Blog

【ZOIA駆け込み寺】ZOIAで4ケーブルメソッドの巻

 

なんでも作れる、なんでもできちゃう魔法のデバイス、Empress Effects – ZOIA。その圧倒的な自由度のため「こんなのはできる?」「どうやって作ったらいい?」という疑問を持つのもしばしば。そんなクエスチョンに答える連載シリーズが【ZOIA駆け込み寺】。駆け込み寺の住職がズバッと解決致します。

過去のZOIA駆け込み寺シリーズや、アンブレラカンパニーで制作したZOIAのチュートリアル記事はこちらからどうぞ。
https://umbrella-company.jp/contents/tag/zoia-tutorial/

ZOIAのご質問もお待ちしております!
info@umbrella-company.jp

 

Q. ZOIAにはinputとoutput端子がL/Rでそれぞれ2つありますが、これを利用してモノラルで4ケーブルメソッドは可能でしょうか?
例えばZOIAのcompressorとOD→アンプのプリアンプ→ZOIAのディレイやリバーブといったルーティングは可能でしょうか。

A.ZOIAではモノラルでの4ケーブルメソッド接続も可能です!
ZOIAのL/Rそれぞれの入出力は完全に独立したルーティングが可能です。便宜上はLとRで表現されていますが、INPUT1/2とOUTPUT1/2として考えても良いと思います。内部のルーティング次第でステレオオペレーション、ギターとベースなどを同時に接続して別の経路を作るデュアルモノオペレーション、そしてモノラル4ケーブルメソッドももちろん可能です。

質問として上げてもらった想定する接続例をもう一度見てみましょう。

ギター

ZOIA(input L) – ZOIA(output L)
*ここでZOIA内でコンプやODを掛けたい。

ギターアンプ in

ギターアンプ send

ZOIA(input R) – ZOIA(output R)
*ここでZOIA内でディレイやリバーブを掛けたい。

ギターアンプ Return

このような4ケーブルメソッドには、使い方の一例として、

・Input, Output, COMP(コンプレッサー), OD(オーバードライブ), Delayモジュールを用意。
経路1: INPUTモジュールLからCOMP、そしてODモジュールへ、ODからOUTPUTモジュールL
経路2: INOUTモジュールRからDelayモジュールへ、DelayからOUTPUTモジュール

と設定することで、完全に独立した2つの信号経路を割り当てることができ、4ケーブルメソッドを実現できます。

全てのエフェクトをギターアンプのINPUTへ接続すると、全てが最後にアンプのプリアンプ回路を通って出力される形になります。対して4ケーブルメソッドを使ったこの接続方法では、アンプで作られるサチュレートしたサウンドの後段に更にエフェクトを配置できるため、リバーブやディレイといった空間系はより鮮明で理想的な効果が期待できます。

alt="empress effects,エンプレスエフェクト,ZOIA,ゾイア,モジュラーシンセ,モジュラーペダル,エフェクター,モジュラーペダルシステム,マルチエフェクター"
他にもプリアンプ後のループでコンプレッサーを更に掛けてやる使い方も効果的でしょう。これはレコーディング時、マイクで収録したギターサウンドに対してミックスでEQやコンプで音を整えることに近い効果となります。マイクこそ通さないものの、ループ内でコンプをかけることでレコーディング処理のような歪みの粒を揃えたり、メリハリをつけたりといった補正を行えます。

一般的なギターエフェクターの形をしたコンプは主にサスティンを稼ぐことが目的で結構強引です。ここで紹介したテクニックは違った考え方でのコンプ術が必要になってきますが、ZOIAを検討するくらいなら楽しんで覚えていけると思います。
ZOIAに搭載されているCOMPRESSORエフェクトモジュールは各パラメータを細かく設定できるタイプのため、こういった使い方にもバッチリです。ぜひ試してみてください。


ここではモノラルの4ケーブルメソッドをご紹介しましたが、INPUTL/RとOUTPUT L/Rは完全に独立しているため、他にも様々なオペレーションが考えられます。ZOIAには高品質なキャビネットシュミレーターモジュールが搭載されているため、例えば一つの出力はモニタースピーカーやヘッドホン、もう一つはPAシステムへ直接送ってしまっても良いでしょう。別々の楽器を繋いで完全に別のエフェクトチェーンを構築し、OUTも全く別に送ることだってできます。もちろん一般的なステレオオペレーションも可能。ZOIAに搭載されている空間系エフェクトは非常に高品質なため、ステレオ出力したときの圧倒的な音像の広がりには驚いていただけると思います。
貴方の想像の限界まで、ZOIAは何でもこなすことができるのです。

 

★アンブレラカンパニーではEmpress ZOIAのチュートリアル記事を沢山製作しています。こちらからどうぞ!

https://umbrella-company.jp/contents/tag/zoia-nayami/
https://umbrella-company.jp/contents/tag/zoia-tutorial/

★ZOIAについてはこちら。
https://umbrella-company.jp/empress-effects-zoia.html

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

CAPTCHA


アーカイブ