Blog

Walrus Audioのコーラスペダル、JULIA。澄み渡るコーラスサウンドに、次世代のファンクションを搭載。数あるWalrus Audioのエフェクターラインナップの中でも特に人気のペダルです。
REVERB.COMでは昨年2018年のコーラスペダル部門で販売数第1位となりました!

詳しくはこちらをご覧ください

フルアナログ回路、ドライミックスのコーラスからビブラートサウンドまで無段階にブレンドが可能、美しく深みのあるコーラス/ビブラートペダル。

今回、Walrus Audioが製作したデモビデオに日本語の字幕を追加し、公開致しました。ビデオではJULIAの洗練されたサウンド、そしてd-c-vブレンドLAGコントロールなど次世代の機能性をわかりやすく、解説しています。ぜひチェックしてみてください。

JULIAの一番の特徴としては、d-c-v(ドライ-コーラス-ビブラート)ブレンドがあげられるでしょう。このノブは左に回しきりで完全にドライ音のみが出力され、上げていくとドライ音にコーラス音が少しずつブレンドされていきます。コーラス音とドライ音をブレンドすることで、トーンにパンチを与えつつ空間を揺らす独特のモジュレーション感を得られます。歪みペダルと組み合わせるときだったり、トーンの明瞭さを失いたくないベースでの使用時でも最適なブレンド比率を設定できます。

ノブは12時方向でコーラス音のみ、そこから更に上げていくとビブラートサウンドがブレンドされます。コーラスとビブラート両方のモードを備えるペダルの多くが、スイッチでのモード切替を備えているのに対して、JULIAはコーラスとビブラートのブレンド比率を無段階にノブでコントロールすることができるのです。1-3時辺りのコーラスとビブラートが絶妙にミックスされたモジュレートトーンは、JULIAでしか楽しめない、まさに深海の神秘的なサウンド。ビブラートといっても大きくピッチベンドするわけではないので、隠し味的にフレーズに仕込む事ができます。

LAGコントロールもJULIAを説明する上では外せません。このコントロールはLFOエフェクト・モジュレートのプリディレイを調整でき、短く設定するとスムースでタイトなモジュレーション(フランジャー的なサウンドも)、長く設定すると深いモジュレーションが得られリッチなサウンドになります。コーラスとビブラートのキャラクターを変えていくこのコントロールで、JULIAは更に幅広いトーンバリエーションを持っています。

そしてなによりベーシックなコーラスのサウンドがかなり上質です。JULIAはフルアナログ回路。すべてのノブを10時方向にすると、誰もが想像する80年代のコーラスサウンドを彷彿とさせる爽やかで澄み渡るトーンが響きます。もちろんLAGコントロールやd-c-vコントロールを使って、そこからさらにトーンを進化させることができます。

そんなJULIAを含むWALRUS AUDIOの魅力的なペダルを一挙にお試しできる、WALRUS AUDIOペダルボードツアーが絶賛開催中です!現在はロックイン新宿デジタル&エフェクター館さんにてボードを設置中。

ペダルボードツアーについての最新情報はこちらか、またはアンブレラカンパニーのSNSをチェックして下さい!

オルタナティブな感性を刺激してくれるペダルにぜひ触れてみて下さい。

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

CAPTCHA