Blog

Empress Effectsの3つの歪み系ペダルが価格改定!お求めやすくなりました。

カナダの天才エンジニア集団が作り上げる、高品位なエフェクトペダルブランド、
“Empress Effects”。そのずば抜けた音質とファンクションで、今や新世代を代表するブティックペダルブランドとなりました。

現在のEmpress Effectsは“Tape Delay”, “Reverb”, “Echosystem”など特に空間系のジャンルでの評価が圧倒的です。またモジュラーシンセとギターペダルの世界の境界線を取り払うような新しいデバイス“ZOIA”は発売以来精力的にアップデートで続いており、ユーザー間のコミュニティの広がりもあって進化し続けています。長らく廃番となっていた大人気ペダルCompressorのネクストモデルとして、“Compressor MKII”“Bass Compressor”の2機種がリリースされたのも嬉しいニュースでした。

そんなEmpress Effectsですが、スタンダードなドライブペダルも多数リリースしております。よりベーシックなペダルでもEmpressならではの高品位設計は貫かれており、どれもファンの多い製品です。そんな人気のドライブペダルのうち、“Germ Drive”, “Distortion”, “Fuzz”の3機種の価格改定が今回発表されました!

より手に取りやすい価格になり、Empressのハイレベルなサウンドクオリティを楽しむための入り口としても最適です。同じ価格帯の歪み系に比べると、間違いなく一つ頭が抜けた抜群のサウンドと断言できます。

ぜひ全国の販売店様でお試しください!

・Germ Drive
1950年代のツイード系真空管アンプのサウンドを完璧に再現。ウォームな倍音成分が心地よいリッチなオーバードライブトーンが特徴。ギターボリュームやニュアンスへの追従性も重視されており、手元のコントロールで幅広いサウンドメイクが可能です。エンハンスされた最高峰の歪サウンドを楽しめます。

・Distortion
Empressの技術が集結された高品位ディストーション。マイルドなクランチから分厚いリードサウンドまで、すべての高いクオリティで表現します。3つのフレイバースイッチで、真空管アンプのナチュラルなサチュレーションと、タイトなローエンドを追求しています。

 

 

 

・Fuzz
クラシックでスムーズなファズサウンド。リッチなサステインと素晴らしい明瞭度を両立し、複雑なコードも粒立ちよく響きます。ゲインと2バンドEQは可変幅まで緻密に設計され、幅広いサウンドを演出できます。

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

CAPTCHA