Home / / WALRUS AUDIO

......................................................................

385

Amp-Like Overdrive
.....................................................................

タッチレスポンスに優れる『アンプ・ライク』なオーバードライブ


Walrus Audioの385は、ダイナミックでタッチレスポンスに優れる『アンプ・ライク』なオーバードライブです。

1950年代に製作された Bell & Howell 385 ビンテージ・フィルム・プロジェクターの、デュアル6V6真空管構成のオーディオアンプ部を改造し、ギターアンプとして利用することは一部のマニアの間で知られてましたが、Walrus Audioは他のどんな機種とも異なる、個性的な『アンプ・ライク・ペダル』を設計するために、この385の回路やサウンドを研究し、独自のサウンド美学に基づき Walrus Audio 385をデザインしました。


25,000 円(税抜)


製品詳細 |

製品写真


優れたタッチレスポンス

Walrus Audioの385は『タッチレスポンスに優れる』という点において傑出しています。ピッキングの強弱に追従する歪み加減を驚くほど伝えることが可能であり、強くピッキングすれば感情的な歪みサウンドを、(ボリューム設定はそのままに)繊細に弦を弾けば温かみのあるクリーンサウンドを得ることができるため『ダイナミックな演奏スタイル』を可能にします。例えば、指弾きスタイルでブルースを弾けば、そのタッチレスポンスに呼応する表現力に圧倒されるはずです。

ハイ・ゲイン設定では「音楽的なコンプレッション」と、シグナルのシェイプを崩さない豊かな倍音構成となり、リッチな歪みサウンドを、ミドル・ゲインでは「ブルージーなクランチ・サウンド」となります。共にピッキング・ニュアンスの調整だけで、クリーンと歪みを往来できるため、まさに『レスポンシブルなチューブアンプ・トーン・マジック』を堪能することができます。






秀逸なトーン・コントロール構成

Walrus Audio 385のトーン・コントロールは、トレブルとブーストで独立した「カット&ブースト方式」を採用。組み合わせによりミドル・レンジをスクープすることもできるため、多彩なサウンド・スケープ表現を可能にします。

例えばトレブル&ブーストのトーン・コントールを共に真ん中くらいに設定すると、小型のコンボ・タイプ・アンプのような箱鳴りを再現できます。また共に2時くらいの位置に設定すればより大きな鳴りとなり、抜けのよいサウンドに、さらに10時くらいまで戻した設定ではより中域にフォーカスしたようなトーン・シェイプを作り出します。通常のトーン・コントロールに比較して可変幅が広く、ダイナミックにサウンドを変化させたり、反対に細かく調整することで微妙な表現を行うなど、自在のトーン変化と自由な表現でサウンドメイクが可能です。

トーン・コントロール適応後のゲイン補正も、Volノブ(マスター・ボリューム)で行うことができます。





その他の特徴

・内部で18Vに昇圧される回路設計により、真空管アンプ同様のダイナミックなフィールを実現
・ダイキャスト・エンクロージャー:12.2cm x 6.7cm x 3.6cm
・ACアダプター専用 (9Vセンターマイナス、100mA以上)





サンプルビデオ





      ↑ 12:30位からのトーン・コントロールのデモンストレーションは必見。




アンブレラカンパニー | クリエイティブでユニークな音楽制作機材と楽器の輸入販売


株式会社アンブレラカンパニー
〒196-0022
東京都 昭島市 中神町 1157-11

TEL 042-519-6855
FAX 042-511-9656
© Copyright 2012 Umbrella Company