*2021年10月出荷分よりカラー白に変更されました。

Home / /Umbrella-Company

......................................................................

Glider11

Expression / CV Fader Controller

......................................................................

ギターペダルのエクスプレッション・コントロールをフェーダー制御。CVにも対応!


また、シンセサイザーのCV信号にも対応し、用途に応じてパッシブ/アクティブで使用する事ができます。

SHOTボタンを押すとコンロール信号を下降させ、離すとフェーダー位置まで戻ります。

RUSHノブは下降するスピードを、RECOVERノブは上昇してフェーダー位置まで戻るまでのスピードを調整します。

また、RUSHノブを押すとハイゲート信号(5V)を出力できます。RECOVERノブを押すとスイッチ接点のオン/オフを操作できるため、外部機器のバイパス切替やタップテンポなどを本機からコントロールできます。自照式ノブの明るさがコントロール信号の状態を表示します。

ギターペダルのエクスプレッション・コントロールをデスクトップや手元で操作したい場合に最適です。

CV INと、2系統のCV OUTを備え、シンセサイザーのCVコントローラー、CVアッテネーター、CVフィルターとしても利用が可能です。SHOTボタンを使ったクリエイティブな演奏や、トリガー/ゲート出力、外部機器のスイッチ操作など、Glider11により様々な演奏の可能性が広がります。

TRS CV(ギターペダル)とCV(シンセサイザー)の変換器としても活用できます。

*本機とエクスプレッション端子を接続するためのTRSフォン~TRSフォンのテスト用ケーブル(約30cm)が付属します。

9,900円
(税込 10,890円)




| 製品詳細  | 製品マニュアル | 


製品写真
Umbrella-Company,HP-ADAPTER,スタジオヘッドホンアンプ,モニターヘッドホンアンプ,リファレンス,高音質,ヘッドホンアンプ,ヘッドフォンアンプ,アンブレラカンパニー,900STヘッドホン
Umbrella-Company,HP-ADAPTER,スタジオヘッドホンアンプ,モニターヘッドホンアンプ,リファレンス,高音質,ヘッドホンアンプ,ヘッドフォンアンプ,アンブレラカンパニー,900STヘッドホン
Umbrella-Company,HP-ADAPTER,スタジオヘッドホンアンプ,モニターヘッドホンアンプ,リファレンス,高音質,ヘッドホンアンプ,ヘッドフォンアンプ,アンブレラカンパニー,900STヘッドホン
Umbrella-Company,HP-ADAPTER,スタジオヘッドホンアンプ,モニターヘッドホンアンプ,リファレンス,高音質,ヘッドホンアンプ,ヘッドフォンアンプ,アンブレラカンパニー,900STヘッドホン
Umbrella-Company,HP-ADAPTER,スタジオヘッドホンアンプ,モニターヘッドホンアンプ,リファレンス,高音質,ヘッドホンアンプ,ヘッドフォンアンプ,アンブレラカンパニー,900STヘッドホン Umbrella-Company,HP-ADAPTER,スタジオヘッドホンアンプ,モニターヘッドホンアンプ,リファレンス,高音質,ヘッドホンアンプ,ヘッドフォンアンプ,アンブレラカンパニー,900STヘッドホン
Umbrella-Company,HP-ADAPTER,スタジオヘッドホンアンプ,モニターヘッドホンアンプ,リファレンス,高音質,ヘッドホンアンプ,ヘッドフォンアンプ,アンブレラカンパニー,900STヘッドホン

 エクスプレッション・コントロール
(ギターペダル、エフェクトプロセッサー)



ギターペダルなどのエクスプレッション端子に接続して、ノブやエクスプレッション・ペダル同様のコントロールをフェーダーで行います。

デスクトップ・パフォーマンスや、手元でパラメータを操作したい場合に最適です。

エクスプレッション・ペダルの代わりに使用したい場合には電源は不要ですが、電源(9V)を接続する事で"SHOTボタン"を有効にできます。

SHOT機能はボタンを押すことでパラメーターを下降させ、離すとフェーダー位置まで上昇させる特別なファンクションです。

下降するスピードをRUSHノブで、上昇するスピードをRECOVERノブで個別に調整できるため、理想のコントロール・カーブを描くことができます。

リアルタイムのパフォーマンスにおいて、通常では不可能なコントロールや、印象的なエクスプレッションを可能にします。

また、RECOVERノブを押すことでスイッチ接点のオン/オフを操作できます。本体サイドのSW OFF/ON端子経由で、外部機器のバイパス切替やタップテンポなどをコントロールできます。

100mmフェーダー(スライダー)は操作感も良く、微妙なタッチのエクスプレッション・コントロールを自由自在に行うことが可能です。


 CV コントロール
(シンセサイザー、一部のギターペダル)


Glider11はCV入出力を備えた、多目的なCVコントローラーとしても使用できます。

CV(コントロール・ボルテージ)は、主にシンセサイザーのコントロール信号として使用されていますが、近年では一部のギターペダルでもCVが利用できる機種があります(例:Chase Bliss Audio、Empress Effects ZOIAなど)。

シンプルなCVアッテネータとして利用する場合は、パッシブ(電源不要)でご利用いただけます。CV INに入力された信号をアッテネートして、CV OUT 1/2(パラレル接続)から出力します。

電源(9V)を接続すると、Glider11のフェーダー位置に応じたCV信号を出力できるCVコントローラとして機能します。

また、SHOT機能を有効にし、ボタンを押すことでフェーダー位置からCVを下降させ、離すとフェーダー位置までCVを上昇させる事ができます。

下降/上昇のスピードはRUSH/RECOVERノブで個別に調整が可能なため、クリエイティブなカーブでSHOT機能を利用できます。

さらにCV INに入力される信号に対して、RECOVERノブの設定がCVフィルターとして機能するため、例えばポルタメントのような用途に利用できます。

また、RUSHノブを押すことでハイゲート信号(5V)をCV 0/+5端子から出力、RECOVERノブを押すことでスイッチ接点のON/OFFを操作できるため、モジュラーシンセや外部エフェクトなどの包括的なコントローラとしても機能し、パフォーマンスの中心的なコントローラとして使用する事ができます。

さらにTRS端子でCV信号を扱う機器(例:Chase Bliss Audio、Empress Effects ZOIAなど)で、Glider11を変換器として利用できます。

Empress Effects ZOIAなどのCV入出力が可能な機器ではTRSフォン~2×3.5mmミニのYケーブルが、Chase Bliss AudioなどのCV入力のみを持つ機器ではTRSフォン~3.5mmミニのケーブルが別途必要でしたが、Glider11を介して適切な信号を相互にフィードする事が可能になります(例えばモジュラーシンセからのCV信号をZOIAへ、ZOIAからのCV信号やトリガー、クロック信号などをモジュラーシンセなどの外部機器に送る事ができます)。

CV OUTはパネルトップとサイドに2系統用意されておりパラレル接続されています。





*PCBを利用した筐体のため、塗装面に多少の曇りがある場合があります。予めご了承くださいませ。




アンブレラカンパニー | クリエイティブでユニークな音楽制作機材と楽器の輸入販売
株式会社アンブレラカンパニー
〒196-0022
東京都 昭島市 中神町 1157-11

TEL 042-519-6855
FAX 042-511-9656
© Copyright 2012 Umbrella Company