Blog

ユーロラック,モジュラーシンセ,フィルター,ステレオフィルター,デュアルピークフィルター

BASTL INSTRUMENTS / Ikarie

Reach the peaks of alien soundscapes with your Eurorack as mission control

新しいパフォーマンスの可能性をフル追求したステレオ/デュアル・ピーク・フィルター!

Ikarieは個性的なチューニングと設計が魅力のステレオ/デュアル・ピークのフィルターモジュールです。1つのノブでローパスとハイパス・フィルタリングを連続的に可変できるため、リアルタイム・パフォーマンスの可能性を大幅に高められます。またエンベロープ・フォロワーがサウンドのバリエーションを拡大します。

2系統のフィルター回路は、ステレオ領域で同期してモジュレートしたり、独自のステレオ効果の為に分離したり、またはチェーンして24dBフィルターを形成することもできます。
フィルターのモノラル出力だけを使用すればIkarieは「デュアル・ピーク・フィルター」として動作し、まるで「声」のようなフォルマントタイプのサウンドを再現できます。さらにBeyond出力は、2つのフィルターのスペクトル差によって、本機を「ツインピーク・フィルター」として利用できます。

Ikarieはフィルターですが、出力VCAが追加されている為、あらゆるベクトルでサウンドを振り回すことができます。CVコントロールによるパンニングやレゾナンス制御、パーカッシブなサウンドから、煌めくような、さらに不気味なものまで、サウンドデザインの可能性の広大な世界を探索できます。すべては大変コンパクトですが、精度と創造性のための無限の宇宙空間が用意されています。
このモジュールは、Bastl Instruments(Václav Peloušek)と、Casper Electronics(Peter Edwards)のコラボレーションによるものです。 細部へのこだわりが、このフィルターに独特のバランス感をもつレゾナンスとエンベロープ・レスポンスを与えた一方で、BASTLらしい独特の制御スキームを備えた、片手で全てを体感できるようなパフォーマンス性の高いフィルターデザインを紡ぎだしました。

このモジュールの名前である「Ikarie」は、1963年制作のチェコスロバキアのSF映画。「Ikarie XB-1」へのオマージュです。この映画は「ソラリス」や「2001年宇宙の旅」、「スターウォーズ」などよりずっと前に宇宙探査の主題を扱った伝説的な映画です。Zdeněk Liškaによるエクスペリメンタルな初期電子音楽、イマーシブなシネマトグラフィーなど、最も独創的でエキサイティングなSF映画の1つとして評価されています。Bastl&Casperの”Ikarie”は、この映画の世界の旗を誇らしげに掲げています。

Features:

・2系統のパラレル・フィルター・コア(レフト&ライト・チャンネル)
・12dB/octのステート・バリアブル・フィルター・トポロジー
・個性的なローパス/ハイパス・スイッチング・コントロール方式
・バランスのとれたボルテージ制御のレゾナンス回路
・3つのディケイ設定を備えたエンベロープ・フォロワー
・最大5倍の入力ゲイン
・ステレオ・モジュレーション(フィルターディチューン・パンニング)
・beyondアウトプットによる”ツインピーク・フィルター”スペクトラム
・モジュレーション・アッテヌバーター
・v/oct入力(フロントパネルからアクセスできるトリムコントロール)
・ステレオVCA回路

ユーロラックモジュラー,フィルター,ステレオフィルター,シンセサイザー,ローパスフィルター,ハイパスフィルター,フィルターモジュール

Technical details:

・power consumption: +12V: 100mA, -12V: 95mA
・8HP
・35mm
・PTC and fuse protected 16pin power connector
・pdf user manual

 

Manual:

Ikarieのすべてのコントロールは相互に影響を及ぼします。とてもインタラクティブでオーガニックな回路デザインとなっており、すべての設定が重要です。デフォルトのクリーン設定は、すべてのノブを中央位置に配置し、レゾナンスフェーダーを最小にすることです。

TWO FILTERS

Ikarieには2つのフィルターが装備されています。左右のチャンネルにはそれぞれの入力と出力からアクセスできます。これは、ステレオ信号のフィルタリング、またはモノフォニックのマルチピーク・レゾナント・フォルマント・フィルタリングに最適です。

2つのフィルターは並行に配線されていますが、カットオフのカーブを高めるために直列に配線することもできます。 各フィルターは12dB / octの急勾配です。 ただし、L INで信号をフィルタリングする場合、LOUTをRINにルーティングし、R OUTから出力すると、24 dB / octの急峻なフィルタリング効果が得られます。

ユーロラックモジュラー,フィルター,ステレオフィルター,シンセサイザー,ローパスフィルター,ハイパスフィルター,フィルターモジュール

! POWER !

リボンケーブルをこのモジュールに接続する前に、システムの電源を切ってください。 リボンケーブルの極性を再確認し、どの方向にもずれていないことを確認してください。 ケーブルの赤い線側は、モジュールとバスボードの両方で-12Vレールと一致している必要があります。

! 以下を確認してください

・標準的なピン配置ユーロラックバスボードに接続しようとしているか?
・そのバスボードには+ 12Vと-12Vのレールがありますか?
・電源レールの電流容量は十分ですか?

この装置には保護回路がありますが、電源の接続ミスによる損傷については責任を負いかねます。

FRONT
BACK

ユーロラックモジュラー,フィルター,ステレオフィルター,シンセサイザー,ローパスフィルター,ハイパスフィルター,フィルターモジュール

1 INPUTS – L IN, R IN
信号をL INに接続すると、別の信号をR INに接続しない限り、信号はR INにノーマライズされます。 INPUTつまみを回して入力レベルを上げます。 Ikarieは入力レベルに非常に敏感であり、フィルターの特性はINPUTのさまざまな設定で大きく変化します。 サイレントから5倍のゲインまで入力ゲインを調整できるIkarieは、設定によってクリーンでバランスの取れたレゾナンスを提供し、低音を失わないオーバードライブされたキャラクターを提供します。そしてハイパス設定でレゾナンス・スイープをキープできます。 入力ゲインを使用して最適な動作レベルに増幅することができます。

2 OUTPUTS – L OUT, R OUT
モノラル接続の場合は、L OUT(MONO)のみを使用します。ステレオ接続の場合はケーブルをL OUTとR OUTの両方に接続します。
L INに入り、L OUTのみを出力すると、2つのレゾナンスピークを持つパラレル・フィルタリングが行われます。

3 CUTOFF
CUTOFFノブは、中央位置でオープンフィルターを提供し、CCW(反時計回り)に回すとLP(ローパス)フィルタースイープを、CW(時計回り)に回すとHP(ハイパス)フィルタースイープをレンダリングします。 LPモードは周波数スペクトルから高周波数をカットし、HPモードはスペクトルから低周波数をカットします。注意:フィルターはCV – MOD、V / OCT、またはSTEREOで電圧制御されているため、設定によってノブの中心位置が常に一定とは限りません。

4 MOD
MOD入力を使用して、左右両方のフィルターのCUTOFFをタンデムに制御します。 MODアテニュバーターノブは、センターポジションにあるときはモジュレーションを通過させません。 CWに回すと、CUTOFFのモジュレーションが正の方向に開き、CCWに回すと、信号が反転し、CUTOFFが反対方向にモジュレートされます。モジュレーションを使用しない場合は、MODノブを中央に配置します。 FOLLOW信号(セクション9を参照)はMOD入力ジャックにノーマライズされていることに注意してください。 これは、別の信号をMOD入力に接続しない限り、フィルターはすでにFOLLOWによって変調されていることを意味します。

5 RESONANCE
レゾナンス・フェーダーは、カットオフ周波数を部分的、または完全にセルフオシレートさせることにより、その周波数を強調させることができます。 その結果、対応する周波数スペクトルに共振ピークが生じます。 追加するレゾナンスが多いほど、特にCUTOFF周波数を変調する場合のサウンドへの影響が大きくなります。 フィルタの入力に信号がない場合、またはINPUTが完全にCCWになっている場合、Ikarieは自己発振し、正弦波形のオシレーターとしても利用できます。RESONANCEのレベルが高くなると、フィルターは不安定なレゾネーターになり、pingされたサウンドに便利に活用できます。リズミカルなトリガーパルスをL INまたはR INに接続し、INPUTノブを上げて、何が起こるかを聞いてみましょう。

レゾナンスはCVでもコントロールできます。 ケーブルをRESONANCE入力に接続するまで、フェーダーはメインのRESONANCEコントロールとして機能します。 CV入力の使用を開始するとすぐに、フェーダーは入力電圧のアッテネータに変わります。 この場合、フェーダーは変調信号が到達できる共振レベルの上限を設定します。

ユーロラックモジュラー,フィルター,ステレオフィルター,シンセサイザー,ローパスフィルター,ハイパスフィルター,フィルターモジュール

IP:誇張された外部レゾナンス(フィードバック)を実現するために、出力の1つ(R OUTまたはL OUT)を入力の1つ(L INまたはR IN)に接続することも可能です。

6 V/OCT
V / OCT入力を、両方のフィルターを同期して変調する2番目のモジュレーション入力として使用できます。 この入力はスタンダードvolt/octに対応しています。変調信号に1ボルトを追加すると、CUTOFF周波数が2倍になります(つまり、フィルターを1オクターブ高く調整します)V / OCT入力のスケーリングは微調整可能です。 V / OCTソース用にキャリブレーションするには、RESONANCEを最大に、INPUTを最小に設定し、R OUTを出力を聴いてクロマチックチューナーで調整してください。 ソースからV / OCT入力に1ボルト/ 1オクターブを追加すると、自己発振トーンが1オクターブ高くまたは低くなります。 得られたピッチがフラットな場合は、トリマーをCWに回します。 シャープな場合はCCWに回してください。

7 STEREO
STEREOセクションでは、ステレオで使用する場合はステレオエフェクトを、モノラルで使用する場合はデチューンされたフォルマントフィルタリング/リングモジュレーションを構成できます。デフォルトの状態(エフェクトなし)では、STEREOノブを中央に設定してください。STEREOスイッチがSPREADにある場合に、STEREOノブをCWに回すと、左側のフィルターのカットオフ周波数が高くなり、右側のフィルターのカットオフ周波数が低くなります。 CCWにすると逆の効果になります。

STEREOスイッチがPAN設定の場合、STEREOノブを右に回すと左フィルターの出力レベルが下がり、左に回すと右フィルターのレベルが下がります。 これは基本的なパンニングであり、ステレオで聞くときに音源を左から右に移動させます。 ただし、L OUTのみをリッスンしてモノラルで使用する場合、ステレオノブはL入力とR入力の間のクロスフェードとなります。

ケーブルをSTEREOジャックで接続すると、STEREOノブの機能がアッテネーターに変わります。アッテネーターは適用されるモジュレーションの量を制御します。STEREOノブを中央からCWに回すと、入力のCVがステレオフィールドに反転せずに影響を与え、CCWに回すと反転効果があります。

8 VCA CV
この独自のフィルター・トポロジーは、フィルターごとにVCAペアを使用して、LPモードとHPモードを切り替えています。 これにより、フィルターの後にVCA(電圧制御アンプ)を使用して最終的なラウドネスを制御することも可能になっています。VCA CV入力に信号がルーティングされていない場合、フィルターは通常のレベルで動作します。 ケーブルを差し込むと、入力に正のCVが追加されると、フィルターが無音になり、ラウドネスが増加します。エンベロープまたは内部のFOLLOW出力を使用して最終的なラウドネスを変調し、誇張されたゲート効果を実現するのに役立ちます。 この入力は、0ボルト(無音)から5ボルト(ユニティゲイン)まで応答します。

9 FOLLOW
エンベロープ・フォロワー・セクションは、左チャンネル(L IN)の入力で信号を聴きとり、その信号を入力信号のラウドネスに応じたコントロール・ボルテージに変換します。つまり信号からエンベロープを抽出することができます。

FOLLOWスイッチは、3つの応答設定のいずれかに設定できます。SLOW設定は自然なリリースでポンピング効果が得られます。MID設定はよりタイトで、ミッドレンジ信号で最適に機能します。FAST設定は全波整流器に似ています。 スルーがほとんどなく、波形フィルタリングにハードエッジを追加する場合に特に便利です。

FOLLOW出力は、CUTOFFを制御するフィルターのMOD入力にノーマライズされています。これは正にギターペダルのオートフィルターまたはオートワウと同じ効果を得る場合に便利です。この機能を利用して、サンプル、物理モデリング、ライブインストゥルメントなど、従来のエンベロープを使用してシンセサイズされない信号に対して、エンベロープ駆動のフィルタースイープを実行できます。

FOLLOWセクションは【左チャンネルのフィルター入力】のみをリッスンするため、右側の入力の信号をサイドチェーンフィルター処理するために使用できます。

FOLLOW出力は、Ikarieのどこにでもパッチを適用して、任意のパラメーターに動的な効果を与えることができます!!

FOLLOWは、INPUTノブのコントロール後に入力を聴きとるため、INPUTノブを調整すると、FOLLOW出力の振幅にも影響があります。

ユーロラックモジュラー,フィルター,ステレオフィルター,シンセサイザー,ローパスフィルター,ハイパスフィルター,フィルターモジュール

10 BEYOND
2つのフィルター信号は減算されるため、その結果スペクトルも減算されます。 したがって、2つのカットオフ周波数の間の信号しか聞こえません。 これは特殊なバンドパスフィルターを構成し、SPREADモードのSTEREOノブがバンドパスフィルターの幅を定義します。 フィルターの両方の境界カットオフ周波数は、RESONANCEが使用されているときに共振ピークを持つ可能性があります。 このフィルタートポロジーは、ツインピークフィルターと呼ばれることがよくあります。

BEYOND出力は、L OUTと組み合わせて使用して、シュールなステレオイメージを作成したり、任意のフィルターパラメーターをモジュレートしたりすることができます。

BEYOND出力にPANモードでSTEREOモジュレーションを使用すると、フィルターの出力でリングモジュレーター効果を得ることができます。 遅いCVを使用してトレモロ効果を実現したり、オーディオレート信号を使用してリングモジュレーショントーンを実現できます。

ユーロラックモジュラー,フィルター,ステレオフィルター,シンセサイザー,ローパスフィルター,ハイパスフィルター,フィルターモジュール

 

IKARIE PATCH TIPS

★FORMANT FILTERING
フィルターがスペクトルをスイープするときに、2つの周波数を強調するモノフォニックのフィルタリング技術は、声、喉のようなサウンドを作るのに適しています。

ユーロラックモジュラー,フィルター,ステレオフィルター,シンセサイザー,ローパスフィルター,ハイパスフィルター,フィルターモジュール

 
★QUAD ACID
1つのノブを回すだけで4つのレゾナンス・スイープをもつフォルマント・フィルタリングのように動作します。カットオフ周波数が離れるため、独立したスイープとして認識されますのが特徴的です。
ユーロラックモジュラー,フィルター,ステレオフィルター,シンセサイザー,ローパスフィルター,ハイパスフィルター,フィルターモジュール

 
★BEYOND STEREO
L OUTとBEYOND出力をステレオペアとして使用し、上記のテクニックのいくつかを使用します。 L OUTは両方のフィルターの周波数スペクトルの合計となり、BEYONDは差となります。 それらの音が物理的な音響空間で衝突すると、奇妙な方向感覚が演出できます。 ステレオをオーディオレートでモジュレートして、さらに実験的なステレオのディープな世界を探求できます。

ユーロラックモジュラー,フィルター,ステレオフィルター,シンセサイザー,ローパスフィルター,ハイパスフィルター,フィルターモジュール

 
★PINGING & FM PINGING
短いパルスやノイズバーストでレゾナンス回路に与えて、Ikarieをパーカッシブな声のように使用できます!INPUTレベルはサウンド作成に大きな役割を果たします。 R OUTまたはBEYOND出力を、SPREADモードでMODまたはSTEREO入力にパッチして、メタリックなエイリアンノイズを作成できます。FOLLOW出力を使用してRESONANCEをモジュレートし、サウンドの減衰をさらに微妙に制御します。 RESONANCEをフルに設定し、pingされたエンベロープフォロワー信号のみを使用して、出力のVCA CVジャックをコントロールすることもできます。

ユーロラックモジュラー,フィルター,ステレオフィルター,シンセサイザー,ローパスフィルター,ハイパスフィルター,フィルターモジュール

 
★SELF OSCILLATION
外部フィードバックを作成して、Ikarieを混沌とした不安定なノイズ/トーンジェネレーターとして使用します。 何でもありです-ただ探索してください!

ユーロラックモジュラー,フィルター,ステレオフィルター,シンセサイザー,ローパスフィルター,ハイパスフィルター,フィルターモジュール

 
★POST FILTER RING MODULATOR
PAN設定でステレオをオーディオレートにて変調し、BEYOND出力を聴いてみましょう!

ユーロラックモジュラー,フィルター,ステレオフィルター,シンセサイザー,ローパスフィルター,ハイパスフィルター,フィルターモジュール

 
★WAVEFORM CROSSFADING
STEREOのPANモードは、左右のフィルターのレベル・バランスを取ります。 L OUTのみをリッスンすることで、フィルタリングの異なる波形間でクロスフェードすることができます。 LFOまたはオーディオレートで制御できます。

 
AGGRESSIVE 24DB FILTERING
オーディオをL INに接続し、L OUTをR INにパッチし、R OUTに直列で接続すると、24dBのフィルタリングを出力できます。 INPUTゲイン、レゾナンス、STEREOディチューン、または高速のエンベロープフォロワーのモジュレーションをミックスに追加すると「残酷」なサウンドになります!

ユーロラックモジュラー,フィルター,ステレオフィルター,シンセサイザー,ローパスフィルター,ハイパスフィルター,フィルターモジュール

 

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

CAPTCHA