Blog

Pro Tools 周辺機器,マイクプリ,コンプ,DAW

 

スタイルノートから発売された新刊「ミュージッククリエーターのためのPro Tools入門」という本の150ページから152ページにかけて、弊社取り扱いのGRACE Design、FMR Audioの製品が紹介されています!

この本はアビット・テクノロジーの協力により、プロが伝える使いこなしの基本を解説するということで、音楽制作におけるPro Toolsソフトウェアの基本から応用までを、目的別に分かりやすく、そしてディープに解説しています。

Pro Tools 周辺機器,マイクプリ,コンプ,DAW

その最後に、自宅で手の届く価格帯で、どんな機材がお勧めかが解説してあるコーナーが設けられています。特にマイクロホンは生楽器やボーカルのレコーディングには必ず必要となるので、本書に書かれた解説はとても参考になると思います。マイクのチョイスもボーカル向け、アコギ向け、管楽器向け、バイオリン・チェロなどの弦楽器向けと、用途別に、低価格~中価格帯のなかでも、バランスが良く、プロの目線でも素晴らしいと思える機材が丁寧にピックアップされています。

Pro Tools 周辺機器,マイクプリ,コンプ,DAW

先日、著者の辻様に掲載誌を直接届けていただき、いろいろとお話を御伺いしたのですが、機材に精通したエンジニアの辻さんが、実際に所有している機材の中から、本当に自分が素晴らしいと思っていて、読者の方々にお勧めしたい機材をピックアップしているとの事でした。DAWソフトウェアーと周辺のハードウェアー機材を組み合わせて音は作られていくのが一般的ですので、ソフトだけの紹介にとどまらず、ハード機材の紹介をきちんとされるコンセプトはとても良いと思いました。

まず、オーディオインターフェース内蔵のマイクプリアンプをアップグレードしたい場合にお勧めのマイクプリとして、弊社の取り扱い製品であるFMR AUDIO RNP8380(2chマイクプリ)、GRACE design m101(シングルチャンネル・マイクプリアンプ)をチョイスしていただきました!GRACE m101は「とても綺麗に録れるマイクプリで、ボーカルやアコースティックギター、またはバイオリンなどに向いている」と、コメントもいただきました。ボーカル向けで推薦されていたaudio-technica AT4033/CLや、弦楽器向けとして紹介されていたDPA 4090、Se Electronics sE5 などのクリアーで繊細な表現性の高いマイクロホンには、間違いなく最適です!

Pro Tools 周辺機器,マイクプリ,コンプ,DAW

また、レコーディング時の掛け録り用のコンプレッサーのお勧めとして、FMR AUDIO RNC1773が推薦されています。「このメーカーの製品はどれも共通して値段以上の価値が感じられる、操作もしやすく、ボーカルだけでなく、様々な楽器やソースに向いているコンプレッサー」と、高い評価のコメントも頂戴いたしました!

その他にも、操作や理論についてとても詳しい説明がされており、これからPro Toolsと向き合う方はもちろん、すでにご使用になっている方にも、とてもタメになる、そして多くの気付きがある、素晴らしい本だと思いました。多くのセミナーやワークショップに関わっていらっしゃる著者ならではの、実践的な内容は必ず役に立つものだと思います。

是非、書店にてお買い求めください。
アマゾンでのリンクはこちらです。

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー