Blog

Walrus Audio,Iron Horse,アイアンホース,ウォルラスオーディオ,ディストーション,エフェクター,ギターペダル,ブティックペダル,Distortion

まさしく轟音ハイゲインディストーションのIRON HORSEが V2 になりました!気になる V1?旧IRON HORSEとの違いは、歪の深さを決めるdistortionと出力レベルを決めるlevelのカーブが変更され、ツマミの回転角と変化量の感覚が一致しより使いやすくなりました。バッテリースナップがなくなり、外部電源のみの駆動となりました。と、メーカーの情報はここまでです。そんなことでは終われません、調査続行です。

Walrus Audio,Iron Horse,アイアンホース,ウォルラスオーディオ,ディストーション,エフェクター,ギターペダル,ブティックペダル,Distortion

なので、さっそく分解。裏ぶたを開けると違う景色が広がっていました。たかが数センチ四方の基板に対して「大袈裟なぁ」とお思いでしょう、はい大袈裟に言ってみました!実験的に。LM308だけはDIPタイプを採用しているものの、リードタイプの部品だったのが、面実装タイプに置き換わっていました。定数は変更無いとみえる。定数は同じ、しかし種類が違う部品があります。違うといってもロールタイプのフィルムコンデンサが積層タイプになったとか、電解コンデンサも面実装になったとか、LM308は同じDIP8パッケージだがマーキングデザインが違っているとか、その程度の差。と、大きな変更は無いものの、明確なサウンドの違いを一つ発見!ふつうに弾いている分には違いは感じられない、差はない、同じと言えるでしょう。しかし、ハムバッカーでめいっぱい強くピッキングした時に、前のは少し潰れる感じがありました、電流取りすぎて回路全体の電圧が低下しちゃった様な潰れ方があったのですが、V2ではまったく潰れません!電源回路が強くなったか?でも定数などは変わってないし、さっき書いたような差がこの変化?要因は解明できていませんが確かに違います。鉄の馬が鉄の馬車を引いて暴れても問題ない地盤の強さが加わり、まっすぐ伸びる揺るぎない安定感を身につけパワーアップ、これがV2かぁ、いいな。

Walrus Audio,Iron Horse,アイアンホース,ウォルラスオーディオ,ディストーション,エフェクター,ギターペダル,ブティックペダル,Distortion

Walrus Audio,Iron Horse,アイアンホース,ウォルラスオーディオ,ディストーション,エフェクター,ギターペダル,ブティックペダル,Distortion

IRON HORSEは、RAT系の回路をアレンジし、一回りも二回りもぶっといサウンドを狙った設計。RATの特徴である周波数特性を持たせたゲインセクション、オペアンプもそれにならいLM308を採用している。入出力のカップリングコンデンサはアレンジされている。しかし、クリッパーセクションはIRON HORSE独自のものだ。3つのクリッピングダイオードを切り替え可能で、シリコンダイオード/LEDの組み合わせによりバリエーションを付けている。

真ん中は一番開放的な、それでも十分に歪む。唯一、明るさ・乾きを感じるトーン。RATは深く歪ませると無機質なところがあり、周りが見えなくなるタイプ。IRON HORSEの真ん中ポジションは余裕があり、臨機応変に自分をちゃんと出せるタイプ。この余裕が使いやすい。歌心を持っていて肺活量もある、サスティーンは十分、チョーキングやビブラートの表情はちゃんと出てくる、ハードロックのギターソロを気持ち良く弾ける要素がたっぷり。

右に倒すとクリッピングにLEDが加わり非対称クリップを作る。真ん中よりも圧縮感が増し、歪も深い。適度な温度・湿度感。

左はシリコンダイオードの対称クリッピング、とても深い歪、ロングサスティーン。ここがRATに近いのか?歪は深いがファズの匂いは無い。ディストーションの枠に留まっている。

ぜひこの荒々しくも気持ちいい、センス抜群のディストーション・サウンドを、全国の販売店さんで試してみてください!

 

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー