Blog

puredataエンジンを搭載したパーソナル・コンピューター的シンセサイザー “Organelle”で話題をさらっている Critter & Guitariが現代アート・シーンでも注目されています。

ニューヨーク州のスキッドモア大学内にある”Tang Museum”では、2016年6月5日までの間、Elevator Music 30 Critter & Guitariという特別なインスタレーションが行われています。

Critter_01

サウンドはもちろん、テクノロジー、マテリアル、そしてデザイン性を重視したCritter & Guitariの製品は、どれも「創作物」としての価値が高く、アート作品のような趣を持ち合わせています。また音や映像を通して、子供から大人まで普遍的な楽しみやちょっとした驚き、そしてイマジネーションを与えてくれるのです。

子供達もたのしい。

子供たちもたのしい。

Tang美術館でのインスタレーションでは、キャンディーのようにカラフルなインストゥルメンツの展示、さらにビデオ・シンセサイザーとディスプレイ・モニターが設置され、耳と目の両方からCritter & Guitariの作品を楽しむことができます。

楽器演奏の知識や技術がなくても、ノブを回したり、ボタンを押すだけで、最高にカラフルで、グルービィーな音楽や映像を楽しめる彼らのアイデアは、ここでも年齢を問わずに楽しまれているようです!

大人たちもたのしい。

大人たちもたのしい。

その"たのしい"を作っているのは彼ら。

その”たのしい”を作っているのは彼ら。

 

products-page_button

 

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

CAPTCHA