Blog

order_button

今回の感想文は by 大虎高橋さん

唐突に始まりましたその名も「エフェクター批評」。不定期連載でおもにギターペダル(エフェクター)の試奏レビューをお届けしていきたいと考えております。

アンブレラカンパニーのコンセプトでもある「クリエイティブな音環境の構築」は、録音環境だったり、楽器のシステムだったり様々ですが、やはりギタリストの人口が圧倒的に多いです。

先日、お客様のギタリスト大虎高橋さんにご来社いただき談義しておりましたら、「やっぱりユーザーの生の声が聞けるのがいいね」という事になり、じゃあエフェクターの感想文などをBUZZに掲載したらいかがなものか?「いいじゃんいいじゃんやってみよう」との事でゆるく即決。早速第一回目は現場に居合わせた大虎高橋さんに「批評」をお願いいたしました。

不定期ですがタイミングがあえば続けていきたいなと考えております。お客様にはエフェクター選びの参考になれば良いなと思っています。

 

どのポイントでも音が太くなる心地いい歪み!

アンブレラカンパニーの主業務の一つである輸入製品、特にギタリストさんたちにとってなじみの深い「エフェクター」に焦点を当ててレビューしてみたいと思います。

今回ご紹介するのはDemeterのDRV-1、Over Driveulatorです。
名前のとおりオーバードライブに類するエフェクターのですが、非常に高音質で一度使ったらヤミツキになること間違いなしです。

800x800_01

歪みの質としてはとてもナチュラルかつスムーズですが、アンプで歪ませたような心地よいザラつきがあります。

オーバードライブペダルに求められる「粗い歪み」とはこれだ!と言わんばかりのサウンドです。

歪みの量(変化量)は若干おとなしめですが、Drive3時くらいでとても力強いオーバードライブサウンドも実現してくれます。
元々、強く歪ませるよりはクランチサウンド(それも極上の)を作るのが得意なペダルであると言えそうですが、こういった強めの音までカバーしてくれるのは嬉しいですよね。

 

さらに特筆すべきなのはエフェクターのどのポイントでも「音が太くなる」ことです。
太くなると言っても歪みに合わせてボワついてしまうのではなく、堅い芯のある音として太くなるので、普段使っているギターが2段階くらいレdemeter-amplification-drv-1-003ベルアップしたサウンドになります。
そこに上質の歪みが絡んでくるので、これは非常に心地いいですよ!

Loose/Tightの切り替えスイッチも効果は抜群で、ブルージーな単音ソロから高音よりのカッティングまでこなせます。
非常に美味しい部分にピークを持ってきているなと感じます。

個人的にはTightにした時のカッティングが最高に気持ちいいですね。
ピッキングニュアンスにも素早く反応してくれるので、これでリズムカッティングをしていると時間を忘れてしまいそうです。

何はともあれ、様々なオーバードライブペダルがある中、このペダルは間違いない最高の選択肢の一つです。
お店で見かけた際には是非是非お試しあれ。

 

 

800x800_02

 

order_button

 

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

CAPTCHA