電子回路エンジニア募集中!詳しくはこちら


BASTL INSTRUMENTS,1983,MIDI to CVコンバーター,オシレーター自動チューニング,MIDI CV 変換

Home / /Bastl Instruments

......................................................................

PIZZA

FM & WAVE-SHAPE Oscillator

......................................................................

FMシンセシスとウェーブシェイピングを融合した次世代のコンプレックス・デジタル・オシレーター。


BASTL INSTRUMENTS「Pizza」は、自由に設定できるFMシンセシスとパワフルなウェーブシェイピング機能を融合した次世代のコンプレックスオシレーターです。

CTRLノブやCV、パッチングによる柔軟性の高いサウンドコントロール、3系統出力など、複雑なファンクションを採り入れながらも8HPというコンパクトなサイズを実現しています。


36,800円
(税込40,480円)


| 製品詳細  | 日本語マニュアル  |


製品写真




Pizza is perfect for hybrid synthesis!

FMシンセシスとウェーブシェイピングを組み合わせたユニークな設計、極めて直感的な操作で広大なサウンドパレットを自由自在に操る事ができます!Pizzaはハイブリッドシンセシスの構造を持ち、PULSEとOSC OUTは減算方式で出力をフィルターにミックスすることでマッシブなサウンドを実現しています。

Pizzaは優秀なデジタルVCOであり完全に新しいアプローチによってそれを活用する事ができます。必要な場合にはキャリブレーションモードを実行でき、通常ではPITCHノブがオクターブ・トランスポーズ、またはデチューンの役割を果たします。




3 oscillators in one

Pizzaは3基のオシレーターで構成されています。1つめは位相変調(FM)とウェーブフォールディングの機能を持つメインオシレーター、残りの2基はモジュレーティングオシレーターです。。モジュレーションオシレーターは、専用の出力を持つOCT OSC(オクターブオシレーター)と、より高度なFMの役割を果たすRATIO OSC(レシオオシレーター)で構成されます。共に驚くほど多彩な音色を実現するためのWave Shapeコントロール(スクエア~サイン~ソー波形を調整)を備え、メインオシレーターをリングモジュレートすることも可能です。FM INDEXクロスフェーダーは、RATIO OSC/OCT OSC(EXT入力を使って外部信号からのFMも可能)により、メインオシレーターにに位相変調をかけます。FM INDEX CV入力にはアッテヌバーターを配備しFM INDEXをクリエイティブに制御します。




Assignable control

CTRLノブとCV入力は自由なアサインが可能であり、オシレーターのコア部分により深くアクセスすることができます。これにはリニアFM、エクスポーネンシャルFM (global, Octave,Ratio Osc)、オクターブ、デチューン、モジュレーターレシオ、ウェーブシェイプ、ウェーブフォールド、リングモジュレーション、内蔵のバイポーラVCAのいずれかのコントロールに割り当てることが可能です。これにより驚くほどフレキシブルな演奏スタイルを可能にしています。



Easy callibration

EXT入力により、メインオシレーターに外部オシレーターからのFMを実行することができます。
また、V/OCT入力は全てのソースに対して正確にマッチできるよう、簡単にキャリブレーションすることができます。0Vに対応するノートCと2オクターブ上のC(2V)を演奏するだけで完璧なチューニングを実現できます。さらにV/OCT入力をクオンタイズできる機能も装備しており、パーフェクトな演奏をとても簡単に実現できます。BASTL INSTRUMENTSならではの考え抜かれた設計は、まさに新しい世代のデジタルオシレーターの扉を開きます!






Features:

● 3基のオシレーターを内蔵したコンプレックス・オシレーター
● 位相変調(FM)、ウェーブフォールディング、リングモジュレーションを備えるメインオシレータ
● オクターブ・オシレーター(独立出力、スクエア~サイン~ソー波形可変、ウェーブシェイパー付き)
● レシオ・オシレータ(FM用、ユーザーが調整可能、スクエア~サイン~ソー波形可変、ウェーブシェイパー付き)
● 3系統の波形出力
● メイン・オシレータのパルス出力
● レシオ・オシレータとオクターブ・オシレータ間のFMインデックス・クロスフェーダー
● Index Mod CV入力用のアッテヌバーター
● オペレータのウェーブシェイピング、2種類のウェーブフォールディング、リングモジュレーションを備えるSHAPEセクション
● すべてのオシレータをリセットするためのシンク入力
● Pitchノブによるオクターブ・トランスポーズとデチューン機能
● 半音のトランスポーズとファインチューンを調整できるTuneモード
● オクターブ・オシレーターの位相変調を外部信号で置き換えられるEXT入力
● 自動キャリブレーションとクオンタイズ機能を備えたV/OCT入力
● アサイン可能なCTRLノブとCV(lin/exp FM、レシオ、オクターブ、デチューン、ウェーブシェイピング、VCA)
● マイクロUSB経由でのファームウェア・アップデートに対応

Technical Details:

● 8 HP(D=24mm)
● PTCヒューズとダイオードで保護された10pinパワーコネクション
● 消費電流:+12V: 90mA; -12V: 20mA







アンブレラカンパニー | クリエイティブでユニークな音楽制作機材と楽器の輸入販売
株式会社アンブレラカンパニー
〒196-0022
東京都 昭島市 中神町 1157-11

TEL 042-519-6855
FAX 042-511-9656
© Copyright 2012 Umbrella Company