セールスポイント
1、ビンテージ・コンプの名機 LA-3Aをより使いやすいパネルデザインで再現
2、伝説のT4スタイルのエレクトロ・オプティカル・アッテネーターをリビルド
3、プロ機としての信頼性を備えた、しっかりとした回路設計とビルドクオリティ
Home / /Golden Age Project(GAP)

......................................................................

COMP-3A

Vintage LA-3A Style Compressor/Limiter

......................................................................

伝説のビンテージ・コンプ LA-3Aを再現したハイエンド・コンプレッサー。

COMP-3Aは伝説のビンテージ機器『LA-3A』を再現したコンプレッサー/レベリング・アンプです。『T4エレクトロ・オプティカル・アッテネーター』による滑らかなコンプレッション動作、アナログ感あふれるパンチ感のあるサウンドが大きな特徴です。

サウンドを重視したトランスフォーマーや、アナログ・コンポーネントを贅沢に搭載したことで、ゴージャスなアナログ・サウンドを再現しました。

またオリジナルでは背面に装備されていた、様々なスイッチやコントロールは全て前面に配置。より使いやすくアップグレードされています。

68,000円(税抜)


製品詳細 | 製品マニュアル(詳細スペック) | レビュー1
製品写真

GAP COMP-3A

Golden Age Project(GAP) COMP-3Aは伝説のビンテージ『LA-3A』を再現したコンプレッサー/レベリング・アンプです。ディスクリート・コンポーネントや、独立トランスフォーマー・バランスの入出力など、アナログ・コンポーネントのみで構成された本物のサウンドを実現しています。

1969年のデビュー以来、数え切れないほどのレコーディングで使用され、最も有名なコンプレッサーとして歴史に名を刻むLA-2A(真空管バージョン)と、LA-3A(ソリッド・ステート・バージョン)、その両モデルの個性的なサウンドとコンプレッション・キャラクターの核となっているのが『T4エレクトロ・オプティカル・アッテネーター』です。Golden Age ProjectのCOMP-3AはこのT4 ELOPを精巧に再現、極めて滑らかにナチュラルに入力信号に追従するコンプレッション動作を達成しています。

LA-2Aより高速なアタックとリリースを実現できるLA-3Aのサウンドは、ドラムスやルームマイク、ピアノ、ボーカルなどに多く使用されますが、特にエレクトリック・ギターやベースの録音において最もポピュラーです。ミッドレンジをしっかりと捕えるそのパンチ感のあるコンプレッション・サウンドは、世界中のプロフェッショナルから支持されてきました。

オリジナル・ビンテージ機器は高価なだけでなく、正しいサウンドを得るためのメンテナンスにかかる費用も大きくなります。Golden Age ProjectのCOMP-3Aは、LA-3Aの『デリシャス』なコンプレッション・サウンドを、お求めやすい価格で体感できる唯一のツールです。






FEATURES

  • ディスクリート・コンポーネントで構成されるビンテージ回路設計
  • トランスフォーマー・バランス入出力
  • 内部ジャンパにより出力トランスのロードを変更可能。高域のサウンド・キャラクターを選択可能
  • 伝説のT4スタイルのエレクトロ・オプティカル・アッテネーターを精巧に再現
  • GainとPeakコントロールによるシンプルで効果的なコントロール
  • 入力信号に応じたオート・リリース&アタック
  • オリジナル"HF COUNTOUR"コントロールの再現。高域信号のコンプレッション感度を調整可能
  • 大型のリダクション・メーター(GR量と+4/+10dB出力レベル切替)
  • バイパス・スイッチ(リレーを使ったハードワイヤーバイパス)
  • XLR/TRSフォン入出力
  • ステレオ・リンク・スイッチとリンク端子
  • オリジナルLA-3Aでは背面に装備されていたコントロールをフロントパネルに集約
  • 24V ACアダプター標準付属(PSE認証100V日本向仕様)
  • コンパクトなハーフラック・サイズ(高さは2U相当)
  • ソリッドで頑強なシャーシデザイン



CIRCUIT DESCRIPTION

入力ゲイン・スイッチを30dBポジションに設定した場合、入力信号は-20dBのPAD回路を通ります。入力ゲイン・スイッチを50dBポジションに設定することで、-20dBのPAD回路が切り離されるため、『T4エレクトロ・オプティカル・アッテネーター』への入力レベルを大きくすることができ、よりアグレッシブなコンプレッション・サウンドを楽しむことができます。

信号はT4 ELOPからGAINノブ→PEAK REDUCTION→サイドチェイン・セクションへと送られていきます。

また、出力ゲイン・スイッチをMODポジションに設定する事で、出力段で-20dBの減衰を適応できます。

サイドチェイン・セクションは複数のトランジスタで構成され、オート・トランスフォーマーはT4 ELOP 内のELパネルの発光に使用されています。高いボルテージとなるほど光量が増しフォトセルが反応します。

またHFコントロールによって、中高域へのサイド・チェイン信号のレベルを増加させることができるため、1kHz以上の周波数に対するコンプレッションを大きくすることができます。従来は放送局で高域の過変調のトリートメントに使用されていた機能ですが、現代のレコーディングでは高域の周波数のみをより強くリミッティングすることで、マイルドなアナログ感をプラスするなど、より積極的な音作りの為に利用する事ができます。

たいへん丁寧に組みあげられた基板は、隅々までプロフェッショナルな配慮が施され、GAP製品のクオリティの高さを証明しています。




SPECIFICATIONS

接続端子:NPUT(XLR/TSフォン) OUTPUT(XLR/TSフォン) LINK(TSフォン)

重量 :2.2kg

サイズ(mm):W 215×H 88×D200(突起含まず)/ D216(突起含む)







アンブレラカンパニー | クリエイティブでユニークな音楽制作機材と楽器の輸入販売


株式会社アンブレラカンパニー
〒196-0022
東京都 昭島市 中神町 1157-11

TEL 042-519-6855
FAX 042-511-9656
© Copyright 2012 Umbrella Company