Home / / REUSS

......................................................................

WE-02
Muzzbox
Warren Ellis Model

Muzz Fuzz Pedal

......................................................................

Warren Ellisとのコラボが生み出したOctavia直系のファズ・サウンド!

Reuss WE-02 Muzzbombは、Dirty Three, Nick Cave and the Bad Seeds/Grinderman、また様々なフィルム・スコアの作曲も手がける"マルチ楽器奏者"Warren Ellis(ウォーレン・エリス)のトレードマークでもある自作ファズを公式に再現したアーティスト・モデルです。

ベーシックな回路はジミ・ヘンドリックスで有名なOctavia(Octavio)のファズ回路で、アッパー・オクターブを伴うファズサウンドですが、このMUZZBOXには様々な「ひねり」が加えられ、ワン・アンド・オンリーなトーンを獲得しています。

MUZZBOXには間違いなく「何者でもない」オリジナルのサウンドが宿っています。極めてノイジーで暴発したファズトーンから、ナチュラルなフィードバック、オーガニックでざらついた質感、いなたいオクターブトーンまで、手元ボリュームや他のペダルと有機的に反応しあい、様々な風景を自由奔放に描き出します。


24,000
(税込 26,400円)


| 製品詳細  | 

製品写真

 マルチ楽器奏者のウォーレン・エリス独自の世界観を再現した、「SICK」で「EVIL」な超個性的ファズサウンド。

Reuss WE-02 Muzzboxは、Dirty Three, Nick Cave and the Bad Seeds/Grinderman、また様々なフィルム・スコアの作曲も手がける"マルチ楽器奏者"であるWarren Ellis(ウォーレン・エリス)とのコラボレーション・モデルです。

Warren Ellisはバイオリン、ビオラ、ギター、テナーギターをはじめとする様々な楽器を演奏しますが、常にミステリアスな黒のペダル・エフェクトを使用していました。これは彼の兄であるMurray EllisがOctaviaを意識して設計したものですが、実際にはとても奇妙な『Muzz』サウンドを得られる独特なサウンドに仕上がり、結果Warren Ellisならではのサウンドの象徴的存在となったのです。

WE-02 MuzzboxはWarren Ellisがコペンハーゲンを訪ねた際にREUSSにこの重要なペダルのバックアップを製作してほしいと依頼したことに始まります。彼は様々なテクニシャンにこのペダルのコピーを作らせたが、どれもサウンドが異なり代替になるものではなかったそうです。REUSSはこれを完璧に1:1で再現し、そのサウンドやトーンが正しくなるよう耳でチューニングしていきました。

『Muzz』エフェクトは基本設計は1970年代のOctaviaの回路でしたが、全く異なる聞いたことのないようなファズサウンドを得ることができます。Octaviaのようにオクターブアップのファズサウンドが得られ、わずかなリングモジュレーションが加わる独特なダーティー・サウンドです。

『Muzz』エフェクトの前段にオーバードライブ(またはファズペダル)を接続するのもお勧めです。Warren Ellisは前段にオーバードライブを置いて独特なファット・サウンドを得ています。また後段に歪み系のペダルを置いた場合はオクターブアップのサウンドが強調された、ロングサスティーンが特徴的な「Dirty」サウンドになり、こちらもとてもお勧めのセッティングです。

Warren EllisはMuzzエフェクトをバイオリンや、彼のトレードマークでもあるテナーギターに良く使用しています(本機の入力にviolin/tenorと記載しているのはそのためです)。もちろんE.ギターやベースでもその何者でもない個性的なオクターブアップのファズトーンを楽しむことができます。



<Warren Ellisについて>

Warren Ellisはオーストラリア出身のマルチ楽器奏者Dirty Threeでの切ないロード・ムービーのような漂流感は唯一無二の個性を、Nick Cave and the Bad SeedsやGrindermanでの活動ではブリクサに代わり、もはやニック・ケイブの片腕的存在となった。Ellisはバイオリン、ピアノ、ブズーキ、ギター、フルート、マンドリン、テナーギター、ヴィオラなど、様々な楽器を自在に操る。また多くのフィルム・スコアを手掛けており、天才と奇人の間を揺れる音楽家である。彼がステージで作り出す独特な音響やトーンは常に話題の対象であり、彼の足もとにあるエフェクターがどのように使われているのかは多くのファンの間でディスカッションされてきた。中でも今回レプリカされた謎の「黒いMUZZボックス」は長年ミステリーの対象だったペダルである。




 WE-02 Muzzbox Features

■ Warren Ellisのハンドメイド・ファズを完全に再現したファズ
■ ハンドメイドのブティック・クオリティ
■ トゥルー・バイパス・スイッチング
■ Neutrikジャックと高耐久性を誇るハイエンド・フットスイッチ
■ ACアダプター(BOSSタイプ、9Vセンターマイナス)or 9V電池駆動



 Sound Sample


‘INTENSITY’ set low. Boost ‘on’
‘INTENSITY set higher. Boost switched on and off
‘INTENSITY set high. Boost ‘on’
Muzzbomb with a Reuss DB-01 Double Bender Fuzz first
Muzzbomb with a Reuss DB-01 Double Bender Fuzz after

- All clips features my friend Fzat playing a Fender Jazzmaster through his 1980s
Reuss Marshall Super Lead amp


Reuss Muzzbox high Intensity setting

Takeo Yamamotoさん(@gizmomusic)がシェアした投稿 -





Reuss Muzzbox with low Intensity

Takeo Yamamotoさん(@gizmomusic)がシェアした投稿 -





 Manual


‘INTENSITY’
Muzzエフェクト(Fuzz/Noise/Mayhem)を調整します。フルアップの状態ではコンプレッション感のあるノイジーなオクターブアップエフェクトが加わる独特なファズトーンとなり、恍惚的なギターフィードバックも得ることができます。また入力シグナルによって様々な表情になるので、手元のボリュームや前段のペダルでレベルを増減してみるとバリエーションが得らえます。逆に絞り気味のセッティングではオクターブエフェクトの存在感が際立つ懐古的なファズトーンとなり使いどころ満載のいなたいファズサウンドとなります。


‘LEVEL’
出力レベルを調整できます。



Try this!!’

『Muzz』エフェクトの前段にオーバードライブ(またはファズペダル)を接続するのもお勧めです。Warren Ellisは前段にオーバードライブを置いて独特なファット・サウンドを得ています。また後段に歪み系のペダルを置いた場合はオクターブアップのサウンドが強調された、ロングサスティーンが特徴的な「Dirty」サウンドになり、こちらもとてもお勧めのセッティングです。


↓ この楽曲の1分10秒くらいから始まるギターソロでは、Warren Ellisは、オーバードライブ・ペダルを前段に接続して、MUZZエフェクトと一緒に使用しています。


















Reussのハンドメイド・エフェクターは毎回限定ロット数でのみ生産されています。
ロットごとにデザインや色、型番、回路・部品などの設計が変更になる場合がございます。
またレアパーツなどの入手状況などにより突然の生産終了などがあるため予め御了承ください。




アンブレラカンパニー | クリエイティブでユニークな音楽制作機材と楽器の輸入販売
株式会社アンブレラカンパニー
〒196-0022
東京都 昭島市 中神町 1157-11

TEL 042-519-6855
FAX 042-511-9656
© Copyright 2012 Umbrella Company