Blog

世界で最も有名な、最も売れた伝説のガジェット系楽器であり、すぐれたアナログ・シンセサイザーでもある「STYLOPHONE(スタイロフォン)」。1968年から全世界で400万台以上のセールス記録しています。デヴィッド・ボウイやクラフトワーク、ジャック・ホワイトなどの有名アーティストがレコーディングやライブで演奏し、現在でもそのファン層を拡大中です。

2017年には、本格的なアナログ・シンセサイザーとして進化したフルスペックの”STYLOPHONE GEN X-1“を発売開始。さらに新しいファンを獲得しています。

stylophone,スタイロフォン,スタイロホン

今年2018年はSTYLOPHONEの誕生から50周年のアニバーサリー・イヤー!英国のDUBREQ本社では50周年記念パッケージのStylophone S1を限定発売するなど、祝福ムードとなっていますが、今回なんと審査員に、数多くのD.ボウイ作品を手掛けた名プロデューサー「トニー・ヴィスコンティ」を迎えた「スタイロフォン・ミュージック・コンテスト」の開催が決定しました!

スタイロフォンが使用された最も有名な楽曲といえばやはりデヴィッド・ボウイの ‘Space Oddity’ 。スタイロフォンのあのシンセサウンドがなければ、あの曲の浮遊感のある世界観は達成できなかったと思われるほど重要なサウンドを担っています。そして1969年のアルバム‘Space Oddity’ のプロデューサーが、今回審査員を務める「トニー・ヴィスコンティ」その人なのです!トニー・ヴィスコンティはその他にもT-REX一連の作品や、SPARKS、Badfinger、Morrissey、Les Rita Mitsouko(The No Comprendoは傑作!)など、多くの個性的なアーティストのアルバムを手掛けています。

今回の「スタイロフォン・ミュージック・コンテスト」は、プロ、アマチュア問わず、2018年6月11日~2018年7月31日(英国時間)までの期間中に、ハッシュタグ#stylophone50でSNSにアップロードすることで参加が可能です。

StylophoneやStylophone GEN X-1をメインに使用したオリジナル楽曲やソングで、長さを2分以内にまとめてアップロードしてください。
楽曲は2分以内で決められています。他の楽器を使うことがもちろんできますが、あくまでもスタイロフォンがメインの楽曲であることが条件です。

アップロード先は「YOUTUBE」、または「SOUNDCLOUD」で、必ず#stylophone50をハッシュタグにつけて、ご自分のアカウントに公開してください。
複数の楽曲のアップロードも許可されていますので、ガンガン応募しよう!

楽曲はあのトニー・ヴィスコンティが審査し、9月に優勝者が発表されます。

プライズとして
・金メッキのStylophone *
・Stylophone製品のフルセット(Stylophone、Beatbox、Gen X-1&S2)
が用意されており、最優秀作品はDubreq社のStylophoneマーケティングに使用されます。

Stylophone GEN X-1,アナログシンセ,アナログシンセサイザー,入門,ビギナー,Dubreq,スタイロフォン,スタイロホン,ガジェットシンセ,ガジェット系シンセ,小型アナログシンセサイザー,電池駆動シンセサイザー,スピーカー内蔵,ディレイ,シンセ,アナログ,LFO,エンベロープ,フィルター,ヘッドフォン

何!まだSTYLPHONEを持っていない!!!???
今すぐお近くの楽器店でお買い求めください!!

★Stylophoneホームページはこちら
http://umbrella-company.jp/dubreq.html

 

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー