Blog

mid-fi electronicsに特別に製作してもらった特注のカスタム・ペダルが入荷しました。

このCustom Triple Pedal は、プリアンプ/オーバードライブのMagick”i” に、イタリアン系バイク・ファズのPsych Byke、そしてベンド系ディレイの Clari(not) cleanの3台を合体させた3in1ペダルで、実際にビルダーのダグさんが自分の足元でも使っているコンビネーションです。

伝説的なサイケデリック・バンド”MMOSS”のギタリストとして活躍し、現在はソロアーティストとして、米国のTrouble In Mind Records から3枚のアルバムをリリースし、世界各国をツアーしながら、その合間にペダルを製作、デザインしているDoug Tuttle氏。

http://www.troubleinmindrecs.com/artists/doug-tuttle/

彼のサウンドの要となっている3つのペダル・コンビネーションを合体させたのがこのCustom Triple Pedalになります。実際にはDougはこれらのペダルを、自作のTweed Deluxeタイプの真空管アンプで鳴らしているようです。

Doug Tuttleのポップでサイケデリック、時にノイジーな音楽にもぜひ触れてみてください。
https://www.youtube.com/results?search_query=doug+tuttle

Magick”iはプリアンプ/ブースターとしても、ミディアムゲインのオーバードライブとしても最高で、手元のボリュームやピッキングへの追従性が抜群です。スイッチで内蔵のオプチカル型のコンプレッションが切り替えられるので、Tweed Deluxeタイプの真空管アンプを意識したトーンも楽しめます。とても懐古的なサウンドをもった素晴らしいサウンドです。

Psych Bykeは硬質なファズトーンと疾走感がたまらない独創的なファズ(BUZZ)サウンドが魅力です。Psych BykeはNorman Greenbaumが1969年に放ったサイケデリック・チューン”Spirit in the sky”のトーンに多大に影響を受けて開発されました。ギターの手元ボリュームにもとても反応が良い歪みサウンドで、硬質ながら徐々に飽和していくファズサウンドは、サスティンも申し分なく、リミッティングされた倍音感が最高です。

Clari(not)はクリーンタイプを搭載。RHCPのジョシュ・クリングホッファーの使用で一躍有名になったエフェクターですが、とにかく個性的。本ペダルにはさらにS/Nを良くした改良版のサーキットが搭載されています。普通に使えばディレイですが(普通のディレイとしても使えます!)、TrackingとDepthのコントロールで強烈なピッチベンドや独特な揺れを得ることもできます。Blendノブをウェット側にすれば、もう「変態系」なのですが、Blendを下げ目にして、変態度を薄めてやると素晴らしい揺らぎを得ることができます。

Magick”iは本当に素晴らしいドライブで、弾き方や手元ボリュームで、クリーンからオーバードライブ音まで自在に操れるので、これを通常オンにしっぱなしで、Clari(not)で様々なディレイ&揺れを追加、さらにPsych Bykeは暴走したい時にオン。かなり完璧なコンビネーションで、クリエイティブなサウンドが溢れだします。製作者のダグさんが自分のために作ったとも言える3台のペダルですから、やはり素晴らしいに決まっています!

また3台のペダル基板は単体のペダルと同等なので、それぞれ単体の価格から見るとかなりお得な価格設定です。

サイズ:約 W195 × D120 × H63mm (ノブなどの突起物を含む)

 

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー