Blog

毎年規模が拡大している【TOKYO FESTIVAL OF MODULAR 2014】が西麻布のSuperdeluxeで行われました。

モジュラーシンセがこれだけ一堂に集まる国内のイベントはなく、国内外のモジュラーシンセサイザーが大集合していました。

TFOM-2014-01

そんな中で一際その個性が光っていたのが、弊社で取り扱っております AtomoSynthのユーロラックモジュールです!!

TFOM-2014-02-atomosynth

太いアナログサウンドが心地よいお馴染のKOE(声)は前評判も良く、多くの方がその基本性能の高さとサウンドを確かめていました。KOEは2VCOと1LFO、LPF/HPF、ADSRとアナログシンセの基本を凝縮したモジュールで、入門機としても最適な一台です。更にMIDI/CVコンバーターであるKI(気)と組み合わせることでMIDIに対応できます。またこの2つのモジュール(KOEとKI)を組み合わせてデスクトップ型の電源に収めた製品が「KOE minimodular」です。

TFOM-2014-03-atomosynth

残念ながら木製の美しいシャーシに納められていた初期の「KOE Desktop」はリクエストが非常に多かったが、コストがかなり高くなることや、作りやすさなどを優先して今後は写真のようなケースになるようです。木製ケースのものは流通在庫のみで終了になりますのでお急ぎください!

そして今回のAtomoSynthの展示の目玉はこの「Multiklon」です。

TFOM-2014-04-atomosynth

Multiklonはユーロラック対応の8ステップシーケンサーで、13シーケンサーモード、2ランダムモードに対応しています。KOE minimodularと組み合わせることで、Mochika XLを大幅にアップグレードしたような、アナログサウンドをシーケンスさせることができます。かなりかっこいい音がでていました。

弊社にも近日入荷いたしますのでどうぞお楽しみに!

TFOM-2014-05-atomosynth

TFOM-2014-06-atomosynth

福産起業さんのブースは壁!

福産起業さんのブースは壁!

こんなハンドメイド・ガジェット系もありました!

こんなハンドメイド・ガジェット系もありました!

Make Noiseのブースでのノイズパフォーマンス!

Make Noiseのブースでのノイズパフォーマンス!

TFOM-2014-11-atomosynth-

products-page_button

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー