Blog

ギター・マガジン2014年8月号に、ラトビア共和国のブティック・ペダルメーカーZCAT PedalsのHold-Reverbのレビューが掲載されています。あたらしいプレイスタイルを実現するHold機能と、質の高いリバーブサウンドを一体とした個性的なリバーブペダルです。

レビューでは「通常のリバーブとしての実力も文句なし」とまずはリバーブサウンドの質の高さをご評価いただきました。「(たとえば)シンセがロングトーンでコードを弾き、その上でギターが自由に演奏する–それに近いことがこのペダルで可能だ」などとコメントをいただきました。

本当に完成度が高く、さらに従来にない様なプレイスタイルをも可能にするZCAT PedalsのHold-Reverb。まだまだ国内では知られてませんが一生懸命プロモーションして、このペダルの良さをお伝えできたらと思っています。ギタマガさんありがとうございました!

ZCAT Pedals Hold-Reverb レビュー 評価 音質

ZCAT Pedalsにはもう一台お勧めのHOLD機能搭載のリバーブがあります。
Big Reverbがそれなのですが、今回レビューいただいたHold-Reverbとは機能やHOLDの方式が少し違います。

この違いについては以前【エフェクター批評 vol.12】に書きましたのでご参照ください。

 

また今回のギタマガは「もしセッションに歪ペダルを1台しかもっていけなかったら?」という面白い企画があって内容が濃いです。

弊社の取扱のペダルだとEmpress Effects Multidriveや、Manlay Sound Ronno Benderなどを選んでいただいたようです。

ZCAT Pedals Hold-Reverb レビュー 評価 音質

ZCAT Pedals Hold-Reverb レビュー 評価 音質

 

P190には弊社のWalrus Audioの広告掲載しています。

もうすぐ日本初入荷になる注目のニュージェネレーション・リバーブペダル Walrus Audio Descentと、国内での人気も安定してきたVoyagerオーバードライブ/プリアンプの広告になっていますのでチェックしてみてください。

gm082014-walrus-ad

しかし個人的に自社製品よりも一押し(笑)なのは、P80~のエンケンのインタビュー!なぜか「モーターヘッドとの対決」(!笑!)を何度も口にし、「自分の気持ちだけで音を増幅している」との流石の一言。エフェクターのトーンとかセッティングの前に「気持ち」がまず大切ですよね。必読のインタビューでした。

ギタマガ8月号、是非書店でお買い求めください!

 

products-page_button

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー