Umbrella Company

BL-37 Reverb

Variable Clock Reverb
27,000円(税込 29,700円)
残響が彷徨うのは、遷ろいやすい空間。

クロック可変+リバーブエフェクト。


一つの点。
   一つの線。
      一つの球体。
         物理メディアに反響する。
   物理メディアを反響する。
部屋を、頭を、心を満たす大胆不敵なサウンド。デジタルでありながら有形のような。壁が会話をするような。まるで現実の空間のようで、僕らが行った場所、やってきたこと、もしくはかつての僕たち自身を再現するために、しかもオールパスフィルターとモジュレーションディレイを連ならせるということではなく、みたいなね。あとはクロックをまるごと操作できて、全部をシンプルにストレッチできるようにしよう。まったく、最高なコンセプトだろ?
BL-37 Reverb

CONCEPT

空間を再考する、OBNEのリバーブデバイス
貴方の空間認識に疑問を投げかける、意味深長なリバーブデバイス。
さらに詳しく
風景を変えるClockコントロール
ペダルの処理速度を変えることで、空間の雰囲気や揺らぎを一変させる、クロックスライダーを搭載。
さらに詳しく
広がりと揺らめきを操るFeedbackコントロール
残響の長さやモジュレーションの存在感を、統一的に操るパラメーター。
さらに詳しく

DETAIL

空間を再考する、OBNEのリバーブデバイス

 

BL-37はOld Blood Noise Endeavorsならではの、空間への認識に疑問符を打つようなデバイス。

目を閉じれば、そこはどこか知らない空間。BL-37の響きに耳を澄ませて、ここではないどこかに行きましょう。

リバーブテイルの二か所をモジュレートした、優艶に揺らめくリバーブサウンドが特徴です。モジュレーションの速度や存在感、リバーブの長さや質感など、様々な要素が絡み合うリバーブサウンドを2つのコントロールで直感的に操りましょう。

 

空間を再考する、OBNEのリバーブデバイス
風景を変えるクロックコントロール
風景を変えるクロックコントロール

 

Clockコントロールは魔法の鍵。シグナルの解像度を左右するサンプルレートやリバーブのタイミング、リバーブにかかるモジュレーションの速さ、それらすべてがスライダーを動かすことで変化します。
このスライダーを動かして、並行世界を渡り歩きましょう。

Clockを高く設定すれば、そこはタイル張りの浴室で、はじけるような短いリバーブが響きます。下げていけば風景はゆがみ、気づけばそこは現実世界には存在しない空間。引き延ばされて解像度が下がった残響が深淵を満たし、こちらを覗きます。

広がりと揺らめきを操るFeedbackコントロール

 

Feedbackコントロールは、Clockが見せる風景の揺らぎや広がりをさらに変えてくれます。

Feedbackコントロールでリバーブの出力から入力へのフィードバック量を変えることで、リバーブの減衰の速度と、モジュレーションの存在感を調整。
高い設定ではピッチベンドを感じるほどの強いモジュレーションと、長いリバーブテイル。設定を下げればリバーブテイルは短くなり、モジュレーションは穏やかにきらめきます。

広がりと揺らめきを操るFeedbackコントロール
オフィシャル解説動画(日本語字幕付き)


Youtubeの設定から日本語字幕をオンにして御覧ください。

CONTROL

① MIX
全体のウェット/ドライ比率を設定します。フルドライからフルウェットまで、好きなようにエフェクト量を設定できます。
② VOLUME
全体の音量を設定します。Clockを下げた際に音量が下がったように聞こえる場合は、このノブで調整してください。
③ CLOCK
クロックスピードを設定します。右に動かしきると、はじけるような短いリバーブ。左に動かし切るとノイズやエイリアシングが足された、解像度の低い、長いリバーブになります。
④ FEEDBACK
リバーブの出力から入力へのフィードバック量を設定します。Clockの設定によらず、Feedbackを上げるとリバーブの減衰がゆっくりになり、モジュレーションが強調されます。

DEMO

SPECIFICATION

SUPPORT

TOPへ戻る