Blog

ビンテージ真空管コンプの名機 LA-2Aをより使いやすいパネルデザインで再現し、国内でも発売以来高い評価を得ているGAP(Golden Age Project)の新作COMP-2Aのレビューが、サウンドデザイナー誌(2017年7月号)に掲載中です。

「倍音の歪みがいい感じ、音がきらびやかな印象」、「オリジナルと(異なり)リリースが早めで、しかも効きが自然なので非常に使いやすい」、「HFコントロールを使えば、低域をしっかりと前に出しつつ、高域だけコンプで潰すことも」、「ベース、ボーカルに最適ですが、ギターにも」など高い評価でレビューしていただきました。

最後に「これ、欲しいです!」とも書いていただき大好評だったようです!ありがとうございます。

ぜひ書店でお買い求めいただき、記事をチェックしてみてください!特集「厳選 真空管モデル」の中の59ページに掲載中です。

 

GAP COMP-2Aについて

GAP(Golden Age Project)のCOMP-2Aは、真空管コンプレッサーの名機『LA-2A』を再現したコンプレッサー/レベリング・アンプです。バキューム・チューブとサイドチェイン、入出力のバランス回路には、それぞれの目的にオプティマイズされた個別のトランスフォーマーが配されています。クラシック・デザインに忠実なリアル・ビンテージ回路にこだわったことで、当時のサウンドを完全に再現しており、プラグインなどとは比較にならない「本物の真空管コンプレッション・サウンド」を楽しむことができます。

COMP-2Aのもつ、芳醇で活き活きとしたチューブ・サウンドは、プラグインなどのデジタル・シミュレートでは決して表現できない、とても有機的な「本物のアナログ質感」をトラックに与えることができます。デジタル録音が主流の現代において、このようなリアルなアナログ・サウンドが求められています。

オリジナルでは背面に装備されていた、様々なスイッチやコントロールは全て前面に配置。より使いやすくアップグレードされています。

 

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー