Blog

NERDSEQとは?

NERDSEQはMODトラッカーのシーケンサースタイルをベースとしたとてもNERD(オタク)なユーロラックモジュラー規格のトラッカーシーケンサーモジュールです。

MODトラッカー(オーディオ・モジュール・トラッカー 以下トラッカーと表記)とは、古く80年代後期、初期のMacintoshやMS-DOS、Amigaなどのクラシックなコンピュータなどを使い、Fasttracker2やOctaMED(Amiga)などのトラッカーソフトや、昨今でもゲームボーイを駆使したチップチューンの打ち込みに使われている方式のシーケンサーで、縦方向に順列で各トラックのパラメータを可視化しながら編集できるシーケンスとサンプラーを内包した表計算ソフトのような数値入力による作曲方法が特徴の独特なシーケンサーです。
現在の使いやすくグラフィック化されたソフトシーケンサーや、スタンドアローンのステップシーケンサーなど数多くありますが、それとは違う趣きでの精密さや偏執狂的なインスピレーションで自由度の高い打ち込みができるのがトラッカーシーケンサーの特徴です。現在のシーケンサーソフトに慣れている方には一見取っ付き辛そうなインターフェイスですが、すべての編集機能は非常に使いやすいアーキテクチャーで組まれたディスプレイで、CV /トリガー/ゲート生成のための6つのトラックとサンプラー用の4つのトラック、合計10トラックを上下左右のカーソルを使い各パラメータの精密な編集を手早くおこなえる他、サブメニューへのアクセスも深い階層のあるような複雑なものではなく、瞬時にライブ編集を行える構成となっています18つの出力(12 CV + 6トリガー/ゲート)と自由に割り当て可能な4つのCV 入力により、多数のユーロラックモジュールのコントロールも可能となり、それに加え2つのサンプラー専用オーディオ出力やクロック入力/出力も装備しており、このNERD-SEQを使いこなせばあなたのモジュラーシステムの渦の中心となるマスターシーケンサーワークステーションとなること間違いありません。

また、microSDカードスロットも装備されており、PCなどで編集したオーディオサンプルファイルをロードしたり、NERD-SEQで作成したプロジェクトの保存/ロードも可能です。※別売のIO-EXPANDERを増設すれば、MIDI IN/OUTでのコントロールや同期、DIN-SYNCも可能、15ピンコネクターを持つゲームパッド(古いSEGAなど)を使った操作も可能となります。


★ 日本語 取扱説明書

http://umbrella-company.jp/manuals/xor-electronics-nerdseq.pdf


NERDSEQ 主な特徴

■ MODトラッカーに触発されたサンプラー内蔵のハイブリットトラッカーシーケンサー
■ 18つの出力(12 CV + 6 Trigger/Gate)とCV /Trigger/Gateを編集するための6つのシーケンサートラック
■ サンプラー専用2つのオーディオモノラル出力と、サンプリングの演奏におけるピッチ、サンプルエフェクト、リトリガーなどのための特別な機能を含む4つのサンプルトラック
■ 専用のクロック/リセット入力および出力は、さまざまなクロックタイプに使用可能
■ 4つの自由に割り当て可能なCV 入力
■ 最大64ステップのパターンを作成(チェーニング、ポリリズムトラック、グルーヴ、グライド、パッチ、スペシャルエフェク ト、リトリガー、フレキシブルトリガー/ゲート/ステップ長、確率設定、テーブル(など数多くのエディットが可能)
■ ライブでのエディット操作やCV / Gate録音に使用が出来、合計最大10つのトラックを同時使用可能
■ サンプルファイルはフロントパネルにある専用のSDカードからロード可能
■ シーケンサーは、(多くのループ制作と同様に)ループを作成したり、1つのプロジェクトに複数の曲を追加したりすることができます。
■ 深い階層のあるような複雑なサブメニューは少なく、すべての編集ウィンドウに1つのボタンまたはShift +ボタンで瞬時にアクセス
■ microSDカードにプロジェクトやサンプルファイルの保存/ロードが可能。

■使用最大電流(A):+12V—190mA −12V—32mA
■サイズ:ユーロラック 32hp
■ディスプレイ:3.2インチカラーLCDディスプレイ


NERDSEQ ソフトウェア概要

■ 8つのトラッカートラックは独立していて、それぞれ同期/非同期でプレイすることが可能
■ エンドレスなパターンチェーン再生
■ すべてのパッチは、使いたい機能へすぐにアクセス
■ CV、Mod、Gate、Tables、Samples、FXのProbability(確率設定)を0~100%の間で設定できます(全ての機能で使用可能)
■ ノートスケール入力を持つパターン,パッチ選択,トリガー/ゲート、リトリガー/ラチェット、CV、モジュレーションマニュピ レーション、グルーヴ設定、ピッチ、グライド、グライドクオンタイゼーション、テーブルなどのの多彩な機能
■ CV/GATEのモジュラートラックにおいて ステップごとのそれぞれのパターンへダイレクトに4つのFXのProbabilityで確率設定 が可能
■ パターンやステップごとのグルーヴ設定で、さまざまなステップの長さ、シャッフル、ポリリズムを作り出すことができます
■ トランスポーズやテーブルシーケンスがすべてのトラックで設定可能
■ メインクロックに同期しているかどうかにかかわらず、テンポスピードのスケールとクロックソースを自由に変化
■ さまざまなオートメーションを割り当てるためのAutomationスロット(LFO, エンベロープ, ノイズ,ランダム..etc)
■ モジュレーションマトリックスを介してパラメータに自由にコネクトできるグラフィカルなAutomator機能
■ プロジェクトとサンプルファイルのマネージメント機能
■別売のIO-EXPANDERを増設すれば、MIDI IN/OUTでのコントロールや同期、DIN-SYNCにも対応、9ピンコネクターを持 つゲームパッド(SEGA Gamepad 8)を使った操作も可能
■クロックソースは、クロック入力経由で1/16アナログクロック、24ppqn、MIDIクロック、Din-Syncに対応 クロック出力は、1/16アナログクロック、DIN-Sync、Midi Clockに対応
■ すべてのモジュラートラックは他のモジュラートラックから操作可能
■ クロックディバイダーと設定豊富なクロックマルチプライヤ機能
■ ON/ OFF、OFF / ON(遅延ゲート)、リトリガーを異なるタイミングで加工できる多彩なトリガー機能
■ ゲートタイムのリリースの長さは必要に応じて短くすることも長くすることもできます。(可能なステップの長さよりはるか に短くもできます)
■ パターン内またはパターン間でマークされた部分をコピーする高度なコピー&ペースト機能
■ ノートスケール(音階)でサンプリング音のピッチをコントロール
■ ボリューム、ファインピッチ、リトリガー、バックワード、ビットクラッシュ、ディストーション、オフセットなどの サンプルエフェクト内蔵
■ ライブモードでトリガー、ミュート、ソロパターンをコントロール
■ パターンの作成、操作、CVレコーディング、ライブ演奏中にアクセス可能なエディット機能
■ パターンクローン、パッチクローン作成機能
■ まざまな機能へのCV入力の自由にアサインできるルーティング機能


★ 日本語 取扱説明書

http://umbrella-company.jp/manuals/xor-electronics-nerdseq.pdf

 

★販売ページはこちら

http://www.gizmo-music.com/?pid=142954283

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

CAPTCHA