Blog

WALRUS AUDIOのJUPITER V2が入荷&発売開始いたしました!

JUPITERらしいグラフィックです。Voyagerのグラフィックはソ◯ーズなんじゃないか?なんて怖くてつっこめないですが。音は旧JUPITERと同じ音!同じ音だけど遊んでみる。ファズ感満載です。3段階のスイッチでファズのキャラクターが選べる。どれもファズだねぇ。

真ん中は一番ゆるいが「ブウォオオオ」ってぶっとくて、ぶっ飛ぶ。頭が少しつぶれるのでどことなく管楽器っぽいニュアンスが出る。fuzzを下げフロントのハムバッカーで、正にサックスみたい、弾く音域でアルトテナーもいける、思いのほか強弱がつけやすく、リバーブを効かせてムーディーにピンクパンサー的なのを弾きたくなる。fuzzを上げると むせび泣く、ブローの効いた荒ぶるパワーサックスだ。

に倒すとクリッピングダイオードが切り替わり音量が少し落ちる。より歪は強くなり圧縮感も強い。倍音構成が変化し奇数次倍音が強く出てくる、うっすらとアッパーオクターブが重なってくる。fuzzを上げて強くピッキングすると「ブンゥォオオオオオ」ってピッキングがつぶれスリリング!

のポジションはさらに低いボルテージでクリップさせているのでさらに音量が下がるので levelを上げ補正する。手の付けられないくらいのサスティーン潰れまくる。偶数次倍音は打ち消され、奇数次倍音が残る。toneを上げると3次倍音(オクターブと+5度)これが耳につく、うるさい感じもあり心地よさは無いがキャラは立っている。嵐だ、大赤斑の渦の中はこんな音なのか?

ふたを開けるとトリムポットがある。”DYING BATTERY“と称されている、旧タイプには無かった機能、デフォルトは右いっぱいに回し切って(OFF)あるが、これを動かしていくと、サウンドが痩せ細り、ビチビチした質感?が出てくる。”使えそうで使えなさそう”って思ったけど、この潰れ方はなんかハマるかも?!もっとじっくり試す価値はある。

サックスの音が出るという新発見があり、しばらく遊んでしまった。ギターシンセでサックスの音を出すより、よほどリアルな印象があった。レイテンシーなど無く、チョーキングやビブラートも演った通りに反映される、面白かった。”DYING BATTERY”についてはきちんと攻略する必要ありです!近いうちにJUPITER再び!

 

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー