Home / / Wes Audio

......................................................................

ngLEVELER

Next generation automation system

......................................................................

スタジオワークの統合に便利な機能を搭載した、アナログのオートメーションシステム。


Wes Audio ngLEVELER “Next generation Leveler” はスタジオワークの統合に便利な機能を搭載し、DAWプラグイン経由のトータルリコールシステムを備えた、16チャンネルのアナログのオートメーションシステムです。

オートメーションエンジンに加え、それぞれのチャンネルにアナログのサチュレーションを加えてミックスの中で際立つ存在感を与えます。

ngLEVELERは、スタジオの中心的存在となるために開発されました。シンプルなアナログ接続により、多くのアプリケーションで使用できます。

¥255,000(税抜)


| 製品詳細  | 製品マニュアル |




製品写真

ngLEVELER - "Next generation Leveler" はスタジオワークの統合に便利な機能を搭載した、アナログのオートメーションシステムです。
オートメーションエンジンに加え、それぞれのチャンネルにアナログのサチュレーションを加えてミックスの中で際立つ存在感を与えます。

ngLEVELERにはコントローラーは無く、次の方法で管理できます。

- DAWプラグイン
- HUIコントローラー
- または両方

このアプローチにより、DAWプラグイン経由のトータルリコールシステムを備えた、非常に便利なフェーダーコントロールを行うことができます。
ngLEVELERは、スタジオの中心的存在となるために開発されました。シンプルなアナログ接続により、多くのアプリケーションで使用できます。



★ngLEVELER オーバービュー、機能の概要と実践(日本語字幕付き)


★ngLEVELER 外部コントローラのインテグレーション(日本語字幕付き)




【主な機能】

専用のプラグインコントロールにより、アナログ信号を簡単に呼び出してオートメーションできます!



1.Opposite quad チャンネルリンク:
2つのステレオチャンネルを反対方向にリンクします。つまり、チャンネル1および2のレベルを上げると、チャンネル3、4のシグナルが同じ分だけ減衰します。同じシグナルレベルを保ちながらステレオアナログユニットをドライブさせたい時に便利な設定です。

2.チャンネルモード:
このパラメータは、隣同士のチャンネルがどうリンクされるかを設定します。次のオプションがあります。

a.OFF - リンクなし、ピュアなデュアルモノ動作です。

b.STEREO - 2つのチャンネルはまったく同じ設定を共有します。

c.Liked - 2つのチャンネルが相対的にリンクされます。

- デュアルモノアナログデバイスをステレオペアとして使用しながら、異なるチャンネルレベルを補正するための最適な解決策となります。

d. Linked Oppsite

- 2つのチャンネルが相対的、かつ反対方向にリンクします。チャンネル1のレベルが上がると、チャンネル2は同じ分減衰します。モノラルのユニットを強くドライブさせたときの動作の再現時に便利な設定です。このときngLEVELERのチャンネルXのOUTは貴方のデバイスのINに直接接続され、チャンネルYの入力はデバイスOUTからの信号を直接受け取ります。


3. THD -
THDを次のステップで切り替えます。 - OFF(LEDが無効),MED, HIGH

4. SOLO / MUTE -
対応するチャンネルのソロとミュートを切り替えます。

5. INメータリング - 対応するチャンネルのPAD後、かつngLEVELERのメイン回路通過前(レベリング、THD,ソロ、ミュート)の信号レベルを計測します。

6.フェーダー -
レベルコントロール。

7. OUTメータリング -
対応するチャンネルのngLEVELERのメイン回路を通過した後の信号レベルを計測します。


8. チャンネル名 -
ユーザーで設定が可能なチャンネル名です。外部コントローラーを使用している場合、そこにも表示されます。


9. PAD -
パッシブ6dBアッテネーター。


【HUI コントロール】


ngLEVELERはHUIとの完全な互換性を持ち、その機能のほとんどはHUIコントローラーから直接マネジメントできます。

使用するには、ngLEVELERが利用可能なPC / MACにHUIコントローラーを接続すればOKです。(USBで同じマシンに接続されるか、イーサネット接続を使用した場合は、同じネットワーク内に存在させることができます)

このアプローチのメリットは、HUIコントローラーからngLEVELERをコントロールするためのアプリケーション(DAWプラグイン)を使う必要がないことです。PC / MACにログインするだけで全ては完了します!

 ngLEVELERにMackieコントロールが追加されています! 最新の実装では、Euconアーティストミックスコントロールサーフェスを含む、ほとんどのコントローラを使ってngLEVELERを管理することができます。



設定オプション:

1. HUIコントロールによるngLEVELERの操作

- この機能はHUIコントローラーのみを使用して、ngLEVELERのパラメーターを管理します。このモードでは、HUIコントロールサーフェスをDAWで使用することはできません。


2. HUIコントロールによるDAW統合を備えたngLEVELERの操作

- このモードは1.のモードと同じ様に動作しますが少しだけ違いがあり、全てのトランスポートやスペシャルファンクションはDAWを介します。HUIコントローラーのフェーダーセクションは、ファンクションキーでngLEVELERコントロールとDAWコントロールを切り替えることができます。


3. HUIデバイスとしてのngLEVELER

- このモードではngLEVELERはHUIコントローラーとして機能し、DAWセッションの最初の16フェーダーで制御できます。


【快適な接続性】

アナログ:DB25
デジタル制御:USBまたはイーサネット




【THD】

THD - 各チャンネルのミックスに倍音質感を加ることができます。

THDは「全高調波歪み」の略で、美しいアナログカラーでシグナルをサチュレートさせることができます。






【アナログ・オートメーション】

楽曲ごとにデバイスの設定を使い分けたいとおもったことが誰でもあるでしょう。
ngLEVELERはそれを可能にします!DAWにオートメーションのラインを引くだけで、アナログ機材がそれに追従します。

また、HUIコントローラーを使用して、DAWにオートメーションを記録することもできます





【使用例】

1.サミングステージのオートメーション

ngLEVELERはシグナルレベルのマネジメントやオートメーションを必要とする、どんなステージのアナログチェインとも統合させられます。アウトボード機器からサミングステージへ向かうシグナルの、レベルマネジメントやオートメーションが考えられます。考えられる有用な状況を以下に紹介します。


-ポストコンプレッションのオートメーション、またはレベルマネジメント-

コンバーター(DAWオートメーション)から出力されるシグナルレベルを変更すると、コンプレッサーは通常とは違う働きになります。これはオートメーションを不可能にし、シンプルなシグナルレベルのバランスを変更するだけでも問題の多い状況です。

このセットアップではサミングステージのシグナルレベルを同じに保ち、オートメーションとシグナルレベルの管理をngLEVELERに任せることが出来るので、セッションのロード毎に簡単にリコールすることが出来るようになります!


-出力シグナルのマネジメントとオートメーション-

全てのアウトボード機器にはスウィートスポットがあり、通常は入力されるシグナルレベルによります。そして殆どの場合、入力するシグナルではなく出力されるシグナルをオートメーションさせたいはずです。ngLEVELERを使用すればこのシグナルを簡単にマネジメントできます。

・アナログステージでのクリッピング無し
・必要ならオートメーション可能




例1 - サミング・オートメーション/レベルマネジメント




例2 - サミングミキサー/コンソールのインサートポイントのオートメーション





例3 - サミングミキサー/コンソールグループのインサートポイントのオートメーション




2.アナログ・アウトボードのオートメーション

この例では、ngLEVELERをアナログアウトボード処理の入力と出力の間に統合しています。もちろん必要なら出力のみ、入力のみに設定も可能です。ngLEVELERは多くのオーディオインターフェースが扱えない高レベルなシグナルで作業することを可能にします。

入出力シグナルの微細なレベルマネジメント
高レベルなアウトボート出力シグナルへのサポート(ngLEVELER +24dBU, 6dB PAD)により、ADコンバーターに送られるシグナルを適切に調整できます。






3.アナログ・アウトボードのドライブ

アウトボードの前後にステレオ処理を構成し、チャンネルの入出力レベルを反対方向にリンクできます。そのため、外部プロセッサーの入力のレベルを上げる一方で、出力は自動的に減衰させながら次の接続先に送ることができます。ビンテージ機材の高価なプロセッサーのスイートスポットも簡単に見つけることができます。





4.レコーディング・セッションでのマネジメント

スタジオではレコーディングとミキシングセッションを管理する中心的なピースが必要です。ngLEVELERはA/Dコンバーターへのレベルを正確に設定し、アナログのサチュレーションを加えて、更にSolo/Muteでセッションを簡単に管理することができます。

・ngLEVELERの6dB PADと+24dBuヘッドルームによる、A/Dコンバーターへ入力されるシグナルレベルの正確なマネジメントが可能。マイク・プリアンプからの極めてハイレベルなシグナルを、簡単に扱えるようにします。
・各セッションのレベルシグナルは、セッションの呼び出し毎に簡単にリコールできます。





Specs:

  • THD+N(20Hz-20kHz) at 0dBu < 0.008%
  • Freq response: 0-250kHz (-3dB)
  • Input impedance  > 10kohm
  • Output impedance < 50ohm
  • Channels crosstalk > 100dB
  • Max input level:  +25dBu
  • Max output level: +28dBu
  • Dynamic range > 118dB
  • Hardware Digital resolution: ~2500 steps per channel*






アンブレラカンパニー | クリエイティブでユニークな音楽制作機材と楽器の輸入販売
株式会社アンブレラカンパニー
〒196-0022
東京都 昭島市 中神町 1157-11

TEL 042-519-6855
FAX 042-511-9656
© Copyright 2012 Umbrella Company