Home / / Grace design

......................................................................

m900

Studio Reference Headphone Amp / DAC / Preamp

......................................................................

スタジオ・リファレンスのためのモニターコントローラー、DAC / ヘッドホンアンプ

GRACE design m900は、デスクトップ・オーディオの再生環境を新しいレベルに導く、モニターコントローラー、DAC / ヘッドホンアンプです。プロスタジオ環境におけるリファレンス・モニタリング、ラップトップ編集やオーディオ・ミキシング、または純粋な音楽リスニングのために、GRACE designならではの業務レベルの品質と信頼性を、人間工学に基づいた頑強で美しいポータブル・デザインに収めました。

32bit/384kHzPCM、11.2MHz(256x)DSD対応のアシンクロナス対応USB DACに加え、S/PDIF、Toslinkのデジタル入力を拡張。2モードの完璧なUSB電源のデザイン、クロスフィード機能、4つのDACフィルター、0オーム出力インピーダンスのヘッドホン出力、スピーカーのボリューム・コントローラとしても使用できるライン出力など、USB DAC/ヘッドホンアンプにおいて、常にその設計を磨きあげてきた長年の研究の成果の全てが、このコンパクトなm900に集約されています。

スタジオでも、自宅のデスクトップでも、もちろんモバイル環境においても、m900は「そこにある音楽のすべて」を再生できるよう設計されています。

m900 
64,000円(税抜)


製品詳細 | 製品マニュアル | サウンドレビュー 

製品写真

 最新のAKM 4490 DACチップ搭載

m900には最新のAKM 4490 DACチップを採用。32ビット処理機能を備え、最大384kHzのPCM、または11.2MHz(256x)DSDをフルサポート。デジタル入力はUSB、S/PDIF、Toslinkの合計3系統入力に拡張されています。また、4タイプのDACフィルターを選択可能です。USBインターフェイスは「アシンクロナス(非同期)モード」で動作し、m900をクロックマスターに、極低ジッターの再生環境を実現しています。






 2タイプのパワーモード

インテリジェントな電源設計を持つm900は、2タイプのパワーモードで動作させることが可能です。ローパワーモード(LOW)は、USBバスパワーとデータ伝送を1本のUSBケーブル共有するスタンダードな接続方式です。ハイパワーモードでは付属の2A USB DC電源を2番目のUSBコネクタに接続することで、パワーラインとデータ伝送のラインをセパレートし、さらに高品位なモニタリング・パフォーマンスが達成されます。






 拡張された入出力構成

出力は2系統のヘッドホン出力に加え、RCAライン出力を装備。m900をスピーカーのボリューム・コントローラ(プリアンプ)として使用することができます。



 さらにブラッシュアップされたマイケル・グレース氏のパーフェクト設計

GRACE designが一貫して採用する「カレントフィードバック回路(電流帰還回路)」のアンプデザインと、「0オーム出力」のヘッドホン・アウトプットが織りなす「新境地のサウンド」は、トランスペアレントで音場感に優れ、完璧な輪郭を持つローエンド再生能力を引き出しました。定評のあるグレースデザインのサウンドは、また大きく進化したといえます。

現代のプロフェッショナル・オーディオを代表する回路設計デザイナーであるマイケル・グレース氏を筆頭に、優れたエンジニアリング・チームを形成するGRACE designにしか成し得ない「パーフェクト設計」が最大の魅力です。






 最新バージョンの「クロスフィード回路」

最新バージョンの「クロスフィード回路」はセットアップメニューからオン/オフが可能。実際のアコースティック環境でのスピーカー再生をシミュレートし、聴き疲れのしない、よりリラックスしたヘッドホン・リスニングを実現しています。



 揺るぎないコンセプトの追求

「音楽に存在している〈芸術的な美しさ〉を、揺るぎない〈忠実性〉を持って伝えること」をコンセプトに、本物の価値があるオーディオ・グレードだけを20年以上にわたり追求し続けてきたGRACE design社。繊細な表現。静寂な部分までを含めた、「1:1の伝送」への飽くなき探究心は、m900の設計の至る所でそれを発見することができます。

聴きなれたトラックを聴いてみれば、必ずそこに新しいディテイルを発見できるはずです。レコーディング時のモニタリングやミックス、マスタリングなどのオーディオ制作では、その精度を高めるだけでなく、作業をより迅速かつ簡単にしてくれるはずです。









 Specification

THD+N 1kHz, 22Hz-22kHz BW
@1.0V out, no load <0.002%
@1.0V out, 32 Ohm load   <0.010%
Intermodulation Distortion SMTPE/DIN 4:1 50Hz, 7kHz
@1.0V out, no load   <0.008%
@1.0V out, 32 Ohm load   <0.009%
Frequency Response +/-3dB
Fs=96kHz   0.5-45.9kHz
Dynamic Range
20-22kHz bandwidth   112dB
20-22kHz bandwidth and A weighting filter   115dB
Output Noise
20-22kHz, volume=0-90   -106dBV
A weighting filter, volume = 0-90   -109dBV
20-22kHz, volume=90.5-99.5   -96dBV
A weighting filter, volume = 90.5-99.5   -98dBV
Crosstalk
100Hz   <107dB
1kHz   <98dB
20kHz   <72dB
Attenuation Range
0 to -99dB, 0.5dB steps    
Channel Tracking Accuracy
+/-0.05dB    
Maximum Output Level, No load
Low Power Mode   +14.1dBV (5.1V)
High Power Mode   +15.5dBV (6.0V)
Impedances
Headphone Output   0.08 Ohms
Line Output   47.5 Ohms
Input Lock Range Sample Rate Lock Range
S/PDIF 44.1kHz 43870-45420Hz
  48kHz 46590-49220Hz
  88.2kHz 87760-90830Hz
  96kHz 93520-98430Hz
  176.4kHz 175700-181640Hz
  192kHz 187050-196380Hz
     
TOSLINK 44.1kHz 43900-45410Hz
  48kHz 46590-49190Hz
  88.2kHz 87840-90830Hz
  96kHz 93520-97530Hz
     
USB supported sample rates 44.1, 48, 88.2, 96, 176.4, 192, 352.8, 384kHz
Power Consumption
Max, High Power mode   8.0W
Max, Low Power mode   2.5W
Dimensions and Weight
W101mm x D133mm x H4.6mm    
1,130g (shipping weight)
Headphone Output Power / Low Power Mode Output Power mW  
Load Resistance Ohms 1 Channel Driven 2 Channels driven
4 80 22
8 140 45
16 310 90
20 350 100
32 600 175
50 560 280
300 83 83
600 40 40
Headphone Output Power / High Power Mode Output Power mW  
Load Resistance Ohms 1 Channel Driven 2 Channels driven
4 925 240
8 1800 490
16 1900 940
20 1575 1030
32 1020 950
50 680 650
300 115 115
600 57 57



アンブレラカンパニー | クリエイティブでユニークな音楽制作機材と楽器の輸入販売


株式会社アンブレラカンパニー
〒196-0022
東京都 昭島市 中神町 1157-11

TEL 042-519-6855
FAX 042-511-9656
© Copyright 2012 Umbrella Company