Blog

BASTL INSTRUMENTSのDudeは、バッテリー(またはパワーサプライ)で動作する5チャンネルのポータブル・オーディオミキサーです。ミニジャックの入力と出力を備え、各チャンネルにはミュートボタンと+20dBのゲインコントロールがあります。DUDEはモノフォニック・ミキサーですが、ヘッドフォンを駆動することができ、ステージ上のポータブル機材や、いくつかのガジェット系楽器やシンセサイザーなどをちょこっとまとめてサブミックスするには最高のコンパクト設計です。

DUDEは単三電池X4本、または外部ACアダプター(別売)で動作し、その大きさは電池パックと同じくらい小さく設計されました。各チャンネルには十分なゲインがあるので、パッシブイコライザや、その他の簡単な回路を介して、信号を入力に出力を戻すことで、トーンジェネレータのように使うこともできるデザインです。

特徴:
・5チャンネルモノフォニックミキサー
・チャンネルごとに最大+ 20dB(10倍)のゲイン・ノブ
・チャンネルごとの専用ミュートボタンスイッチ(機械式スイッチ)
・ヘッドフォンを駆動するためのデュアルモノ出力
・単三電池×4本(別売)または外付けACアダプタ(別売)で電源供給9-12VDC(極性はセンター+)

 


パワー

0、DUDEは、4x単三電池、または9-12VDCの外部電源によって駆動されます。極性はセンタープラス (内径2.1mm)です。電源ジャックにACアダプターを差し込むと、電池駆動の回路が切れ、Dudeには外部からの電源が供給されます。

1、JUICEボタンを押して、DUDEをONまたはOFFにします。デバイスの電源が入っているかどうかを確認するには、MUTEボタンスイッチのいくつかを押して、ライトが点灯しているかどうかを確認します。


ミキシング

2、DUDEには5つのモノラル入力チャンネルがあります。各チャンネルには前面に入力ジャックがあります。モノラルまたはステレオ信号/ケーブルを挿入できますが、ステレオジャックで入力した場合にはDUDEは左チャンネルのみをミキシングします。

3、各チャンネルの信号はMUTEスイッチ・ボタンに送られます。チャンネルのLEDが点灯すると、信号が通過し、チャンネルがアクティブであることを意味します。MUTEスイッチのボタンは機械なスイッチであり、クリックレス設計ではありません。低調波成分(サイン波)のスイッチング信号は可聴クリック音を発生させる場合があります。

4、各チャンネルのゲインノブで増幅量(センター〜最大方向)または減衰量(センターから最小方向)を設定します。チャネル当たりのゲイン量はは最大+20dB(10×ゲイン)です。

5、すべてのチャンネルからの信号は、アクティブなサミングステージと、モノラルからステレオスプリッタに供給され、左右のチャンネル用に別々の出力バッファが用意されています。これにより、出力ジャックはヘッドホンを使用して左右からデュアルMONOでモニタリングできます。またモノラルケーブル、またはステレオケーブルが使用できます。


FEATURES

・5チャンネルモノフォニックミキサー
・チャンネルごとに最大+ 20dB(10倍)のゲイン・ノブ
・チャンネルごとの専用ミュートボタンスイッチ(機械式スイッチ)
・ヘッドフォンを駆動するためのデュアルモノ出力
・単三電池×4本(別売)または外付けACアダプタ(別売)で電源供給9-12VDC(極性はセンター+)


DUDEについて

BASTL INSTRUMENTSのDudeは、バッテリー(またはパワーサプライ)で動作する5チャンネルのポータブル・オーディオミキサーです。ミニジャックの入力と出力を備え、各チャンネルにはミュートボタンと+20dBのゲインコントロールがあります。DUDEはモノフォニック・ミキサーですが、ヘッドフォンを駆動することができ、ステージ上のポータブル機材や、いくつかのガジェット系楽器やシンセサイザーなどをちょこっとまとめてサブミックスするには最高のコンパクト設計です。

DUDEは単三電池X4本、または外部ACアダプター(別売)で動作し、その大きさは電池パックと同じくらい小さく設計されました。各チャンネルには十分なゲインがあるので、パッシブイコライザや、その他の簡単な回路を介して、信号を入力に出力を戻すことで、トーンジェネレータに切り替えることもできる独創的なデザインです。


ミキサーとして、またはサウンドプロセッサとして

各チャンネルのゲインつまみがクリップしない範囲にある場合は、DUDEは非常にクリーンなミキサーです。シグナルがさらに増幅されるにつれて、信号は飽和し始め、全体的なミックスは倍音感を増しサウンドを変化させ、サウンドのカラー・質感のためのサウンドプロセッサーのように利用することもできる設計になっています。。


モジューラー・シンセのミキサーとして

DUDEをパッシブ信号のスプリッタと組み合わせて使用​​する場合、さまざまなミキシング・シナリオに設定できます。 2つのDUDEを使用すれば、エフェクトのセンド・チェーンを実現できます。


トーン・ジェネレーターとして使う

DUDEは非反転ミキサーで信号の位相を反転させません。したがって、出力を任意の入力に戻し、フィードバックさせて、発振音を発生させることができます。信号をシンプルなEQで実行することで、音色のピッチや文字を変更することもできます。より洗練されたエフェクトがフィードバックループ(コーラスやフェイザーなど)で使用されると、全体的な音の生成プロセスはずっと複雑で面白いものになるでしょう。入力/出力ジャックでパッシブ信号スプリッタを使用する方法は特にお勧めです。同じ信号を異なるゲインで複数の入力に適用すると、MUTEボタンスイッチとの相互作用で、調整可能な発信によるインストゥルメンツを構成できるからです。

バッテリーやヘッドルームについて

充電式またはアルカリ乾電池をDUDEで使用できます。しかしながら一般的に、充電式バッテリはヘッドルームに余裕がないことに注意してください。別売の外部電源アダプターを使用すると、電源は6Vまで調整され、アルカリ電池と同じヘッドルームが得られます。

ヘッドルームはクリッピングを開始する前の信号のスレッショルドです。ラインレベルの信号+/- 1Vで使用すると、+ 10dBブースト以上でも十分なヘッドルームが得られます。バッテリが放電すると、ヘッドルームが低下する可能性がありますが、よりユニークな種類の飽和が発生し、倍音を得た信号が得られるでしょう。

 

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

CAPTCHA