Home / / Umbrella-Company

......................................................................

Hitchhike Drive

Overdrive / Pre Amp

......................................................................

ビンテージ・ツイード・アンプの響きを、ダイナミックにコントロールできるオーバードライブ/プリアンプ。

Umbrella Company 「Hitchhike Drive」は、アメリカ製のビンテージ・ツイード・アンプにインスパイアされたオーバードライブ/プリアンプです。3モード(D/T/B)のアンプタイプを選択することが可能です。

GAINノブの設定によって、プリアンプ的なブースト、マイルドなクランチ、クランクさせたトップブーストまで、自由度の高いサウンドメイクが可能。さらにギターボリュームへの追従性を重視し、快適なアンプフィールを実現しています。

Saturateスイッチにより、ダイナミックフィルター機能(高周波数帯域のみにマイルドなコンプレッションを適応)をオン/オフ可能。
真空管アンプの特徴的なサチュレーションを、ピッキングの強弱や演奏のダイナミクスに追従させる事ができます。

22,000円(税抜)



製品詳細  |  製品マニュアル  |  製品カタログ  |  デジマートマガジン・レビュー  |  製品レビュー
製品写真







3モードのアンプタイプ


1、Dモード

ツイード期Deluxeアンプの生々しいトーンやゲイン・ストラクチャーを追求。トップブースト(GAIN 12/TB)付近では、コンパクトサイズのアンプ特有の箱が震えだすような、有機的で激しいドライブサウンドが得られます。さらにギター本体のボリュームやピッキングの強弱により、ブルージーなクランチやブーストまで、音抜けを保ったままで可変することができます。


2、Tモード

Twinアンプのような深みのある存在感を持つアンプライク・サウンド。高いゲイン設定ではアメリカンロック・サウンドを代表するような艶のあるオーバードライブ・サウンドを、低いゲイン設定では見事なクリーン・ブースターとして機能します。Saturateスイッチを組み合わせる事でチューブアンプ特有のマイルドさとコンプ感を加えられます。瑞々しい音調のクリーントーンは分離感良くコードを響かせます。

3、Bモード

Tモードよりゲインが高く、中低域の存在感が強調されたサウンドが特徴です。低めのゲイン設定ではナチュラルなクリーンからクランチへと滑らかに変化し、高いゲイン設定ではブルージーで心地よいオーバードライブ・サウンドが得られます。ダイナミックフィルター(Saturateスイッチ)を組み合わせる事で立体的でハリのあるトーンを表現します。



■ ディスクリート構成のゲインセクションと、オペアンプでのトーンシェイプ&アクティブEQを組み合わせたハイブリッド・デザイン

■ シリコン・トランジスタ(2N5088)のゲインセクション

■ Scoop Filterトーンシェイプにより、キャビの箱鳴り感、スピーカーユニットのトーンを再現する土台を形成

■ TREBLE/BASS アクティブ・イコライザー

■ クリッピング・ダイオードのタイプとコンビネーションによる、3モード(D/T/B)アンプタイプ

■ Saturateスイッチ(ダイナミックフィルター機能)による真空管アンプ・サウンドの再現

■ ダイナミックフィルター機能には、専用設計のオプティカル・リダクション素子を採用

■ リレーを用いたトゥルーバイパス仕様

■ 電源レギュレーター内蔵、使用するアダプターに左右されず安定したパフォーマンスを実現

■ DC9V(センターマイナス)、消費電流 25mA *バッテリー駆動には対応していません

■ D127×W71×H60mm(最大突起含む)、290g









1.ゲイン・セクション

Hitchhike Driveでは、シリコン・トランジスタ(2N5088)を使用したディスクリートのゲインセクションを採用。さらにクリッピング・ダイオードのタイプとコンビネーションから、3タイプのアンプトーン(D/T/Bモード)を作り出しています。

モード毎の音量差を無くすため、クリッピング・ダイオードの切り替えに伴うレベル差を補正しています。



・Dモード・・・対称クリップ、一番歪むモード、ツイード・デラックス・アンプのトーンにインスパイア。

・Tモード・・・対称クリップ、歪み感が一番少ない、アメリカン・ツイン・サウンド、ブースターやクランチに最適。

・Bモード・・・異なるダイオードを組み合わせた非対称クリップ、Tモードよりパンチがあり、歪み感も強い。



2.トーン・シェイピング

Hitchhike Driveでは、「Scoop Filter」と「アクティブEQ」の2つのアプローチでのトーンシェイピングを実行しています。

ゲインセクションを通過した信号は、まず「Scoop Filter」により、アンプらしくトーンシェイプされます。

キャビの箱鳴り感やスピーカーユニット自体のトーンを想定したEQカーブを適応し、土台となるベーシックなアンプトーンを構築しています。


* Scoop Filterは回路上に仕込まれた固定のフィルター回路です。コントロールはありません。




3.アクティブ・イコライザー

TREBLE/BASS独立2バンドのアクティブEQ回路は、自然なコントロール性を徹底的に追求。素子を組み合わせ、定数を厳選することで、求められる理想的なEQカーブと効き具合を実現しました。





4、Saturateスイッチ(ダイナミックフィルター機能)

ピッキングのニュアンスや演奏のダイナミクスに追従する「ダイナミックフィルター機能」により、真空管ギターアンプの美しいサウンドを決定つけている「コンプ感を伴うサチュレーション」を得る事ができます。

Saturateスイッチでオン/オフできる、このダイナミックフィルターは、高域成分(約2kHz~)だけにコンプレッションを与えることのできるオリジナル回路です。最適な応答特性を得るために、専用設計のオプティカル・リダクション素子を開発しました。ピッキングごとに高速なアクションでプロセスすることで、真空管アンプに見られる独特なコンプ感が再現されます。またアタックとサスティーン部分で音色が若干変化し、低域と高域で異なるエンベロープとなるため、オーガニックで立体的なサウンドとなります。

一般的なリミッター回路は、シグナルを整流して得られた直流電圧からリダクションのためのコントロール電圧を作り出すため、平均化したエンベロープで音量を制御しますが、本機のダイナミックフィルターでは、シグナルの増幅からダイレクトにオプティカルリダクション素子を駆動しています。信号波形を直接、そして高速にリダクションするため、演奏の細かな強弱やニュアンスに滑らかに追従できます。高速なカッティングやピッキングに対しても一音ごとに(高域成分のみに)反応し、一般的なコンプレッサーとは異なる自然な粒立ちが達成されます。

真空管アンプ特有の高域の滑らかさと、独特なピッキング・アタックを再現したことで、完璧なアンプフィールを楽しむことができます。



 Saturateスイッチはトーンに細かなニュアンスやタッチを与えられるスイッチです。アンプ自体にサチュレーション効果が強い場合や、音量が小さめの場合などには、一聴では効果が分かりにくい場合もございますが、長く使用していくうちに「ダイナミックフィルター」の効果的な表現性について理解が深まると思います。スイッチをOFFにする事で、コンプ感のない素直な特性にも切り替えられる事はサウンドメイクに役に立つでしょう。Saturateスイッチの効果をより実感するには、JC-120などのクリーントーンのギターアンプでお試しになると分かりやすいと思います。JC-120のニュートラルなサウンドに真空管アンプらしいマイルドなアタック感やサチュレーションをプラスする事ができます。


5、トゥルーバイパス回路

リレーを用いたトゥルーバイパス回路を採用しています。シグナルの引き回しを最小に設計し、経路に配線材も無く、音色変化の全くないバイパス回路を設計しました。


6、安定した電源回路設計

電源レギュレーターを内蔵したことで、使用するACアダプターに左右されない安定したサウンド・パフォーマンスを達成しています。










アンブレラカンパニー | クリエイティブでユニークな音楽制作機材と楽器の輸入販売


株式会社アンブレラカンパニー
〒196-0022
東京都 昭島市 中神町 1157-11

TEL 042-519-6855
FAX 042-511-9656
© Copyright 2012 Umbrella Company