Blog

Moog Werkstatt-Ø1 Moogfest 2014 Kit

Moogfest 2014で行われたワークショップの為に(125人にだけ)用意された小さなアナログシンセサイザーはその後も反響が多かったようで、このたび完全限定の組み立てキットとして販売されることになったようです。その名も「Werkstatt-Ø1 Moogfest 2014 Kit 」。

Moog Werkstatt-Ø1 Moogfest 2014 Kit

組み立てキットとは言っても、完全に組み上げ済の基盤をケースに組み込んで、ゴム足をつけるだけのようですので、誰にでもできそうですね。

海外ではこのような電子工作系のワークショップが頻繁に行われていて、弊社で取り扱っているブランドでもBugBrandBleepLabsFlowerElectronicsDirty ElectronicsBastl Instrumentsなど、多くのメーカーが電子楽器製作を学ぶためのワークショップを行っています。いくつかのブランドはワークショップ用に設計したものを製品として販売したりもしていますね。(共に販売終了していますが・・)Flower ElectronicsのCEBugBrandのPostcard Weevilなんかはワークショップから発展した製品です。

Moog Werkstatt-Ø1 Moogfest 2014 Kit

Werkstatt-Ø1 Moogfest 2014 Analog Synthesizerは、VCO(saw/pulse波形)、Moogクラシックのラダーフィルターを持つVCF、VCO MOD、VCF MOD、LFO、ENVELOPEといったアナログシンセの基本コントロール構成を持っています。

さらにパッチセクションも以下の写真のように充実!
Moog Werkstatt-01

またタップスイッチ式のキーボードで演奏できる1台完結楽器なのが個人的にポイントが高いです!

どうやら全米の小売店のみでの限定発売のようで$329.00で販売されているようです。弊社のギズモミュージックのお客様にも欲しい方が沢山いらっしゃると思うのでうちでも販売できるとよいのに・・・と言いますか自分用に1台どうしても欲しくなってきましたが・・売り切れの所も多いようですね・・・。

もし入手できなかったら、ギズモミュージックでAtomoSynth Koe DesktopPocket Piano MIDIの組合せなんかいかがでしょうか?便乗で宣伝しちゃってすみません!

Moog Werkstatt-01

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー