヒル製トランス搭載(入力、出力)
● サチュレーション・モード – コンプレッションを行わずにFET回路でのサチュレーションのみを加える特別なモードで、INPUTとOUTPUTをそれぞれ反対方向に動かすワンノブでのコントロールが可能。これによってng76をサチュレーションボックスもしくはクリッパーとして使用することができます。
● 選べる四つのレシオ 4:1 / 8:1 / 12:1 / 20:1 – 「全押し」を含むすべての組み合わせが可能
● ModernモードとVintageモードによって、1176の二つのリビジョン(FとG)を再現:
-Vintage – トランスバランス
-Modern – 電子バランス
● 二つの独立したセクションで構成される、洗練されたサイドチェインEQ:
-HPF 60Hz/90Hz/150Hz – コンプレッション時にローエンドの情報量を維持
-High Shelf 2kHz/5kHz/10kHz – ハイ/ハイミッドを強調し高域をコントロール
● ヴィンテージ・ゲインリダクションメーター
● 精密な入出力レベルの測定

● 独立した二つの設定を比較できるハードウェアA/Bボタン
● THD – HIGHとLOWの設定から選べる、FET回路ならではのトータル・ハーモニック・ディストーション
● 完全なデジタルコントロールと、アイソレートされたアナログ回路
● DAW上でのアナログ・オートメーション
● デジタルプラグインでの操作を可能にするUSBおよびイーサーネット接続
● EIA2Uサイズ

ng76 Stereo

● 工場出荷時にコンポーネントレベルでの特性マッチングを行ったステレオマッチドペア
● 専用ソフトウェアでのリンクが可能な2つのセパレートされたモノチャンネル
● 同梱の専用ケーブルでコントロール信号をリンクさせ、完全なステレオコンプレッシングが可能
● EIA2Uサイズ × 2台

 

全く新しいユーザビリティを実現する新世代の「1176」
100%アナログのFETコンプレッサー
100%アナログのFETコンプレッサー

ng76は24dBuのヘッドルームを備えたアナログコンプレッサーです。デジタルコントロールでありながら、数多の名盤で使われた高速なコンプサウンドを手に入れることができるだけでなく、パラレル・コンプレッションを実現するMIXノブや、洗練されたサイドチェインEQなど、新たな機能も搭載しています。

また、選択可能なインプットステージ(Modern/Vintageモード)によって、1176の二つのリビジョン(FとG)を再現することができます。

トータルリコール&プラグインコントロール

ng76の最大の特徴であるアナログ回路の完璧なデジタルコントロールは、レコーディングやミックスにおいて革命的な利便性をもたらします。USBやイーサーネットで接続されたDAWのプラグインから全てのパラメータを追従させることができるため、トータルリコールやオートメーションを自在に行う事ができるようになります。

また本体のみでも、ハードウェアA/Bボタンを使って2つの異なる設定をボタン一つで簡単に切り替えることができます。

トータルリコール&プラグインコントロール
極上のサチュレーションを自在にコントロール
極上のサチュレーションを自在にコントロール

オーディオ機器においてトランスフォーマーは重要な要素の一つです。極上のウォームなサチュレーションを生み出すカーンヒル製のトランスは、ng76にヴィンテージなフレーバーを加えます。

Ng76ではTHDボタンによって煌めくような歪みを加えることができ、HighとLowの設定から選択することができます。FET回路ならではのこの機能によって、コンプレッション時のサチュレーションを調節することができます。

また、特別なサチュレーション・モードでは、コンプレッションを行わずにFET回路でのサチュレーションのみを加えることも可能です。ノブを回すだけで美しいサチュレーションを加えられます。

ng76Stereo -ステレオマッチド・ペア

工場出荷時に正確にマッチングされたステレオペアのユニットが用意されています。専用ソフトウェアにより1つのデュアルチャンネルユニットとして使用することができます。

  • ディテクターリンク用の追加ケーブル(2本)が付属しています
  • ステレオプラグインを使用してステレオで動作するようにキャリブレーションされたユニットです
  • 全パラメータは専用ソフトウェアで完全にリンクされ、片側のチャンネルを変更するとリンクされたユニットも更新されます
  • フロントパネルのSCリンクボタンにより、トゥルー・ステレオ・コンプレッション/デュアル・モノ・コンプレッションを選択可能です

FETコンプレッサーのステレオマッチングには、コンポーネントレベルでの作業が必要となるため、ランダムな2台のng76で正確なマッチングレベルを得ることは難しく、ステレオで使用されたい場合には ”ng76Stereo”をお買い求めください。

ng76Stereo -ステレオマッチド・ペア

CONTROL

1. Input
コンプレッサーへの入力シグナルのレベルを決定します。
2. Output
コンプレッサーの出力レベルを決定します。
3. H-LINK LED
ホストモジュール接続の状態を示します。
4. Attack
アタック・タイムを20μsから800μsまでの間で設定します。Attackノブが時計回りに回し切りで最も短く、反時計回りに回し切りで最も長くなります。
5. Release
リリース・タイムを50msから1100msまでの間で設定します。Releaseノブが時計回りに回し切りで最も短く、反時計回りに回し切りで最も長くなります。
6. DATA LED
ホストからデバイスにデータが送信されていることを示します。
7. MIX
WET / DRY シグナルのミックスバランスを調整します。
8. SC Filter EQ/ SC Link
このノブには二つの機能があります。

a. 背面のTRSソケットを通して二つのユニットが接続されているとき、このノブを押すことでサイドチェイン・リンク(ステレオリンク)のON/OFFが切り替わります
b. ロータリーエンコーダーでサイドチェイン回路のEQを選択可能
i. 最初の6つのステップは1種類のEQカーブから選択します
ii. さらに右へ回すと、HPFとHigh Shelf を組み合わせて使用が可能になります
9. Saturation mode
サチュレーション・モードの有効/無効を設定します。サチュレーション・モードが有効な場合、サイドチェイン・フィルター、アタック、リリース、レシオコントロールは無効にます。
10. A
2つの異なる設定を比較するために使用できる、内部プリセットメモリーボタンです。
11.INPUT MODE
INPUTモードであるVINTAGEモード(トランスバランス)とMODERNモード(電子バランス)の切り替えを行います。
12. BYPASS
トゥルー・バイパス
13. THD
トータル・ハーモニック・ディストーション – 選択可能な設定: OFF/LOW/HIGH
14. B
2つの異なる設定を比較するために使用できる、内部プリセットメモリーボタンです。
15. INPUT メーター
処理前のINPUTレベルを示すメーターです。(-10dBu~24dBu)
16. ゲインリダクションメーター
ゲインリダクションを示すメーターです(サチュレーション・モードのときは、このメーターは無効になりますのでご注意ください)。
17. OUTPUT メーター
OUTPUTレベルを示すメーターです。 (-10dBu to 24dBu)
18. Ratio
レシオはコンプレッションの深さをコントロールするボタンで、4:1で最もかかりが弱く、20:1で最もかかりの強い設定となります。加えて レシオをすべてオフにし、コンプレッションを行わない設定や、レシオを様々に組み合わせて使う設定も可能です。複数のレシオを組み合わせるには、レシオを同時に押すか、1つのレシオを長押ししながら他のレシオを押すことで複数のレシオを組み合わせて使用することができます。
19. POWER Button
電源スイッチ
20. Voltage selector
115V(60Hz)と230V(50Hz)を選択。
21. AC socket
電源ケーブルを接続します
22. Fuse holder
ヒューズホルダーには2本のヒューズが入っており、1本はデフォルトのもの、も う1本は予備です。何らかの理由で電源が入らなくなった場合は、ヒューズを交換し問題が解決するかどうかを確認することをお勧めします。 重要: 各電圧規格でヒューズの種類は異なります:
a. 115V – T630mA (スローブロータイプ)
b. 230V – T315mA (スローブロータイプ)
電圧設定を変更する場合は、必ず適切なヒューズを入手してください。
23. USB Socket
GCon接続(管理用)用USB2+対応ポート
24. ETHERNET Socket
UDPプロトコル(単一サブネットのLAN)によるGCon接続(管理)用イーサネットポート。通信ポートは同時に使用できません。
25. Serial number
シリアル番号が記載されています
26.TRS LINK
ステレオリンク用の端子。
27. XLR INPUT / XLR OUTPUT
シグナルの入出力端子

DEMO

SPECIFICATION

Attack time20 us – 800 us
Release time50 ms – 1100 ms
Compression ratio4:1; 8:1; 12:1; 20:1; all button mode and all combinations True Bypass
SC High Pass filter60,90,150Hz
SC High Shelf filter2KHz, 5KHz, 10kHz
Output impedance50 ohm
Frequency response20Hz to 20kHz (+/- 1dB)
Signal to noise ratio SNRSNR >83dB
Max signal level+24dBu
THD+N MIN0.2%
Noise floor-95dBu
Power consumption8W
Dimensions88x483x235mm
Weight6 kg
Power110-120V
Case Rack2U

SUPPORT

DOWNLOAD

ファームウェアアップデートとソフトウェア

WesAudioソフトウェアのパッケージには以下が含まれます

・AAX/AAX DSP/VST2/VST3/AU プラグインバンドル
・ハードウェアのファームウェアとアップグレードアプリ
・GConManager – WesAudioをスタンドアローンでコントロールする管理ソフト

アップデートの方法は以下の動画でも説明されています
https://www.youtube.com/embed/RG1t176BfKE

WesAudio最新ソフトウェアのダウンロードはこちら
TOPへ戻る