Blog

 

DEMETER VTDB-2B

tomita-lab-demeter-di
tomita 今まで使ってきたプリアンプ機能付きDIは、ハイファイ志向でフラットな傾向のものだったので、情報全てをもれなく拾うような印象なんですよね。EQで補正すればよいことなんですが、そのままではベースが占める周波数帯域がオケの中では広すぎたんです。

VTDB-2Bを使おうと思ったきっかけは、エンジニアのアル・シュミットがいつも使っているという情報です。アル・シュミットは基本的にEQを使わないと言っていますよね、全然ってことはないと思いますが(笑)、録りではマイキングでなんとかするタイプなので、ベースにVTDB-2Bを使っているということは、これを使えばEQであまり補正しなくても割といい具合になるんだろう、という推測から導入することにしました。

実際に使ってみたら確かにそうで、必要な帯域はしっかり出ているんだけど、余計な帯域は抑えられた感じがして使いやすいんです。もちろん多少のEQはしましたけど、通すだけで必要なところに居てくれる感じがしました。しかも真空管らしさがしっかりあって、色気のある格好良い音がするんです。

今回のアルバムでは導入時期の都合で一曲だけに使いましたが、今後はこれをずっと使っていきたいと思っています。

 

 

DEMETER TGA2 ギターアンプ

tomita-lab-demeter-amp

tomita 自分が作っていた曲の中で歪みのキメの細やかさがMarshallっぽい方がいいかな、と思うことがたまにあったんですけど、Fender系のブティックアンプしか持っていなかったので、歪ませていい感じになるMarshall系のアンプを探していたんです。ブティックアンプの方がクオリティが高いだろうと、誰がどんなのを使っているか色々調べている中で、ベン・ハーパー音がイメージに合った格好良い音で、調べたらDEMETER TGA2を使っていたんです。導入して使ってみたら、歪みだけでなくてクリーントーンも良かったんです。

曲を作るときに、ギターのイメージができたら使うギターとアンプ選びから始めるんです。ざっとカッティングなどでFender系のイメージだったらそういうアンプを使うし、クランチからそれ以上歪んだ感じの場合はTGA2を選ぶ場合が多いですね。今回のアルバムでは一曲でかなり歪んだ音色、もう一曲ではクリーンで使いました。どちらも凄く良かったです。これから暫くは歪みが欲しい時には、まずTGA2を選ぶと思います。

現行のギターアンプでは当たり前なんですけど、TGA2は2チャンネルあってマスターボリュームが付いているタイプ。僕が所有しているアンプはワンボリュームでチャンネルも一つしかないヴィンテージ、もしくはヴィンテージを模したアンプばかりなので、ライヴでは二台使ったりしていました。TGA2であれば歪みとクリーンを簡単に使い分けられるので、是非使ってみたいですね。

 

 

冨田ラボ

TomitaLab_ap_Main_2013_音楽プロデューサー冨田恵一のソロプロジェクト

“アーティストありき” で楽曲制作を行うプロデュース活動に対し、”楽曲ありき” でその楽曲イメージに合うボーカリストをフィーチャリングしていくことを前提として立ち上げたプロジェクト。 ラボ(Lab)=研究所(Laboratory)の意で、自身のサウンドを追及し形にしていくことを目的として命名された。

2003年にアルバム「Shipbuilding」を東芝EMIよりリリース。ゲストボーカルに、松任谷由実、ハナレグミ、畠山美由紀、キリンジ、bird等を迎えた話題作となる。

2006年、ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズからセカンドアルバム「Shiplaunching」をリリース。ゲスト・ボーカルに高橋幸宏、大貫妙子、CHEMISTRY等を迎えた。 また、その発売記念イベントとして「冨田ラボCONCERT」をSHIBUYA-AXにて開催。大貫妙子、キリンジ、CHEMISTRY、SOULHEAD、高橋幸宏、畠山美由紀、ハナレグミ他、2枚のアルバムに参加した豪華アーティストをゲストに迎え、話題となる。

2009年リズムゾーンへ移籍、シングルとして秦 基博をヴォーカルに迎えた「パラレル feat. 秦 基博」はオリコン・シングル・チャートで最高7位、ウィークリーでも11位というスマッシュ・ヒットを記録した。

2010年、前作「Shiplaunching」から4年ぶりとなる“Shipシリーズ3部作”完結編「Shipahead」を発売。佐野元春、秦 基博、安藤優子、吉田美奈子、キリンジ等をゲスト・ヴォーカルに迎えた。

2011年、イルリメ(作詞)&坂本真綾(ヴォーカル)という異色コラボレーションで制作された、冨田ラボの新曲「エイプリルフール feat. 坂本真綾」も収録した、プロデューサーとしてのキャリアをまとめた初のワークスベストアルバム、冨田恵一 WORKS BEST ~beautiful songs to remember~ を発売。初のWORKS BEST発売を記念して、BLUE NOTE TOKYOにて5年ぶり一夜限り行われたライブが話題になる。

音楽業界を中心に耳の肥えた音楽ファンに圧倒的な支持を得るポップス界のマエストロ。

————————–

tomita_J_photo 2Title:Joyous
Release:2013年10月23日
初回限定盤(2CD)¥3,600(税込) VIZL-534
通常盤(CD)¥3,000(税込) VICL-63997
INFO : SPEEDSTAR RECORDS

10月23日にニューアルバム『Joyous』発売!
原 由子(サザンオールスターズ)、横山剣(クレイジーケンバンド)、椎名林檎、さかいゆうを迎え、
コラボレーションを作品の中核に据えた“大人たちのファンタジー・テール”。

Joyous-singer--ap

————————–

Shipbuilding_TYCN-80010_JKTTitle:Shipbuilding
Release:2013年10月23日
¥2,300(税込) TYCN-80010
発売元 : ユニバーサル ミュージック

永遠不滅のクラシックス、冨田ラボの1st Album「Shipbuilding」がオリジナル・マスターからのリマスタリング、Blue-spec CD2 盤で「ユニバーサル絶対名盤シリーズ」としてリイシュー。
キリンジ、中島美嘉、MISIA などを手がけてきたプロデューサー冨田恵一のソロ・プロジェクト「冨田ラボ」名義による1st Album。作曲、プロデュースは冨田恵一、作詞はそれぞれのアーティストが担当。松任谷由実、キリンジ、畠山美由紀、bird、ハナレグミ(作詞:松本隆)、Saigenji などが参加。

products-page_button

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

CAPTCHA