Blog

sound messe,サウンドメッセ,大阪,心斎橋,アンブレラカンパニー,hizumiwall

2019年5月11日(土)と12日(日)に大阪で開催される、”関西発!国内最大級のギター&機材フェスティバル “サウンドメッセ in OSAKA”にアンブレラカンパニーが出張します!The Effector Bookさんが企画する「THE HIZUMI WALL」ブースにて、他の代理店さんやビルダーさんと共同展示させていただきます!

THE HIZUMI WALL」では、なんと150台を超える歪ペダルを中心としたエフェクターが集結!試奏もオッケーということで盛り上がる事間違いなしです。

さらに写真を撮ってSNSにハッシュタグ#HIZUMIWALLでアップすればステッカーがもらえる!

かなりマニアックで楽しいブースになりそうなので、参加する弊社スタッフもはりきっています。
“サウンドメッセ in OSAKA”の会場で皆様にお会いできるのを楽しみにしております!

もちろん弊社の製品以外にも、数々の注目ブランドの各種エフェクターが一挙エフェクターの壁となって展示されますのでこれは見逃せない【神企画】だと思います!
展示ブランドの一覧はこちらでチェックできます。

サウンドメッセ,大阪,2019,soundmesse

アンブレラカンパニー取扱いの製品は以下が展示されています。
ぜひブースにて試奏してみてください!

The Hizumi Wall 実際の展示の様子。


1,Empress Effects / ZOIA

話題のエンプレスZOIAがサウンドメッセに登場します!
ZOIAはペダルのかたちをしたフル機能のモジュラーシステムで、マルチエフェクターやモジュラーシンセサイザーとして使用できます。モジュールを組み合わせて自分だけのエフェクターをデザインする事もできるのが大きな特徴です!従来になかったコンセプトの製品ですので、一度実機を触ってみたいという方も多いと思います。現在大ヒット中で店頭に並んでもすぐに売り切れてしまうため、今回の展示は関西でEmpress ZOIAをチェックできる貴重な機会になると思います。ZOIAは基本的な歪サウンドも充実しており、さらにぶっ飛んだ仕掛けのファズサウンドまでデザインできます。無限の可能性を手に取ってお確かめください!

http://umbrella-company.jp/empress-effects-zoia.html


2,Chase Bliss Audio / Brothers

ブースト、ドライブ、ファズ。組み合わせは自由自在。
先日から弊社での取り扱いが始まったChase Bliss Audioの製品から2つのペダルを展示させていただきます。Brothersは2つの独立したJFET / IC アナログチャンネルを使用し、6種類のユニークなブースト、ドライブ、ファズ回路を小さなエンクロージャーに収めています。これらの回路を直列/パラレルミックスで出力し、33種類ものトーンを出力することが出き、その設定をプリセット保存可能!アナログ回路を徹底的にデジタルコントロールする彼らの代表的な歪ペダルです。

http://umbrella-company.jp/chase-bliss-audio-brothers.html


3,Chase Bliss Audio / Condor

全く新しいトーンを探しに飛び立とう。
Chase Bliss AudioのCondor(コンドル)はEQ、オーバードライブ、ブースト、トレモロ、フィルタートーンなど幅広いマルチエフェクトを洗練されたコントロールで実現した、フルアナログのエフェクトペダルです。様々な使い方ができるペダルですが、そのローゲインのブースト/ドライブ・サウンドは素晴らしく、エクスプレッションペダルを使ってワウやフィルターを操作したり、トレモロを加えたり、まさに自由自在のサウンドメイクをこの1台で行うことが可能な驚異的なペダルです。ぜひチェックしてみてください!

http://umbrella-company.jp/chase-bliss-audio-condor.html


4,Umbrella Company / Hitchhike Drive

フェンダー製ビンテージ・ツイード・アンプの響きをダイナミックにコントロールできる、オリジナル開発のオーバードライブ/プリアンプ。3モード(D/T/B)のアンプタイプを選択でき、プリアンプ的なブースト、マイルドなクランチ、クランクさせたトップブーストまで、自由度の高いサウンドメイクが可能です。ギターボリュームへの追従性は抜群。Saturateスイッチにより高周波数帯域のみにマイルドなコンプレッションを適応、真空管アンプのフィールをJCなどのクリーンなアンプでも再現できます。まずは音を出してみて欲しいです!

http://umbrella-company.jp/umbrella-company-hitchhike-drive.html

REVERBさんのブースではHitchhike Driveのプロモ動画がガンガン流れているようですのでこちらのブースも要チェックです!


5,DEATH BY AUDIO / FUZZWAR

マッシブなファズの壁。轟音ファズの定番中の定番。
今弊社で一番おすすめのファズは間違いなくDBAのFUZZWARです。マフリスペクトのファズサウンドですが、より現代的な爆音仕様にチューンされていて、その疾走感は全世界のどんなファズよりも最強です。Death by Audio(DBA)を代表するシグネーチャー・ファズサウンドをぜひ一度体感してみてください。爆音なだけでなく、実はとても使いやすいチューニングもされているのでかなりオールマイティに使用できる点もDBAの凄いところです。周辺のお客様にご迷惑にならない程度の爆音(?)でご試奏ください(笑)。

http://umbrella-company.jp/deathbyaudio-fuzz-war.html


6,DEATH BY AUDIO / SUPERSONIC FUZZ GUN

ニューヨーク・アンダーグラウンド・シーンから生まれた発振ファズ!
Death By Audio(DBA)の最も「ビザール」なファズペダルをこういった展示会に持って行ってしまうのはどうかと思いましたが、これは一度触ってみたほうが良い最高のファズなので!特殊なゲートファズ、奇妙な発振とファズ、発振することに重点を置くOSCモードなど、変態ゲートファズの様々なバリエーションをプレイすることができます。5つのノブは互いに影響しあい、バリエーションのあるファズ・トーンを作り出すため、かなり多彩なファズのバリエーションが楽しめます。深いです。深すぎて試奏時間が足りないと思いますので入り口だけでそれ以上はダメよ。

http://umbrella-company.jp/deathbyaudio-supersonic-fuzz-gun.html


7,Mid-Fi Electronics / Glitch Computer

何故こんなにマニアックな1台をもっていくのか?
と、再度ツッコミをいれたくなりますが、実はすごく素晴らしいエフェクターで名機なのでぜひチェックしていただきたいのです。まずtrackingを最小にすれば普通のファズです。それもかなり使いやすいサイケデリックで重厚感もあるファズサウンド。手元のボリュームへの反応が良く、この1台で様々な表現が可能です。しかしノブの設定を変えるとすべてが豹変してのたうち回るアルペジエイターか、ファックスの送信音かのようなノイジーサウンドに!僅かにノイジー成分を混ぜるのが大人な使い方です(かな?)。

http://umbrella-company.jp/mid-fi-electronics-glitch-computer.html


8,Bondi Effects / Sick As Overdrive

オーバードライブとクリーンブーストのブレンドを調整するケンタウルス系ドライブの定番。ギター本来の鳴りや、弦一本ごとの響きの明瞭さを一切失うことなくサウンドをドライブせることができます。極めて原音に忠実、オーバードライブを強めに設定しても 「音程」や「コード感」がしっかりと聴きとれるため、アンサンブルの中での存在感は抜群です。バランスの良い歪みはチューブアンプのように滑らかで最大限にナチュラル。またギターボリュームやピッキングの強弱に驚くほど追従します。「次のレベル」を実際のサウンドで体感してみてください。

http://umbrella-company.jp/bondi-effects-sick-as-overdrive.html

 


サウンドメッセ 開催概要

名 称
サウンドメッセ in 大阪 2019 [Sound Messe in OSAKA 2019]

会 期
2019年5月11日(土) 11:00~18:30
2019年5月12日(日) 10:00~17:30
[バイヤーズDAY(*業者日)/5月10日(金)]

入場料
一般前売:1,300円/ 当日:1,500円(*各プレイガイドにて発売予定)
・18才以下無料*要学生証または身分証明書

会 場
アジア太平洋トレードセンター・ATCホール
〒559-0034 大阪市住之江区南港北2-1-10
http://atchall.com/

*エフェクターブックのブース(E18 / Electric)
“The EFFECTOR BOOK Presents「THE HIZUMI WALL」”
にお越しください。

★ “サウンドメッセ in OSAKA” オフィシャルサイト(THE HIZUMI WALL紹介ページ)
http://sound-messe.com/exhibitingcompany/190

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。