Blog

 

先日古い友人のKさんと何年ぶりかにお会いした際に、モディファイが施されたSENNHEISER HD650ヘッドホンを聴かせていただきました。

オーディオに対する情熱とセンス、そして技巧においては、とても信頼のおけるKさんが手を加えたものであるということで、期待が高まらないわけがなかったのですが、そのサウンドを一聴した瞬間に、期待をはるかに超えた、丁寧な音の紡ぎ方に感動いたしました。

より多くの方にも知っていただきたく、ご紹介させていただきますが、弊社では本製品の販売や取次は行っておりませんので、お問い合わせは、Kさんの工房であるDELRIMOUR MODERN audio・acoustik(delrimourmodern@yahoo.co.jp)までお問い合わせください!

hd650-01

さて最初にその”Duofol Diaghragm モディファイ”のサウンドを聴かせていただいた時、いつもリファレンスに使用しているShelby LynnのCDで、弊社にあったノーマルのHD650と、改造済のHD650を聴き比べました。改造モデルはとにかく音の配置や音場の丁寧な表現、ノーマル品とは異なるレンジの広さに驚きました。HD650は近年のハイエンドヘッドホンに比較してしまうと、少し解像度やレンジ感に古めかしさを感じていたのですが、音がとてもシャープに立体的になったことで、音楽の鮮度がさらにあがったような印象でした。

最初に聴かせていただいた際には、本当に目を閉じてそのサウンドの世界に入り込んでしまったほど、説得力のあるサウンドでした。私がまず推薦したいのはその「その丁寧なサウンド像」です。音楽の作り手が表現したかっただろう、サウンドの構造や、アレンジの意味、表現の繊細な抑揚など、音楽の繊細な部分が聴こえてきたことによって、音楽がより豊かな立体感を持つのだと思います。

聴き比べを行ったスタッフSさんからのHD650改造モデルの感想も、以下にまとめておきたいと思います。

「まず、SENNHEISER HD650 オリジナルの印象を。少し曇った印象だけど、8kHz付近にピークを感じる。2つの特徴を混ぜてバランスをとっている感じ?低域は厚くすごく伸びている、メーカー公表のスぺックでは 10Hz~になっているが、もっと下まで確実に出ている。定位や広がりの対称性に優れている。ジャズやクラシックで定評があるけど、何でもいける、守備範囲は広い。

そしてDELRIMOUR MODERNの改造バージョンのHD650ヘッドホン。
分解能が高い、すごく高い。オリジナルHD650で感じるピークがなく、曇った印象もない。 高域が良く伸びているのだが、操作して作られた感じがなく、とても自然。低域は、とてもたっぷり出ている。オリジナルでは少しぼやけた印象もあったが、フロアタムの芯もしっかりと力強い。チェックCDで使用したチェロ演奏では、最初の演奏者の呼吸の音のリアルさが別格、情報量の多さがそれを再現しきっている。お見事!!

MDR-CD900ST Perfect Symmetry Modと比べてみると驚くべき事実があった。この2台の音が似ているのだ!聴こえるスケール感こそ違いがあるのだが、やはり同じ傾向が感じられる。DELRIMOR MODERNのHD650モディファイ・バージョンでは、スタジオのラージモニター、あの設置方法のスピーカーを聴いているような 距離感や鳴り方を感じる。900ST Perfect Symmetry Modはニアフィールドモニターで聴いているような、あの距離感に感じられる。「スピーカーは同じ物だけど、設置場所や設置方法よって聴こえ方が違う」という印象だ。オリジナルのHD650と900STではもちろん全く音が違うので、付け換えるとお互いに違和感を感じ、脳が慣れるのに時間がかかる。しかし、 Modバージョンを違う人間が、違う方法でチューニングした結果、同じゴール地点を目指していたなんて、嬉しくて興奮した。 」

もちろんこの SENNHEISER HD650ヘッドホンの音を一度聴いてしまったら、従来のノーマルHD650を聴き続けることはできませんでした。早速Kさんに改造を依頼し、現在は弊社の試聴用ヘッドホンとしてのHD650は、素晴らしいサウンドの改造モデルになりました!

この改造HD650ヘッドホンは、5月16日(土)、17日(日) 東京・中野サンプラザにて開催される
「春のヘッドフォン祭2015」にも持っていきますので、気になる方はどうぞ弊社アンブレラカンパニーのブースまでお立ち寄りください。

 

以下はKさんの工房 DELRIMOUR MODERN audio・acoustikによる、ゼンハイザーHD650 モディファイについての解説です。とても良くまとめられていますので是非一度読んでみてください!

 

Modified SENNHEISER Modular System Headphones with Duofol Diaghragm by DMaa

【はじめに】

DELRIMOUR MODERN audio・acoustik(デルリモア・モデルン・オーディオ・アコースティック/以下DMaa)では、お客様所有のSENNHEISER製のDuofolダイアフラムを搭載したモジュラー・システム設計のヘッドフォンをハイデフィニション・サウンドにチューンナップするサービスを行なっています。これはヘッドフォンの音響特性を最大限に高めるサウンド・チューニングであり、その外観や装着感に影響を及ぼすものではありません。ヘッドフォン自体の性能を高める効果は劇的で、リケーブルによるそれとは雲泥の差があります(もちろんチューンナップ後のヘッドフォンでは、ケーブル交換によるさらなる高音質化を期待出来ます)。このチューンナップによって、僅か数万円の量産普及型のヘッドフォンが10万円以上するハンドメイドのハイエンド・クラスの製品を凌駕するオーディオ特性と、極めて音楽的な表現力を合わせ持ったヘッドフォンに生まれ変わります。しかし、あくまでも元のヘッドフォンのサウンド・バランスや音楽の再現性は継承していますので、チューンナップ後に「SENNHEISERらしさがなくなって別の方向性のものになってしまった…」という感覚はありません。寧ろ解像度や精細度、周波数特性や位相特性、過渡応答性などのオーディオ・スペックを大幅に向上させたSENNHEISERモジュラー・システム・ヘッドフォンの現在の正常進化版と感じて頂けると思います。
このチューンナップはシンプルで非常に美しい仕上げとなっています。またその施工方法には可逆性を持たせてありますので、必要であれば簡単に元の状態に戻すことも可能なように設計してあるのも特徴です。

【チューンナップ対象製品】

チューンナップ対象の製品は1993年発売のHD 580 Precisionから現行モデルのHD 650の間にリリースされた「Duofolダイアフラムを搭載したモジュラー・システム設計のオープンエアー・ダイナミック・ヘッドフォン」となります。この条件に該当する製品は以下のラインナップです。

HD 650
HD 600 Avantgarde
HD 580 Jubilee
HD 580 Precision
HD 565 Ovation, HD 565 Ovation Ⅱ
HD 545 Reference, HD 545 Reference Ⅱ
HD 535
HD 525

これらの製品の中でも、HD 600 AvantgardeとHD 650はその母体となるHD 580 Precisionが20世紀末に設計されてから現在までの四半世紀近くに渡って、構造上の変更がほとんどないままに販売され続けています。これは正しくオープンエアー・ダイナミック・ヘッドフォンの一つの完成形であることを意味し、間違いなく歴史的名機と言えるでしょう。但し、時代はより高解像、高精細なデータ・フォーマットのメディア・ソフトに推移し、ハードウェアもそれに合わせて進化を遂げて来ました。これらの製品も今ではもう少し精細度と過渡応答性能を上げて、よりオーガニックなサウンドになったメディア・ソフトのディテールを再生しなければなりません。そうでなければ、トランスデューサーの雄SENNHEISERが生み出したDuofolダイアフラムを有したせっかくの名機がもったいないと思います。これらの名機はその設計の素晴らしさ故に、それだけのレベルに生まれ変わるポテンシャルを秘めているのは事実です。

上記のラインナップに該当する製品をお使いの方で、もっと音質を高めたいと感じていることがありましたら、是非一度このDMaaのチューンナップ・サービスをお試し頂ければと思います。

【チューンナップ概要】

hd650-02

チューンナップのポイントは大きく分けて二つあります。一つはヘッドフォンの筐体であるバッフルとハウジング、そして躯体であるヨークとヘッドバンドの音響特性を最適に調整することです。もう一つはダイアフラムの動きを制御しながらハウジング内外の空気の流れをコントロールし、ドライバーユニットから放たれる直接音と間接音の配合比率を調整することです。

筐体と躯体の音響特性の調整とその効果

先ずは筐体と躯体に的確適量な制振処理を施し、それらのアコースティック・レスポンスを整えます。バッフルとハウジング及びグリルカバーはラウドスピーカーで言えばキャビネットに該当し、ヨークとヘッドバンドはインシュレーターやスピーカースタンドに該当しますので、その音響特性を上手く調整すると非常に良い効果をもたらします。
SENNHEISERモジュラー・システム・ヘッドフォンは全てのパーツがモジュール化されていて、ネジ止めやハンダ付けなしに組み立て、分解及び交換が可能なところが特徴です。この仕組みのため、トルク・マネージメントによる制振処理は出来ませんので、制振材の貼付による調整となります。
制振材には厚みサイズをメーカーに特注したPIEZON(業務用のfo.Q)を小さく打ち抜いたものを用い、これを各パーツの的確なポイントに貼付します。このときに役に立ったのは、楽器制作時に常用的に行われる「タッピング」を用いて各パーツのレスポンスをチェックしたことで、これによって「最も良く鳴りながらも最も不要な音を鳴らさない音響特性となるポイント」を見極めることが出来ました。良く出来た音の良い楽器やラウドスピーカーは正確で綺麗に振動する発音体が整理された豊かな胴鳴りを伴って鳴り響きます。制振処理の重要なポイントは決して防振方向に向かって振動を抑え込むのではなく、良い楽器やラウドスピーカーと同じように豊かな音になるように響きを整えることにあります。

この的確適量な制振処理の結果、音像のフォーカスや分離感、音の厚みやサスティーン、音色の美しさなどに大きな改善が見られました。また筐体であるバッフルやハウジングと躯体であるヨークやヘッドバンド、そして直接肌に触れるイヤーパッドやヘッドパッドが正しく綺麗に振動しますので、骨伝導率を大きく高めます。これによって必要以上に音量を上げなくてもしっかりとした波動を体感出来ますし、実際の音源と同等の体感音量に合わせたときには、ヘッドフォンなのにも関わらず、肩や胸の上部辺りまで波動を体感することが可能です。

ハウジング内外の空気の流れの調整及びダイアフラムの振動制御とその効果

次に各種フィルターを全て交換して、バッフル面やハウジング内外の空気の流れの最適化とダイアフラムの振動制御を調整します。SENNHEISERモジュラー・システム・ヘッドフォンのフィルターには、バッフル表面とイヤーパッド間に挟んであるフォームディスクと呼ばれるフィルターと、ドライバーユニット背面のネオジウムマグネットの中央開口部を塞いでいるフィルターがあります。これらはウレタン製のスポンジフィルターですが、その空気の透過率はかなり低く、クリアーな音を再生する上では大きな障壁となっています。また経年による劣化が著しく、使用環境にもよりますが数年で変色し、ベタついてセルも潰れてしまいます。これは空気の透過率を更に低下させ、音質に悪影響を及ぼしますので、これらを全て日本製の耐久性の高い高品質のものに交換します。
DMaaではバッフル表面とイヤーパッド間には空気の透過率が極めて高い、薄く網目の大きな低密度のメッシュシートを、バッフル面外周の通気口の数カ所には非常に小さな円筒形のスポンジフィルターを、ドライバーユニット背面にはそのサイズと形状を変更したリング形のスポンジフィルターを採用しました。これら特注スポンジフィルターは元のものに比べて圧倒的に品質が高く、耐久性の面でも大きな利点があります。また厚みサイズをコンマ数ミリ上げてセル数を減らしているので、空気の透過率が飛躍的に高まり付帯音が付きません。

バッフル表面とイヤーパッド間に挟んである元のフォームディスクの役割は主にダイアフラム表面の保護と防塵ですが、実はこの他にも重要な作用をしています。SENNHEISERモジュラー・システム・ヘッドフォンのバッフル面にはドライバーユニットの周りにあるスクリーンの外周に幾つもの通気口が設けてあり、それらはイヤーパッドが装着されるガイドレールに沿って規則的に配置されています。更にバッフル裏面にはドライバーユニット装着位置から幾何学的にレイアウトされている幾つものブレードがあり、これらの存在はハウジング内の空気の流れをコントロールする大変重要なファクターとなっているのです。このハウジング内の緻密な音響設計による効果は極めて大きく、これがヘッドフォンの音響特性の大半を担っています。これはDuofolダイアフラムと並んでSENNHEISERモジュラー・システム・ヘッドフォンのサウンドを決定している肝と言えるでしょう。よって、元のバッフル表面とイヤーパッド間に挟んであるフォームディスクはこの通気口から出し入れされる空気の質と量をコントロールする大変重要な役目を果たしているので、それを透過率が限りなく100%に近いDMaaのメッシュシートに変えるだけでは音が拡散し過ぎて、音密度が薄くなってしまうのです。そこで通気口の一部に特注にて製作したDMaaオリジナルの小円筒形スポンジフィルターを装着してこの問題をクリアーしています。

またドライバーユニット背面の開口部を塞いでいる元のフィルターを単に取り除くと音抜けと拡散性が良くなり、非常にクリアーな音質と広大な音場になるのが分かります。しかし、このままでは音がエンハンスされ過ぎてキツくなり、周波数特性も乱れています。ただ、その圧倒的な解像度とオープンでワイドレンジなサウンドを引き出すところは大変魅力的でしたので、ここに新たにセットするフィルターのサイズと形状の割り出しには非常に多くの時間を割きました。
このフィルターの役割はダイアフラムの振動を制御して波動となる周波数特性や過渡応答性を決めながら、同時にハウジング内外に放つ逆相音の音質を調整しています。また耳に付きやすい歯擦音を抑えるシビリアントのコントロール(ディエッシング)も担っています。そして、そこから放たれた逆相の音波を受けたバッフル裏面のブレードがそれを拡散整理して通気口やハウジングの内外に正しい空気の流れを作り、間接音や空間描写の再生能力に繋がる初期反射音成分とその位相を調整します。それをダイアフラム前面から直接放たれる正相音にミックスすることによって、空気感を伴った大きな音像と美しい音色、正確な位相定位と自然な音場を再生する仕組みになっているのです。これはリスニング・ルームにてラウドスピーカーで音楽を聴いたり、コンサート会場にてライヴ演奏を聴いているときに近い割合の音のバランスで、それは極めて自然に聴こえます。SENNHEISERモジュラー・システム・ヘッドフォンのオープンエアー・モデルでは、この音楽を聴く上で非常に重要なポイントを踏まえた設計がなされており、これをメーカーでは”Diffuse-field loudness equalization”と呼んでいます。

バッフル面に貼られたスクリーンはダイアフラム表面の外周部分の全てを覆っており、音波が発生すればそれは直接スクリーンに当たって微細に振動するようになっています。またダイアフラムの制動も同時に行なう仕組みです。更にバッフル面外周の通気口からも音波の出し入れをしていますので、遮蔽と通気の調整をしながらもそれ自体が一種の共鳴板として機能しているのです。例えるならラウドスピーカーでいうパッシヴラジエターの効果に少し似たところがあり、総合的に見ると音源はダイアフラムのみならず、このバッフルスクリーンの全面を共鳴させて発音していると捉えることが出来ます。主要発音体であるダイアフラムは一点駆動の振動として音を放ちますが、バッフル面外周の通気口から出入りするの音波とバッフルスクリーンのレゾナンスも含めたイヤーパッド内の全面に渡って広範囲に共鳴している様は、平面全体の振動です。これはSTAXやAUDEZ’Eなどの平面振動板のそれと同等の大きさです。
しかし、元のスポンジ状のフォームディスクが共鳴板の役割を果たしているバッフルスクリーンに張り付いていては、その微細な動きをミュートしてしまいます。但し、ダイアフラムから一点駆動で放たれた音波もフォームディスクを通過するときに一瞬留められますので、様々な周波数の音の時間がそこで揃い、更に通気口を出入りする音波も含めた全てを纏めて、大雑把に平面全体の振動のように鳴らしていました(これがHD 800やHD 700との音作りにおけるアプローチの違いであり、その音の鳴り方を決定的に別なものにしている要因です)。これはこれでスムースでウォームなトーンとして雰囲気のあるサウンドになりますが、しかしそれは音源の真のサウンドではなく、フィルターであるフォームディスクの音です。これをこのヘッドフォンのカラーリングとするかは好みの部分もありますが、実際にはトランジェントも鈍くなりますし、音像定位も大きく膨らみアバウトで分離も良くありません。またどうしてもその音質は篭って音楽のディテールは滲んでしいます。そこで、この現象を回避するためにここをメッシュフィルターに置き換えた効果は覿面でした。これでダイアフラムとバッフル全面を最大限に鳴らした大きくクリアーなサウンドが得られ、もう篭りや滲み、音のもたつきとは無縁となります。

以上のチューニングによる効果は絶大で、心地いアコースティック・レスポンスを有し、”Diffuse-field loudness equalization”を見事に再現しながら付帯音のないクリスタル・クリアーなサウンドを再生します。それは的確な音圧とダイナミックレンジと共に、精細度、解像度、周波数特性、位相特性、過渡応答性といったオーディオ・スペックの大幅な向上を実現していますが、何よりも魅力的なことはその音楽再現性の素晴らしさにあります。オーディオ・スペックが優れていることは当たり前として、そのようなことはどうでもいいと思えるほどの繊細かつ躍動感に溢れたその音楽的な表現力には感動を覚えます。

DELRIMOUR MODERN Flat-ribbon Headphone Cable for SENNHEISER

SPECIFICATIONS
construction : Flat-ribbon Parallel Quad-core
conductors : 4× PC-OCC 22AWG
insulator : PVC
length : 8ft. (2.4m)
connectors : ACOUSTIC REVIVE Custom, NEUTRIK Custom
hard wiring : Direct soldering method

LINE UP
4 pin XLR with NEUTRIK NC4MXX-BAG 8ft : 19,000円
Dual 3 pin XLR with NEUTRIK NC3MXX-BAG 8ft : 20,000円
1/4″ TRS with NEUTRIK NC3P-BAG 8ft : 19,000円
1/8″ TRS with G&H GH2025 & 1/4″ TRS plug adaptor 8ft : 19,000円

SUPPORTED PRODUCTS
HD 650
HD 600 Avantgarde
HD 580 Precision
HD 580 Jubilee
HD 565 Ovation
HD 545 Reference
HD 535
HD 525
HD 265 Linear

hd650-03

 

【チューンナップ・サービスお申し込みについて】

チューンナップ・サービスはDMaaに直接ご依頼を頂くか、ヤフオクより落札することで、受け付けてくれるそうです。SENNHEISERモジュラー・システム・ヘッドフォン用のアップグレード・ケーブルも販売できるようです。連絡先とリンク先をお伺いいたしましたので詳細につきましては、DMaaまで直接お問い合わせください!

連絡先メールアドレス
delrimourmodern@yahoo.co.jp

ヤフオク商品掲載一覧URL
http://sellinglist.auctions.yahoo.co.jp/user/makotokashibo

 
 

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー