Blog

細部にわたる設計のこだわりが尋常ではない!

Buffer2 はPODやFRACTAL AUDIO AXE-FX2などのデジタルアンプシミュレーターのサウンドに、オーガニックな真空管アンプサウンドとサスティーンを加えるために開発されています。も ちろんエフェクターペダルの前後にBUFFER2を追加してサウンドシステム全体のトーンを整えることも可能です。

ローインピーダンスのアウトプット仕様となっており、ホームレコーディングにおけるギター録音や、その他の楽器録音にも活躍いたします。

独立した2つのチャンネルとボリュームを備え、ステレオ入力に対応しています。

ライン出力は同じくフォーン端子で2系統用意されています。

完全なハンドワイヤリング、ポイント・トゥ・ポイントで仕上げられ、NOS Allen Bradleyの抵抗、 WimaとMallory のコンデンサ、テフロンコートの銀線など、アメリカを中心にコアなファンを増やし続けているハンドメイドアンプの制作で鍛え上げたノウハウが詰め込まれて います。RFノイズを完全に遮断するキャストアルミニウムの筺体などあらゆる細部にこだわったプロ仕様が魅力です。

小型ながらパワーサプライを内蔵しているこだわり、12AU7真空管による巧みなローゲインアンプ~ローインピーダンスのバッファーステージへと流れる美しい設計はRED IRON AMPSならではのものです。

 

アンプシミュレーターで試してみました

Buffer2 をアンプシミュレーターPODと接続してレコーディング環境で試してみます。

まずはPOD直接のサウンドを聞いてみます。
聴きなれたサウンドといえばそうなのですが、まず張り付くようなサウンドで、高域が耳に痛いデジタルサウンドが弾く気を失せさせます・・・。PODはよく 個々のアンプの特徴をつかんでいるし面白いし便利なのですが、本物の真空管アンプとは比べてはいけないものと割り切って使うもの、と改めて再認識してしま います。またピッキングの強弱、ニュアンスは・・全くといっていいほどでません・・・下品なデジタルコンプでわざと平坦にしたような「のっぺり」したサウ ンドで無表情。繊細な表現が全くできません。

次にPODの後にRed Iron AmpsのBuffer2を接続してみました。

一聴してサウンドが極めて音楽的になったことが分かります。滑らかで気持ちよく「もっと弾いていたい」と思わせるサウンドです。艶があります。サスティン が心地よく伸びます。高域がベルのように鳴り、中低域の深みが美しく響きます。なんかすごい!わくわくするほど良いぞ!このBuffer2はブースター的 に使えるようゲインを持っているので、少し突込み気味にPOD自体のボリュームとBuffer2のボリュームでバランスを取ってみます。今度はサウンドの 艶やかさが増し、同時に力強さが加わります!ここまで試して、デザイナーのサウンドセンスの良さを実感しました。ギターサウンドを知り尽くした(例えば James Demeterのような)デザイナーにしか出せない魔法のようなサウンドがこの赤い小箱に詰め込まれています。デザイナーのポール氏はRed Iron Ampsでのギターアンプの販売と評価を伸ばしており、Kendrick Ampで鍛え上げたその手腕を発揮しています。細かなパーツ構成へのこだわり方などアンプ製作のノウハウがかなりこのBuffer2にも活かされているよ うです。

クリーントーンではサウンドが ぐっとリッチになり、表現力が増します。これは一番驚いた点ですが、弱く弾いたときと強くピッキングしたときなどの微妙なニュアンスが驚くほどでてくるの です。POD直ではこの平坦さが音楽を完全に失ってしまっていましたが、Buffer2を通すだけで全然異なる表現力でギターが弾けます。弱くピッキング しながら、だんだんと強く弾いていった場合に、POD直だと機械的に(デジタルステップのような感じで)小→中→大となってしまい変化に乏しいのですが、 Buffer2を通したサウンドではアナログならではの無段階の滑らかさが復活するので不思議です。指が実際の音についてくるこの感覚こそ、本物の真空管 アンプを弾いている感覚です。

歪みを強くした場合には音の立体感と密度が変化し濃密なサウンドになります。PODの無意味に広いダイナミックレンジをギターに適切なレンジに調整してく れる感じです。チョーキングのサウンドは、ほど良い真空管特有のハーモニクスと、アタック音のコンプレッション感が心地よく、リアルアンプサウンドをヘッ ドホンで聴くことができて感動します。

POD直のサウンドと、Buffer2経由の音ははっきりいって全く別物のサウンドです。本当に「こんなに良くなるんだ!」とびっくりしてしまうほどの効果でした。

PODやFractalのAxe Fx、または多くのPCベースのアンプシミュレーター系ソフトをお使いの方で、そのサウンドに「イマイチ感」を感じている方は多いと思います。そんな方にピッタリの一台です!

 

Red Iron Amps Buffer2 製品ページはこちら

 

 

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

CAPTCHA